HOME活動報告 > 記事

(2016年7月22日)

第2回ベルマーク寄贈訪問

  • 日時:2016年7月22日(金)10:00~
  • 場所:堺市立上神谷支援学校
  • 参加者:社会貢献委員会 藤原 委員長、西 委員、和田 委員
          大阪南地域協議会 牟田 事務局長、大林 事務局

 連合大阪南社会貢献委員会を中心に取り組んできた「ベルマーク運動」について、第2回目となる寄贈に行ってきましたので報告します。

 連合大阪大阪南地域協議会、大阪南地域労働者福祉協議会、近畿ろうきん、全労済の4団体の協同事業である「ベルマーク運動」ですが、2016年1月~6月末日の集計結果として3045.7点となりました。皆さんのご協力に、改めて感謝申し上げます。

 2016年7月22日、社会貢献委員会として、寄贈先である「堺市立上神谷支援学校」に伺いました。

堺市立上神谷支援学校

堺市立上神谷支援学校

 前回に引き続き2回目となる寄贈訪問ですが、実は校長先生が代わられました。ですが、現在の赤阪校長におかれましても、ベルマークの寄贈について快く受け入れいただきました。赤阪校長からは、「支援学校では生徒数が約180名しかいませんので、保護者の皆さんにもお願いしていますが、なかなか集まらないのが現状です。皆さんのご協力は、とてもありがたく、感謝申し上げます。支援学校の事を、多くの皆さんにもっと知ってもらいたいと考えています。」とのお言葉をいただきました。

左から:西委員・和田委員・藤原委員長・赤阪校長・牟田事務局長

左から:西委員・和田委員・藤原委員長・
赤阪校長・牟田事務局長

 上神谷支援学校では、1クラス6名の生徒に対して、2名の担任を配置されているとのことでした。また堺市には、上神谷支援学校と百舌鳥支援学校の2校しかなく、百舌鳥支援学校は設備が古いのが問題となっているとも伺いました。社会貢献委員会としては、支援学校とはどういった学校なのか、改めて施設見学等の機会をいただきながら、支援学校の充実に協力していきたいと考えています。

 今回は、社会貢献委員会でベルマークの整理を行いました。7月12日に、藤原委員長、田中委員、中井委員、全労済から中島係長、畝﨑さん、労金堺支店から岡崎店長代理に集まっていただき、作業を行いました。作業は、ベルマークを適切な大きさにカットし、番号別に区分、紙に貼り付けるといった工程となります。しかし、1日ではすべてのベルマークを整理しきれず、その後、藤原委員長、南海バス労組の中井さん、橋爪さんにご協力いただき、なんとか寄贈日には間に合いました。本当に、ご苦労さまでした。

みんなで集計作業

みんなで集計作業

がんばる藤原委員長

がんばる藤原委員長

南海バス労組大活躍

南海バス労組大活躍

 また、折角苦労して整理したのですが、企業が協賛を中止した為利用できないベルマークが、なんと4499.5点以上もありました。とても残念です。

 これからも、より多くの方々にご協力いただけるよう、活動を展開していくと共に、整理する側としても工夫していく必要があると考えています。今後とも、よろしくお願いします。

(事務局長 牟田和広)

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

カウンター (2009年3月〜)