HOME活動報告 > 記事

(2012年5月1日)

第83回堺地区メーデー

 5月1日、前日の雨を心配しながらも当日は日差しの強い好天に恵まれ、私たち働く仲間とその家族、約3,000人が堺・緑のミュージアム「ハーベストの丘」に結集し、盛大に開催されました。

 会場風景

会場風景

 今年のメーデーは、「仲間のために笑顔の力を!」を堺地区のサブスローガンとし、昨年同様、東日本の復興支援活動として、ご当地のレトルトカレー即売会を行い、たくさんのご支援をいただきました。また、堺地区のスローガンでもあります「笑顔」を題材にしました「家族の笑顔」の絵画展を同時に催しました。出展された作品は、どれもすばらしいものばかりで、集まった人達の心を癒されるものでありました。

東北物産販売

東北物産販売

「家族の笑顔」絵画展

「家族の笑顔」絵画展

 式典につきましては、電機連合・木村様と、UIゼンセン同盟・坂本様の両議長によって進められ、主催者を代表し、藤原実行委員長より、「現在の大阪府域における労働組合を取り巻く状況は、本来の組合活動に取組む前に、組織を否定する存在と闘わなくてはならない。労働者の立場を理解し、弱者を作らない地方政治にしなければならない。しかし、労働組合も原点を見つめ直して労働運動をしていかなければならない」。と力強く話されました。

 政治政策については、政権政党の民主党に対しまして喝をいれられました。また、堺市関連につきましては、「自治都市堺を守るべく竹山市長のリーダーシップのもと、健全な市政が進められておる中、市長と市民が同じベクトルでブレることなく行動をしてほしい」。最後に、「堺地区協議会は、笑顔で働くことができる労働環境の整備、笑顔で暮らすことができる街づくりに努力していく」。と挨拶されました。

メーデー議長団(左:UIゼンセン同盟・坂本さん、右:電機連合・木村さん)

メーデー議長団(左:UIゼンセン同盟・坂本さん、右:電機連合・木村さん)

藤原実行委員長 挨拶

藤原実行委員長 挨拶

 来賓には、連合大阪大阪南地域協議会・山本副議長、堺市竹山市長をはじめ、連合が推薦する議員、統一地方選挙に挑戦された方、部落解放同盟堺支部や近畿労金・全労済等の方々を迎え、それぞれ挨拶を受け、書記の岩井様(JAM)の祝電披露に続き、木村 智美様(JP)よりメーデー宣言(案)が提案され、満場一致で採択されました。

 最後に、越智企画副委員長の発声のもと、力強いがんばろう三唱で、無事式典が終了しました。

連合大阪南山本副議長 挨拶

連合大阪南山本副議長 挨拶

堺市竹山市長 挨拶

堺市竹山市長 挨拶

メーデー宣言(JP・木村智美さん)

メーデー宣言(JP・木村智美さん)

がんばろう三唱

がんばろう三唱

 終了後、「家族の笑顔」の絵画展の最優秀賞者の表彰式を行った後、恒例の福引抽選会を行い、大盛況のうちに終了しました。

 ご協力ありがとうございました。

(堺地区協議会第83回メーデー企画委員長 林 英男)

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

  • 活動報告

カウンター (2009年3月〜)