HOME活動報告 > 記事

(2014年5月1日)

第85回堺地区メーデー

 5月1日、前日までの雨模様から一転、強い日差しの混じる絶好のメーデー日和となった「ハーベストの丘」で、私たち働く仲間の祭典「第85回堺地区メーデー」が家族も含めて3000人という多くの参加者が集まり、今年も盛大に開催されました。

 堺地区のメーデースローガンには、毎年「笑顔」というキーワードをテーマに盛り込み、今年も昨年と同様に、『働く仲間が結集し、「笑顔」あふれる暮らしのできる安心社会をつくろう』をスローガンに開催されました。

 会場内に設営されました「笑顔のコーナー」では事前に募集して集まった沢山の笑顔の写真を見ながら見ている人も笑顔になり、まさに笑顔のコーナーとなりました。

笑顔のコーナー

笑顔のコーナー

企画委員長 挨拶

企画委員長 挨拶

 式典につきましては情報労連の沖林議長と日教組の由利議長の見事な進行により進められ、冒頭の藤原実行委員長のあいさつでは、「安倍総理は、連合中央メーデーにおけるあいさつの中で、経済政策推進のためには、経営者も労働者もないという主旨の発言があるが、働く者の犠牲の上に立った経済政策など長続きするはずがない。このことを街頭行動などを通じて広く訴えていきたい。さらには堺市長選挙においては、連合堺地区は早い段階から竹山市長の再選に向けて活動を行って、堺市は誰のものでもなく堺市民のものであるという意思表示ができた。竹山市長にはこれまで以上に労働施策に力点を置いていただき、堺市で生まれ育った若者が堺市内で働きたいと思えるような産業施策・雇用施策を推進していただきたい。連合堺地区は、これからも堺市とともに「笑顔で働けるまちづくり」を進め、来年4月の、統一地方自治体選挙では働く者の声を地方から発信していくために、連携する自治体議員と早い段階から政策のすり合わせをおこない、協力共闘関係を築き上げて連合推薦候補者の必勝へ向けて諸行動を展開していく」などの力強い挨拶があり、会場から拍手が湧き上がりました。

議長団

議長団

藤原実行委員長 挨拶

藤原実行委員長 挨拶

 ご来賓には連合大阪南地域協議会の佐々木議長、堺市の竹山市長をはじめ、各級議員、民主党各支部役員、大阪府と堺市の行政幹部の皆様、部落解放同盟堺支部の皆様、近畿労金・全労済の代表の皆様など多くの方々にご臨席をいただき、それぞれ代表の方々にご挨拶をいただきました。

大阪南佐々木議長

大阪南佐々木議長

竹山堺市長

竹山堺市長

 自治労堺市職員労組 中野大会書記による祝電披露に続き、基幹労連日新製鋼労組阪神支部 清水和弘さんよりメーデー宣言(案)と、さらには尾崎企画副委員長よりメーデー特別決議(案)が提案され、それぞれ満場の拍手で採択されました。最後に猪井企画副委員長の発声により力強い「ガンバロウ三唱」で無事に式典を閉会いたしました。

メーデー宣言

メーデー宣言

メーデー特別決議

メーデー特別決議

 「ガンバロウ三唱」

「ガンバロウ三唱」

 式典終了後は、今回はじめて企画した全員参加のじゃんけん大会とお待ちかね恒例の福引大会が開催され、大盛況のうちに終了いたしました。

じゃんけん大会

じゃんけん大会

じゃんけん大会

じゃんけん大会

 福引大会

福引大会

 最後になりますが、多くの商品や協賛金をご提供いただいた組織の皆様、準備運営に携わっていただいたスタッフの皆様、ご協力誠にありがとうございました。

 スタッフ集合写真

スタッフ集合写真

(堺地区協議会第85回メーデー企画委員長 浪瀬敏文)

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

カウンター (2009年3月〜)