HOME活動報告 > 記事

(2014年8月8-10日)

連合「2014平和行動 in 長崎」―参加報告―

連合泉南地区協議会 副議長(JP労組泉州南支部) 杉村 和治

 台風11号が接近し、少し不安な中、連合大阪山﨑会長を団長に12名で参加してまいりました。伊丹空港を出発し、長崎空港到着後、少し時間があったので長崎歴史文化博物館を見学し、「連合2014平和ナガサキ集会」に参加しました。

 「2014平和行動 in 長崎」連合大阪参加団の皆さん

「2014平和行動 in 長崎」連合大阪参加団の皆さん

1日目
連合2014平和長崎集会

 第1部では各種代表あいさつの後、基調講演「2015NPT再検討会議第3回準備委員会報告と再検討会議への展開」について長崎大学核兵器廃絶研究センターの広瀬訓副センター長より公演がありました。その中で広島、長崎で一瞬にして多くの尊い命を奪ったあの恐ろしい核兵器が、未だ世界に約17,300発も存在し、人類は核の脅威にさらされているとのことでした。

 連合2014平和ナガサキ集会

連合2014平和ナガサキ集会

 第2部では長崎平和推進協議会、継承部会の原田 美智子様より、被爆者の体験談を聞き壮絶な当時の状況、そして被爆してからの苦しみ、被爆障害でいつ死ぬか分からない恐怖などを聞き胸が熱くなりました。

 また、『若者からのメッセージ「第16代高校生平和大使」』のみなさんが、被爆地の声を世界に伝える行動を行っていることなどを、しっかり発言していて、大変頼もしく思いました。

2日目
被爆69周年 長崎原爆犠牲者慰霊平和祈願式典

 2日目は「被爆69周年 長崎原爆犠牲者慰霊平和祈願式典」に参加致しました。たくさんの人でメイン会場に入れませんでしたが、会場の少し後ろの高台で様子が良くわかりました。

 たくさんのセレモニー、挨拶があったのですが、印象的だったのは、「平和への誓い」被爆者代表の体験談のなかで語られた被爆者の思いです。二度と起こしてはならない戦争、そして安倍内閣総理大臣の始めた集団的自衛権の憲法判断についてのすさまじい批判。同じ思いだったので、うれしくなりました。参加してた安倍さん、「よう聞いときや」でした。

平和公園・長崎の鐘を訪れる

平和公園・長崎の鐘を訪れる

 その後、連合主催の「ピースウォーク」(慰霊碑巡り)に参加しました。連合長崎のみなさんが解りやすく説明してくださり、一度個人で来たことがあるのですが、こんなにもたくさんの慰霊碑、展示物等があるとは知らずたいへん勉強になりました。

 連合長崎の皆さん有難うございました。

最後に

 3日目、心配していた台風11号の影響で地方特急と新幹線で帰ることになりました。

 今回の「平和行動 in 長崎」に参加して、改めて核兵器について考えさせられました。人間が作った兵器で同じ人間を殺し、そして被爆者を生み、今も被爆者は苦しんでいます。こんな愚かな事を起こさせないよう、必死でがんばっておられるいろんな団体がいま被爆国日本に沢山あります。私たちは連合を中心に平和運動を伝え、育てていくことが大事だと考えます。

 最後になりますが、3日間の行動を参加者12名のおかげで有意義に終えることが出来ました、又、トラベルアイの奥野さん新幹線の手配等有難うございました。

連合「2014平和行動 in 長崎」―参加報告―

JP労組泉州南支部 岡田 憲雄

 今回「平和行動in長崎」に参加して、核について知ることができました。

 核が減っているとは知っていましたが、いまだに、全人類が破滅する核が世界に1万7千発もあるとは、びっくりしました。

 被爆者の訴えを聞いて、壮絶な当時の状況、原爆の恐ろしさを聞いて、胸が痛みました。

 今年も高校大使として21名の各地高校生が選ばれ(大阪がいなかったは残念でしたが)、立派に決意と平和の願いを語っていただきました。国連欧州本部(スイス)会議に、核兵器の廃絶、世界の恒久平和、そして被爆地長崎の願いを伝えてきてほしいです。

 台風の関係で、予定されていた万灯ながしが中止になったのは残念でしたが、三日間貴重な体験ができました。ありがとうございました。

 最後になりましたが、事務局のみなさまお疲れさまでした。

 浦上天主堂遺壁にて(連合の参加者の皆さん)

浦上天主堂遺壁にて(連合の参加者の皆さん)

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

  • 活動報告

カウンター (2009年3月〜)