HOME活動報告 > 記事

(2012年5月1日)

第83回泉南地区メーデー

 「希望と安心の社会づくり」第83回泉南地区メーデーは、5月1日火曜日、泉南地区協議会に結集する仲間1,012人が貝塚市コスモスシアターに集まり、小川事務局長の司会進行により開催しました。

 第一部の式典では、メーデー実行委員長である杉山副議長の開会宣言により式典が開会し、続いて、泉南地区協議会の宮崎議長より「社会や職場の絆と連帯を深め、社会保障不安や雇用不安を吹き飛ばそう」と力強い主催者代表あいさつがありました。

杉山メーデー実行委員長

杉山メーデー実行委員長

泉南地区協議会 宮﨑議長

泉南地区協議会 宮﨑議長

 次に、来賓の方々からのあいさつがあり、連合大阪大阪南地域協議会の宮田事務局長からは、「日本の経済・社会の前に大きく立ちはだかっている震災の復興・原発事故の後処理・デフレによる不況、この3つの大きな問題を乗り越えていくためには、絆を強くする労働運動に徹するということがキーワードとなってくる。連合大阪大阪南に集うみなさんの更なる結集をお願いする」との連帯の挨拶がありました。

 そのあと、大阪府総合労働事務所南大阪センターの遠藤センター長より、松井大阪府知事のメッセージが代読され、続いて、泉南地区の行政4市3町の首長を代表し、藤原貝塚市長から「企業の海外移転の動きが貝塚市内においても出てきている。雇用の場の確保、地域経済の振興に向け行政側としても精一杯取り組んでいる。泉南地域の発展活性化のために力を合わせ共にがんばりましょう」との挨拶がありました。

連合大阪大阪南 宮田事務局長

連合大阪大阪南 宮田事務局長

藤原貝塚市長

藤原貝塚市長

 また、連合推薦の各級議員団を代表して、長安たかし衆議院議員から「国民の生活が第一、国民の目線で政治を行うことを目標に掲げ、皆さんの期待を頂いて政権交代を実現できた。震災復興・電力・雇用・生活、様々な課題に対して、与党としてしっかり政権運営を行い、皆さんの期待に応えられるよう全力で取り組んでいく」との挨拶があり、自治体推薦議員を代表して泉南市議会議員の木下議員からは「組合出身者として、連合や労働組合が諸悪の根源であるかのようになされている偏ったマスコミ報道に憤りを感じる。連合が掲げる政策制度要求を地域で全うするために、自治体議員としてがんばる」と力強いあいさつがありました。

長安たかし衆議員議員

長安たかし衆議員議員

木下泉南市議会議員

木下泉南市議会議員

 司会者から祝電メッセージが披露されたあと、自治労岬町職員組合の中筋さんから「メーデー宣言(案)」が提起され、満場一致の盛大な拍手で採択されました。

 式典の最後は、津田副議長による「震災復興への道のりはまだまだ長く険しい。社会保障と税の一体改革の問題など非常に厳しい時代を迎えているが、連合泉南としては絆を大切に活動を展開していくので、皆さんの結集をお願いする」との閉会挨拶と、「団結がんばろう」三唱で締めくくられました。

岬町職員組合 中筋さん

岬町職員組合 中筋さん

泉南地区協議会 津田副議長

泉南地区協議会 津田副議長

 第二部では、前田副議長の進行により、恒例の大抽選会が開催され、また会場の出入口では、東日本大震災被災地復興支援活動の一環として、被災地の物産販売と義援金カンパ活動を行い、メーデー参加者の協力により宮城県産レトルトカレー300食を完売するとともに18,418円の募金を頂きました。ご協力ありがとうございました。

特等当選者

特等当選者

物産販売

物産販売

(泉南地区協議会第83回メーデー実行委員会事務局 藤井吉隆)

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

  • 活動報告

カウンター (2009年3月〜)