HOME活動報告 > 記事

(2011年8月18日)

連合「2011平和行動 in 広島」―参加報告―

連合泉州地区協議会 事務局次長 山野 英次

辻本幹事

辻本幹事

 原子爆弾が投下され66年の月日が過ぎた2011年。8月4日から6日までの3日間、辻本幹事と共に、連合「2011平和行動 in 広島」へ参加するため「世界で初めて原子爆弾が投下された地“広島”」へ赴きました。

 初日は、広島県立総合体育館にて、「核兵器廃絶2011平和ヒロシマ大会」が6,800人の参加者のもと、川野原水禁議長の挨拶で開催されました。

 66年の歳月が過ぎ去った今も多くの被曝者が放射線障害に苦しんでいる実態のなかで、未だ核兵器は、世界に約2万1千発も存在し、その脅威にさらされているのです。

 大会では、日本政府は被曝国として、非核三原則を堅持し、「2020ビジョン」の実現など核兵器廃絶の具体的進展に向けた積極的な役割を果たさなければならないことが確認されました。

2011平和ヒロシマ大会

2011平和ヒロシマ大会

2011平和ヒロシマ大会

2011平和ヒロシマ大会

 ノーモア・ヒロシマ! ノーモア・ナガサキ! ノーモア・ヒバクシャ!

 私たち日本人が決して忘れてはならない言葉であり、世界共通の言葉でもあります。

 日は変わり、平和行動2日目の午前中は、ピースセミナーに参加いたしました。

 平和の語り部「被曝体験の証言」坪井直広島県原爆被害者団体協議会理事長の貴重な体験をお聞きしました。

平和の語り部

平和の語り部

坪井直 広島県原爆被害者団体協議会理事長

坪井直 広島県原爆被害者団体協議会
理事長

 坪井さんは、1945年8月6日当日は後輩たちと朝食を取り、爆心地から1kmの路上で被曝したそうです。その後、約40日間意識不明だったため、終戦を知らなかった。

 そんな、坪井さんの命を救ってくれたのは、幾つかの奇跡だそうです。まず一つめが被曝時目の前に体の大きな友人が壁となり助かったこと。

 後輩から、もう一度ご飯を食べに行こうと誘われたが断った、一緒に食べに行っていれば命が無かったこと。

 被曝した後、もうダメだと思った時、目の前に軽トラックが止まり治療施設まで搬送してくれたこと。(若年者の救護が優先されたため、青年だった坪井さんが運ばれた。)

 しかし、1番の奇跡は治療施設での出来事であり、坪井さんの母の「直やぁ~、直やぁ~」という我が子を懸命に探す声が聞こえなければ、坪井さんは原爆投下66年目を迎えることができなかったと語られました。

 被曝者の体験談は私たちの心に「原爆被害の実相」を深く刻みました。

 昼食後、次の行動までの間、涼を取ろうと周囲を散策しましたが、すぐに集合時間となり集合場所へ。集合場所は平和公園原爆ドーム道路側で、ここで記念の集合写真を撮影。

原爆ドーム前にて集合写真

原爆ドーム前にて集合写真

平和公園

平和公園

 午後2時から、猛暑の中でのフィールドワーク。平和公園内にある、慰霊碑や記念碑についての説明を連合広島のボランティアの方々から受けました。

 原爆供養塔では、今なお氏名不詳や一家全滅などで引き取り手のない遺骨を供養するため、毎年8月6日に供養慰霊祭が営まれています。

 また、原爆の子の像には、「これはぼくらの叫びです。これは私たちの祈りです。世界に平和を築くための。」と碑文が刻まれ、子供たちの平和の願いが込められています。

 平和公園でのフィールドワーク後、私たちは広島平和記念資料館へ足を運びました。ここには、目を覆いたくなるような遺品がいくつも展示されており原爆の恐ろしさを体感しました。また、多くの外国人の方や子供たちが訪れており、原爆の恐ろしさを風化させてはいけないと、改めて思いました。

ただ、この場所だけが、今も時間が停止したまま…

ただ、この場所だけが、今も時間が停止したまま…

 最終日8月6日、いよいよあの原子力爆弾が投下されて66年目を迎える日がきました。緊張感の漂う中で、広島市原爆死没者慰霊式・平和祈念式が午前8時から開催されました。  松井広島市長はじめ、世界67カ国(8月2日現在)の参列がありました。残念なのは昨年よりも参列者が少ないことです。福島原発の影響もあったのかもしれません。

松井広島市長

松井広島市長

 原爆投下時刻の午前8時15分、参列者全員により1分間の黙とうがささげられました。この1年間で死亡された被曝者は5,785人。原爆死没者名簿は27万5,230人に達し、今も多くの人々が苦しんでいる事実を私たちは忘れてはなりません。

 原爆投下目標都市には広島、長崎のほか小倉、新潟が含まれていました。広島が第一目標になったのは、目標都市の中で唯一、連合国軍の捕虜収容所がないとアメリカが考えていたためです。

 最後に、1つだけ確実に言えることは・・・

 「原爆投下により、数十万人の罪のない一般市民が、一方的に殺された事」

 それが史上最大規模の非人道的な行為であったことは、確かです。

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

カウンター (2009年3月〜)