HOME活動報告 > 記事

(2013年6月23-25日)

連合「2013平和行動 in 沖縄」―参加報告―

連合泉州地区協議会 副議長 反保 壽夫

 6月23日から6月25日に沖縄県で行われた2013「平和行動 in 沖縄」に、泉州地区協議会の石井副議長、大阪南地域協議会の大林さんと参加しました。

1日目

 1日目は、ホテルでの結団式とオリエンテーションの後、平和オキナワ集会が那覇市民会館大ホールで行われました。第一部で基調講演として「在沖縄米軍基地と構造的差別」と題した講演が佐藤優氏より行われました。第二部は平和式典が行われました。

 6月23日は、1974年に制定された沖縄県の条例により、戦争による惨禍が再び起こることのないよう人類普遍の願いである恒久平和を希求するとともに、戦没者の霊を慰めるため「慰霊の日」と定められています。沖縄県が抱える問題をはじめ、日本における米軍基地問題、さらには日本の安全保障について、改めて国民的課題として認識をしていかなければならないと思いました。集会終了後は、沖縄ハーバービューホテル・クラウンプラザで平和交流会が行われ交流を深めました。

 平和オキナワ集会

平和オキナワ集会

2日目

 2日目はピース・フィールドワークで沖縄青年委員会の方々に案内していただき、糸数アブチラガマ→ひめゆりの塔(資料館)→魂魄の塔(資料館)→平和祈念公園と見学を行いました。

 南城市にある糸数アブチラガマ。(アブとは深い洞穴。チラとは崖のことでガマとは沖縄方言で洞窟やくぼみのことをいいます。)沖縄本島中南部はほとんどが隆起サンゴ礁でできており、十万年にわたる雨の浸食によってできた自然の洞窟が各地にあります。沖縄戦ではこの自然の洞窟が住民の避難場所となりましたが、日本軍の作戦陣地や野戦病院としても利用されました。戦争が激しくなるとガマは軍民同居のかたちとなって攻撃の的となり多くの命が失われたそうです。

 ひめゆりの塔・資料館の第4展示室では沖縄戦で亡くなったひめゆり学徒と教師の227名の遺影が壁面にかけられていました。一人一人の遺影を見ているうちに涙が自然に溢れてきました。戦争を知らない世代が過半数を超え、まだ紛争の絶えない国際情勢を思うにつけ、平和であることの大切さを訴え続けていくことが大切だと感じました。

 ひめゆり平和祈念資料館

ひめゆり平和祈念資料館

 平和祈念公園では沖縄戦で亡くなった日米双方の名前が書かれた平和の礎の説明を受けました。名前の書かれた礎を見て戦争の悲惨さ、平和の尊さ、命の大切さを感じました。

 その後、夕方県庁前に移動し「在日米軍基地の整理縮小と日米地協定の抜本的見直しを求める行動」の集会のあと県庁前→国際通り→牧志公園までデモ行進をし2日目を終えました。

 平和の礎

平和の礎

3日目

 3日目は連合大阪単独の行動で対馬丸記念館と佐喜眞美術館、首里城を見学しました。

 昭和19年、戦争の足音が近付いていると老・幼・婦女子は県外へ疎開するように指示されました。対馬丸は8月22日夜10時過ぎ米潜水艦ボーフィン号の魚雷攻撃により海に沈められてしまいます。乗船者1,788名のうち約8割の人々が海底へと消えてしまいました。もっとも大切なものは命なのです。その命は自分の命であり隣人の命なのです。命の大切さを感じました。

 佐喜眞美術館は米軍普天間基地内の一部返還された場所にあります。常設展示されている絵に「沖縄戦の図」があります。これは沖縄戦を体験された多くの人がモデルになっており、沖縄戦の悲惨さが伝わる迫力のある絵です。美術館の屋上からは米軍の戦闘機、ヘリコプターが訓練を繰り返す様子が見られます。

 首里城は14世紀に創建された中国や日本の文化も混合する琉球独特の城です。沖縄戦で焼失したが1992年11月3日に復元された城です。

 この3日間で感じたことは、戦争とは何も生みださない残るものは虚しさだけであると言うこと。

 戦争が人知の及ばぬ自然現象ではなく人の心から発するものならば、世界の人が心を一つにすれば平和は夢ではなく実現するはずだと思います。終戦から68年を迎える中で沖縄の悲劇を決して忘れてはいけない戦争の悲惨さを後世に伝えていかなければならないと感じました。

 3日間、貴重な経験をさせていただきありがとうございました。

連合泉州地区協議会 副議長 石井 貴伸

 2013年6月23日(日)~25日(火)【2013平和行動 in 沖縄】に参加してきました。当日、大阪は今にも雨が降り出しそうな天候でしたが、沖縄に到着し飛行機を降りた瞬間から、梅雨明けをした夏本番の沖縄を体感することとなりました。

 平和行動自体参加することは初めてですが、沖縄には5回ほど訪れています。恩納村を中心とした北部地域メインの観光旅行でした。今回は事前学習し行動目的は理解していたものの、空港を降りた瞬間は、やはり「リゾート地・沖縄に着いた!」という事が正直な感想でした。

