HOME活動報告 > 記事

(2012年8月7-9日)

連合「2012平和行動 in 長崎」―参加報告―

2012年8月20日
連合泉州地協 会計監査兼幹事 北野 善彦

 8月7日から9日の3日間、長崎県で開催された「平和行動in長崎」に参加しました。連合大阪からは8名が参加し、連合泉州地協からはJFE継手労組の谷口執行委員と共に参加しました。

【参加単組および氏名】
氏名 組織 所属単組
村田 憲彦(団長) 連合大阪  
廣石 健次  
番場 哲秀 電力総連 きんでん労働組合
森本 哲也 北大阪地域協豊能地区 阪急電鉄労働組合宝塚線地域支部
上田 誠史 豊能町職員組合
道場 幸子 連合大阪女性委員会 ライフ労働組合
谷口 一隆 大阪南地域泉州地区 JFE継手労働組合
北野 善彦 ダイベア労働組合

 

1日目

核兵器廃絶2012平和ナガサキ大会

核兵器廃絶2012平和ナガサキ大会

 1日目、長崎空港に到着後、オリエンテーションを実施した後、「核兵器廃絶2012平和ナガサキ大会(写真)」が開催される長崎県立総合体育館に移動しました。この大会は、連合、原水禁(原水爆禁止日本国民会議)、核禁会議(核兵器禁止平和建設国民会議)3団体が共同開催しているもので、長崎県知事、長崎市長を来賓に迎え、多くの方が参加されました。

 私が特に印象に残ったのは、被爆体験者の中島正徳さん(長崎県被爆者手帳友愛会会長)による「被爆者の訴え」です。原爆が投下された当時の状況や、仕事先から自宅に向かうまでに遭遇した出来事を詳細に説明して頂きました。私自身、このような体験談を聞いたことが無く、非常に衝撃を受けた内容でした。

2日目

 2日目は、午前中から「ピースウォーク」に参加しました。原爆投下中心地公園をスタートし、「原爆投下中心碑」、「浦上天主堂遺壁(写真)」、「平和の泉」などを連合長崎のスタッフの方に案内と説明を受けました。ピースウォークの途中、長崎平和公園内にある「長崎の鐘」では、打鐘のリハーサルが行われようとしていました。我々連合大阪の一員も参加させて頂き、原爆投下時間である11時2分に合わせて打鐘を行いました。原爆投下の前日とはいえ、大変貴重な体験ができたと同時に、記念に頂いた携帯ストラップは大切に保管しておこうと思います。

浦上天主堂遺壁

浦上天主堂遺壁

「長崎の鐘」打鐘のリハーサル

「長崎の鐘」打鐘のリハーサル

 ピースウォーク終了後、次の行事まで時間に余裕があったので、数名の方と「長崎原爆資料館」へ見学に行きました。資料館では、被爆体験者の方に館内を案内して頂きながら、ご自身の体験談も聞かせて頂きました。広島「リトルボーイ(ちび)」と長崎「ファットマン(ふとっちょ)」に投下された原爆の種類や、長崎に投下された理由など、丁寧に説明をして頂きました。「あと3分だけ時間を下さい」とギリギリまで説明をして頂いた方に感謝すると同時に、自身の体験を多くの人に伝えようとする熱意を感じました。

2012平和シンポジウムin長崎

2012平和シンポジウムin長崎

 資料館の見学後、「2012平和シンポジウムin長崎(写真)」に参加しました。内容は、「2015年NPT(核不拡散条約)再検討会議に向けた取り組み」について広島大学の水本教授の講演と、外務省の吉田課長を交えたパネルディスカッションが行われました。NPTにおける日本としての取り組み内容や、今後の課題について議論されました。

3日目

 3日目は、「被爆67周年 長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典(写真)」に参加してきました。当初は、会場に入ることすら困難ではないかと思っていましたが、なんとか席を確保することができました。

 テレビでは毎年見ていましたが、実際に参加できたこと光栄に思っています。式典には、野田首相を始め、国内外から来賓の方が参加されていました。一般参加者の中には、海外からの参加者もおられ、関心の大きさを感じることができました。式典は、何事も無く終わることができましたが、唯一残念だったのは、式典中に平和公園の外から聞こえるマイクの音です。広島でも同じ出来事があったと聞き、残念でなりません。

長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典

長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典

長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典

長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典


最後に

 私はこれまで、沖縄平和行進や、非核平和行進などの「平和活動」に参加させて頂きました。今回の「平和行動in長崎」も含め、労働組合の役員であったからこそ、これらの行動に参加できたのではないかと思っています。人間だれしも「平和」であることを望んでいる訳で、それを達成するための行動に参加できることを光栄に思っています。

 初日の「核兵器廃絶2012平和ナガサキ大会」にて、高校生平和大使が言われた「私達は、微力かもしれないが、無力ではない」という言葉が印象に残っています。私自身も微力ですが、この言葉を肝に銘じ、今後もさまざまな平和行動に参画し、この体験を多くの方に伝えていきたいと考えています。

 最後に、この3日間を共に行動した7名の皆さんのおかげで、すべての行程を無事に終えることができました。本当にありがとうございました。

 集合写真

集合写真

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

  • 活動報告

カウンター (2009年3月〜)