HOME活動報告 > 記事

(2013年12月13日)

連合大阪泉南地区協議会 第21回定期総会

 泉南地区協議会は12月13日関西エアポートワシントンホテルにおきまして第21回定期総会を開催いたしました。総会は役員18名代議員39名の参加で成立し、第24年度活動経過報告、決算・会計監査報告、第25・26年度運動方針(案)、第25年度予算(案)、第25・26年度役員(案)が満場一致で可決されました。

 第2部では地域政策講演会として、連合大阪推薦の藤原龍男貝塚市長から「貝塚市政について」と題し、今後4年間における貝塚市政のビジョンについて講演会を行いました。

宮﨑議長挨拶

宮﨑議長挨拶

代議員の皆さん

代議員の皆さん

連合大阪 田中副事務局長挨拶

連合大阪 田中副事務局長挨拶

連合大阪南 佐々木議長挨拶

連合大阪南 佐々木議長挨拶

地域政策研修会(講師:藤原貝塚市長)

地域政策研修会(講師:藤原貝塚市長)

第23・24年度運動方針

[1]はじめに

 第23・24年度の活動は、連合大阪・大阪南地域協議会の運動方針に基づき、「働くことを軸とする安心社会」をスローガンに地域に密着した連合運動を進めてきました。さらに、-絆-をキーワードに構成組織・幹事役員組合の協力を得て、地域性を活かした特徴ある活動を進めることができました。

 昨年の2012総選挙及び2013参議院選挙では、私たちが支援する民主党が大敗し、新たに第2次安部内閣政権が発足しました。これにより日本経済は、大胆な金融緩和政策により世間では景気回復への期待感は高まったかに見られていますが、現実的に生活者の雇用と生活の改善につながる実態経済の回復は依然として不透明な状況が続いています。また働く現場においても労働環境の抜本的な改善に至っていません。しかし、このような状況だからこそ、今「労働運動」が必要とされており、連合運動の地域・地区に求められる役割は非常に大きいものがあります。

 泉南地区においては、これまで連合運動を支えてこられて先輩方と交流を深めることで、地区活動の活性化を図ることができました。結果、今年9月に実施された阪南市議会選挙及び岬町長選挙においては、地区幹事・役員のみならず連合大阪・大阪南地域協議会そして連合OBとの連携で、連合推薦候補者の勝利に結びつけることができ、これまで課題とされてきた地区間や世代間との連携した取り組みに一定の成果をあげることができました。

 迎える25・26年度においては連合が目指す「働くことを軸とする安心社会」実現に向け、地区として具体的な目標を定めながら、連合大阪・大阪南地域協議会の運動方針に基づき運動を充実して参ります。また、-「絆」-が地域のあらゆる人々とつながり、幅広く顔の見える労働運動を、働くすべての仲間とともに目指していきます。今後とも諸先輩から引き継いできた連合泉南地区労働運動に学び、コミュニケーションのある元気な活動を展開していきます。

[2]具体的な重点課題

1.組織運動
  1. これまで進めてきた上部団体未加盟組織に対する連合との共同活動(仲間づくり)への呼びかけを推進します。
  2. 各幹事組合・構成組織においてコミュニケーション向上運動を重点項目として具体策を検討し展開します。
  3. 泉南地区協議会幹事役員単組間で、若手や女性が中心となった交流の場を積極的に作っていきます。
2.社会運動
  1. 地区メーデーは例年通り、連合大阪の方針に基づき、泉南地区として多くの方々が参加できる開催を基本に進めます。
  2. 連合の進める環境・平和・人権・安全を中心とする社会運動に積極的に参加するとともに、環境浄化活動のクリーンキャンペーンを継続実施し、連合大阪南が取り組んでいるエコキャップ(ECOCAP)運動にも参画していきます。
3.政策・制度運動
  1. 泉南地区での政策課題については、従来に増して連合推薦議員と内容を充分協議して取り組むこととします。
  2. 自治体への政策・制度要請は、可能な限り泉南地区協代表と泉南地区推薦議員とともに、首長および幹部との懇談会を開催することを基本として推進します。
4.男女平等運動・広報活動等
  1. 連合大阪・大阪南地域協議会の運動方針に従い、泉南地区として出来る活動を進めていきます。
5.教育・文化活動
  1. 連合大阪・大阪南地域協議会が取り組む教育活動と連携しながら、研修会をはじめ人材育成のための諸施策を検討・実施していきます。特に次世代を担う組合役員のリーダーを育成するための研修会とします。
6.政治運動
  1. 連合大阪推薦議員との連携強化を図るため、泉南地区での政策・制度課題や日常の相互の関係を確認する機会を持つなど、意見交換を実施します。また、首長についても機会を通じて懇談会を持ち、関係強化を図ります。
  2. 各種選挙の取り組みについては、連合大阪の方針を基準としながらも、泉南地区協議会での検証・確認を充分行った上、推進します。推薦に当たっては、従来に増して活動実績の検証及び政策協定の意義を充分確認し、決定いたします。
  3. 首長・市町議会議員選挙の取り組みについては、支援候補者の必勝に向けて地域・地区協一丸となった総合的な取り組みを進めて行きます。

<首長>

貝塚市

2014年

1月

<市町議会>

泉佐野市

2014年

5月

泉南市

2014年

5月

貝塚市

2015年

4月

熊取町

2015年

8月

熊取町

田尻町

岬町

[3]組織運営

1.機関会議
  1. 5役会議は重要案件について事前の意見交換・調整の場として運営します。
  2. 幹事会は、泉南地区協議会の最も重要な機関会議であることから、毎月1回の定例開催とし、参加率を高めるため年間スケジュールを作成いたします。
2.任務分担
  1. 役員の任務分担を明確にし、連帯感のある活動とスムーズな活動ができる運営体制を構築します。
3.事務局長会議
  1. 地域・地区の活動を充実させるため、活動の平準化・相互協力の面から運営していきます。

第25・26年度役員はこちらをご覧ください。(役員名簿へ)

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

カウンター (2009年3月〜)