HOME活動報告 > 記事

(2009年12月11日)

連合大阪泉州地区協議会 第3回定期総会
連合大阪結成20周年記念祝賀懇親会

 私たち泉州地区協議会は12月11日テクスピア大阪におきまして第3回定期総会を開催いたしました。総会は役員28名代議員41名の参加で成立し、経過・活動報告、決算・会計監査報告、21・22年度運動方針、21年度予算、役員選出が「異議なし」の声と満場の拍手で可決されました。

 この総会におきまして、金子前議長・古石前議長代行・穴瀬前事務局次長・松本前幹事・岡村前幹事・三井前幹事・吉川前幹事が退任され、表彰規定により内5名にその功労を称え表彰が行われました。地区再編により3つの地区協の仲間がひとつになる礎を築いて頂いた7名の方々への感謝の拍手はとても大きく感じられました。

議長挨拶

議長挨拶

御来賓の方々

御来賓の方々

議案提起

議案提起

閉会挨拶

閉会挨拶

 今年度は連合大阪結成20周年にあたり、連合泉州においても記念事業として総会後に「連合大阪結成20周年記念祝賀懇親会」が102名の参加で開催されました。

 祝賀懇親会は、野内新議長の挨拶と丸谷副議長の乾杯で始まりした。

新議長挨拶(JAM:野内克則)

新議長挨拶(JAM:野内克則)

記念写真展

記念写真展

 懇親会では、連合泉州が実施してきた社会貢献活動である「クリーンキャンペーン」の取り組みに対しまして泉大津市から感謝状の贈呈が神谷市長より行われました。

 総会前の感謝状発行であった為、金子前議長の登壇を頂き贈呈式が行われました。そしてここでサプライズ!民主党第18区各級議員の皆さんより花束の贈呈が行われ、感極まった金子前議長の目から涙がこぼれました。鬼の目から涙ではありませんが、泉北地区協から泉州地区協への地区協再編、また各級選挙闘争など様々な思いが涙となって溢れたのだと思います。あらためて金子前議長の大変なご苦労と、これまで私たちに与えて頂いた愛情に会場から大きな拍手が生まれました。

クリーンキャンペーン表彰

クリーンキャンペーン表彰

花束贈呈

花束贈呈

 宴も酣なタイミングで新旧役員挨拶。新役員の挨拶では新たに就任された山中議長代行をはじめ新副議長から順次挨拶が行われました。いつもは、役員挨拶を口実に企業のPRと営業広報活動が展開されるのですが、今回は4役を中心に気合の入った決意表明となり、野内議長から、幹事会への叱咤激励と協力のお願いが行われ、中嶋副議長の締まった閉会の挨拶で祝賀懇親会は終了しました。

退任役員挨拶

退任役員挨拶

新旧議長2ショット

新旧議長2ショット

 泉州地区新役員挨拶

泉州地区新役員挨拶

 連合泉州は、野内議長を中心に愛のある‐[絆]-で繫がった地区協を目指し取り組みをスタートします。今後ともよろしくお願いいたします。

(泉州地区協議会事務局長 藤原一也)

第21・22年度運動方針

[1]はじめに

 連合大阪第14回定期大会が10月23日に開催、連合大阪南地域協議会第19回定期総会が11月5日にそれぞれ開催されました。そのなかで確認された方針に基づき連合泉州地区協議会は運動を進めていきます。連合大阪では「すべての働く者の連帯で、希望と安心の社会を築こう!!」を合言葉に運動を展開していくことが確認され、大阪南地域協議会では、今年度もキーワードは引き続き‐[絆]-として、地域協・地区協組織・構成産別単組の強固な関係を維持発展させるとともに、働く仲間の皆さん全てを対象に、愛のある活動を目指していくとしています。

 連合泉州地域協議会においても、幹事単組間や幹事単組リーダーと組合員間、組合員と組合員、相互のコミュニケーション向上を図る運動を展開したいと考えます。さらに、連合大阪の設立20周年を迎え、将来に向けた新たな取り組みも必要と考えます。‐[絆]-愛のある活動から生まれます、幹事会の団結を機軸に新しい世代に繋げる愛のある活動を取り組んでいきます。

 悲願の政権交代のなった今、私たち連合に課せられた社会的責任は大きなものがあります。連合運動の最前線に位置する地区協議会は、市民・労働者の立場に立った取り組みを実行していかなければなりません。連合泉州地区協議会は、これまでの運動の充実とともに、傘下の行政との連携を深め、市民・労働者と地方行政そして政府を愛のある‐[絆]-で繋げ「労働者を中心とした福祉型社会の実現」に向け取り組んでいきます。

 また、連合の運動を永遠に繋げて行くよう、各構成組織・地区協組織・単組のご協力を切にお願いします。

スローガン

愛と絆で温もりのある連帯を築き
労働者福祉の前進につなげよう!!