 初日はDVDでの平和行動記録放映、那覇市民会館で行われた「平和オキナワ集会」に参加してきました。第1部の基調講演では、佐藤優氏の母の実体験から感じた沖縄戦争の悲惨さ、沖縄在住者の方々の思いを痛感し、第2部の平和式典では、現状沖縄が抱えている大きな問題において、生の声を聞く事が出きました。

 DVD平和行動記録放映

DVD平和行動記録放映

 2日目の「ピース・フィールドワーク」では、主に南部戦地跡を中心に自分の目で体感することができました。先日の平和集会以降、自分の中で変わりつつあった沖縄戦争のイメージがはっきりと1つの線でつながり、衝撃を超えたものとなりました。特に「糸数壕」では、ほぼ当時の状態で残されており、人々の苦しさを身をもって感じることができました。ピースガイドの2名の方々は、20代前半と若く、初のガイドと言う事で緊張されていたかも知れません。しかし、「沖縄戦争を今後風化させることなく、次世代に引き継いでいくことが私たちの仕事!」と力強く語った言葉に感銘をうけました。

 糸数アブチラガマ

糸数アブチラガマ

 県庁前県民広場での集会、県庁前~牧志公園までのデモ行進においても、国際通りで働く沖縄の方々から温かい声をかけられたり、沿道から手を振っていただいたりと沖縄の方々にとって何よりも大切で忘れてはいけない「6.23」であることがしっかりと伝わりました。

 デモ行進

デモ行進

 3日目は、連合大阪単独で引き続き研修行動を行いました。3日間を通じて、今当たり前のように過ごしている平和な社会の過去に起きた戦争の実相と悲惨さ、何よりも苦しめられた米軍の基地が沖縄県に駐在している事の悲しみ、そんな中で今の沖縄をつくりあげた沖縄の方々の強さ、文章では書ききれないくらいの経験と体験をさせていただきました。

 最後に今回一緒に行動させていただいた参加者のみなさん、本当にありがとうございました。また、機会あれば参加させていただきたいと思います。

連合大阪大阪南地域協議会 大林 妙子

 降り立った沖縄はとても強い日差しでした。68年前もこんな暑さだったのかと想像しながら、「平和オキナワ集会」が開催される那覇市民会館へと向かいました。

 集会では最初に佐藤優氏による基調講演「在沖縄米軍基地と構造的差別」があり、続いて平和式典が執り行われました。どの平和行動もそうですが、全国からたくさんの連合の仲間が集まっているのを見ると、組織だからこそ出来る行動の力強さを感じます。

 翌日は朝から「ピース・フィールドワーク」へ参加し、糸数アブチラガマ,ひめゆりの塔,魂魄之塔,平和祈念公園の順にピースガイドの説明を受けながら回りました。

 なかでも印象に残ったアブチラガマは、本当に暗く、恐ろしく、一人で入れと言われたら逃げ出したくなるような深い洞窟でした。そんな場所へ安全を求めて何百という人々が逃れ、暗闇で生き、或いは命を落としたのです。

 希望を奪う闇の中、遺体が置かれていたという空間の前に立ち、私は自分の命の重さを痛みと共に感じていました。

 最終日は、多くの児童を乗せたまま魚雷に沈められた疎開船「対馬丸」の記念館を見学しました。子ども達を親元から引き離し、結果的に死なせてしまった“疎開”という政策。純粋な避難行動の様にも思えますが、これも間違いなく戦争被害の一部です。

 「沈んでしまった船体を引き揚げるのが困難なので代わりに記念館を建てた」とのことですが、今でも遺骨・遺品の収集を願う家族の気持ちを思うとやりきれません。

 対馬丸記念館

対馬丸記念館

 行動の終わりに訪れた佐喜眞美術館では、丸木位里・俊が描いた『沖縄戦の図』と、屋上から見える普天間基地の前でそれぞれ美術館の方からお話しを伺うことが出来ました。

 「本土の人が思い浮かべる“戦争”と、地上戦を体験した沖縄の人の“戦争”は違う。空襲を受けることだけが戦争ではない。」「基地が少なくなる期待から日本返還を喜んだのに、ひとつも無くなっていない。沖縄はまだ完全に日本になっていない。」という言葉が強く印象に残っています。

 現地の方の感覚通り、沖縄という地は今もなお変動を強いられています。何事もまだ過去ではありません。私たちは何度でも訪れ、また学ばなければなりません。

 佐喜眞美術館

佐喜眞美術館

 戦争とは、人から人であることを奪います。捕虜になり、生き残った人のほとんどが「死にたかったけれど死ねなかった。」と語る事実。“生きる”ことを恥ずかしいと思わせる残酷な思想や教育。そんな中にいて、当時の人が戦争を批判出来たはずもありません。

 ですが、今の私たちにはその行為の愚かさを学び、忘れず、繰り返さないことが出来ます。国籍や言葉や宗教の違いを認め合える知識と心があります。

 私はこの平和行動で、自分の命がとても愛おしく思えました。

 集合写真

集合写真

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

  • 活動報告

カウンター (2009年3月〜)