HOME地域協議会とは > 沿革と組織体制

沿革

 1989年8月1日、堺臨海センターにおいて民間先行で連合大阪(全日本民間労働組合連合会大阪府連合会)5区地区協議会 結成総会が開催された。その翌年(1990年)2月1日の統一総会により官民統一の連合大阪5区協の地域組織が誕生した。そして1999年に大阪南地域協議会に名称を変え今日に至っている。

(参考)

  • 連合 統一大会  1989年11月21日
  • 連合大阪統一大会 1989年12月16日
    (1年前に民間単産で先行とした連合大阪が発足している)

地区協議会の設置

  • 堺高(かいこう)地区協議会 1990年6月28日(堺平安閣)
  • 泉北(せんぼく)地区協議会 1990年6月20日(泉大津市民会館)
  • 岸貝(きしかい)地区協議会 1990年6月27日(岸和田玉姫殿)
  • 泉南(せんなん)地区協議会 1990年7月3日 (泉佐野ファーストホテル)

2005年12月再編(4地区から3地区へ)

  • 堺(さかい)地区協議会(行政区:堺市)
  • 泉州(せんしゅう)地区協議会(行政区:高石市・和泉市・泉大津市・岸和田市・忠岡町)
  • 泉南(せんなん)地区協議会(行政区:貝塚市・泉佐野市・泉南市・阪南市・熊取町・田尻町・岬町)

 同時に、それまでは連合大阪直轄であった連合大阪関西国際空港関連労組連絡会も、大阪南地域協議会の組織下になりました。

組織体制

大阪南地域協議会 第29・30年度役員

大阪南地域協議会 第29・30年度役員

大阪南地域協議会役員名簿

(2017年11月10日現在)

役  職 氏  名 産 別 単  組
議長 清水 俊雅 UAゼンセン コーナン商事ユニオン
議長代行 津田 武彦 JAM セイサ労組
副議長 部家 昌弘 自治労 貝塚市労連
谷路 雅也 基幹労連 新日鐵住金和歌山労組
藤原 広行 私鉄総連 南海バス労組
野内 克則 JAM JFE継手労組
杉山 忠宏 ゴム連合 バンドー化学労組 南海支部
事務局長 牟田 和広 JAM ダイベア労組
事務局次長 吉田 大輔 電力総連 関西電力労組 堺港支部
田中 政和 UAゼンセン 大阪ガス労組 泉北支部
小川 正純 自治労 岬町職員組合
幹事(兼務)会計監査 山中 広樹 UAゼンセン 川本産業労組
直江 智久 私鉄総連 南海電鉄労組
幹事 中野 真志 自治労 泉佐野市職員組合
朝田 泰年 自動車総連 大阪トヨタ自動車労組
三井 隆秀 JP JP労組 堺東部支部
中道 生雄 自治労 永大産業労組 大阪支部
田中 秀和 電力総連 関西電力労組 南大阪支部
村治 雅俊 情報労連 NTT労組 大阪南分会
野口 耕平 日教組 泉南地区教職員組合
久馬 達也 JEC連合 コスモ石油労組 堺支部
松長 紀雄 電機連合 コニカミノルタ労組 大阪支部
今西  誠 JAM トキワ工業労組
森  義仁 基幹労連 三宝伸銅労組