HOME活動報告 > 記事

(2016年9月27日)

泉南地区協議会 地域政策実現をめざす決起集会

  • 日時:2016年9月27日(火)
  • 場所:阪南市立文化センター サラダホール
  • 参加者:約110名

 2016年9月27日(火)、阪南市立文化センター「サラダホール」で、連合大阪泉南地区協議会主催の「地域政策実現をめざす決起集会」が開催されました。

杉山議長 開会挨拶

杉山議長 開会挨拶

 小川事務局長の司会で幕が開き、杉山議長から開会に当たって挨拶がありました。連合運動にご参集いただいている参加者の皆さん、日頃から連携いただいている首長や地方議員の皆さんへの感謝が示されるとともに、10月に予定されている「阪南市長選挙」への結集が求められました。

 来賓として、泉南市の竹中市長からご挨拶をいただきました。関西国際空港から南側が、経済的に取り残されないよう、様々な施策の展開が必要だと力説されるとともに、阪南市との連携、特に福山市長との連携が不可欠であると訴えられました。

 同じく、岬町の田代町長からもご挨拶をいただきました。少子高齢化や人口減少といった地方行政の課題に触れられ、阪南市の「総合こども館」事業が、いかに先進的であるか訴えられました。

泉南市 竹中市長

泉南市 竹中市長

岬町 田代町長

岬町 田代町長

 次に、長安元衆議院議員から連帯のご挨拶がありました。国土交通副大臣に就任していた頃、福山市長としっかりとタッグを組み、阪南市の多くの問題を解決してきたことが紹介されました。

 次に、連合大阪南地域役員OB会の中西会長から、阪南市在住者としての立場も含めて、ご挨拶をいただきました。阪南市長選挙において、戦うべき相手の本質を見極めれば、絶対に勝利しなければならない戦いであることは明らかであり、連合の総力を結集して挑むと、力強く宣言されました。

長安元衆議院議員

長安元衆議院議員

中西OB会長

中西OB会長

 そして福山市長から、はじめて市長に立候補した時の市政への熱い想いが語られるとともに、現在に至るまで阪南市を「暮らしやすい街」、「人に優しい街」にするため取り組んできた様々な課題が紹介されました。市民病院の再建と財政の健全化、小・中学校の耐震化、駅周辺のバリアフリー化と整備など、いずれも阪南市にとって重要な課題であり、その多くを解決してきた実績がアピールされました。そして、引き続き阪南市の発展に、全力を傾注するとの決意表明がなされました。参加者からは、激励の大きな拍手が送られました。

福山市長 決意表明

福山市長 決意表明

たくさんの参加者

たくさんの参加者

 最後に、連合泉南地区役員OB会の有馬会長から、10月に開催される阪南市長選挙の必勝を祈念して、全員のがんばろう三唱で決起集会が締めくくられました。

 団結がんばろう

団結がんばろう

(事務局長 牟田和広)

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

カウンター (2009年3月〜)