[2]具体的な重点課題

1.組織運動
  1. 連合泉州地区組織に集う構成組織・各単組においてのコミュニケーション向上運動を、組織強化委員会の重点項目として具体策を検討し展開致します。
  2. 「ライフサポートセンター大阪南」の広報を充実させ、ワンストップサービス活動を充実させます。
  3. 「すべての職場に労働組合を」を合言葉に組織拡大、組織強化を推進するとともに、経営者団体をはじめ社会的にもその必要性を発信していきます。
  4. 地区協・産別組織との連携で、傘下組合への訪問などにより構成組織のネットワークの強化を図ります。
  5. 連合未加盟組合へ協調関係の呼びかけを、構成組織・地区協の協力を得ながら継続推進します。
  6. 関空連絡会との関係強化を図っていきます。
2.社会運動
  1. 第81回大阪地方メーデーは例年通り5月1日(土)で開催します。
  2. 毎月5日前後を連合大阪の日として街頭宣伝活動を行っていきます。
  3. 連合の進める環境・平和・人権・安全を中心とする社会運動に積極的に参加し、目的を同じくする諸団体と連携して社会運動を強化していきます。
  4. 地区組織として「地球温暖化」問題の意識向上活動や独自の環境活動を推進します。
    ・クリーンキャンペーンの実施、大阪南エコキャップ(ECOCAP)運動の実施。
3.政策・制度運動
  1. 地区活動の重要な取組みでもあり、連合大阪からの要請のみならず地区での政策課題については連合推薦議員と内容を協議して取り組みます。
  2. 自治体への政策・制度要請は可能な限り首長および幹部との懇談会を開催していきます。
  3. 地区選出の民主党国会議員との懇談会を開催し、労働問題に関する課題や地域自治体からの要望について意見交換し、政権政党としての回答を求めていきます。
4.雇用・労働施策
  1. 各自治体での懇談会など機会ある毎に労働施策の推進に参加します。
5.男女平等運動
  1. 男女平等参画社会の実現に向けた取り組みに対して地域も積極的に参加していきます。
  2. 地区組織会議への参加や各種イベント等に女性参加を求めていきます。
  3. 女性役員の拡充に努力します。
6.教育・文化活動
  1. 次の時代を担う連合のリーダーを育成していきます。
  2. 連合大阪が取り組む教育活動と連携しながら、研修会をはじめ人材育成のための諸施策を検討・実施していきます。
  3. 労働運動・文化の継承の必要から、産別を越えた若手男女リーダーの組織的な活動を進めます。
7.広報活動
  1. 大阪南地域協議会のHPを活用し、傘下組合の紹介や地域のトピックスを積極的に掲載し、社会的に認知されるよう情報発信をして行きます。
  2. 「連合大阪の日」の街頭行動を継続実施します。
  3. 連合大阪マンスリーに地域の活動を掲載することなどを検討し、傘下組合員の末端への広報活動に努めます。
8.政治運動
  1. 連合大阪推薦議員と地域の政策・制度について幹事会で議会報告をしてもらうなど、定期的な意見交換をしていきます。また、大阪南協議会と連携し、首長との懇談会をもつなど、関係強化を図ります。
  2. 平成22年に施行される参議院選挙においては連合大阪の方針に則り、民主党候補者の必勝のために地区協の役割を果たしていきます。
  3. 各種選挙の取組みについては連合大阪の方針を基準としながらも地区協での検証・確認を充分行った上、推進します。
  4. 推薦に当たっては民主党を基軸とした候補者の推薦基準を重視し、かつ活動実績の検証のもとで決定します。

第21・22年度役員はこちらをご覧ください。(役員名簿へ)

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

カウンター (2009年3月〜)