HOME活動報告 > 記事

(2017年2月6日-7日)

堺地区協議会 一泊研修会「国会見学」 報告

(大阪南地域協議会 事務局長 牟田和広)

 2017年2月6日(月)~7日(火)、堺地区協議会の一泊研修会が開催されました。今回は、来たる衆議院選挙に向けて、大阪16区連合推薦候補予定者「森山浩行」元衆議院議員との連携をより強化すべく、国会議事堂に伺い、民進党の国会議員の皆さんと懇談してきました。参加者は、以下の通りです。

 国会議事堂前

国会議事堂前

連合堺地区 議長 藤原 広行
議長代行 川井 勇二
副議長 浪瀬 敏文
事務局長 吉田 大輔
事務局次長 田中 秀和
幹事兼会計監査 村上 朋弘
幹事 向井 貴昭
連合大阪南 事務局長 牟田 和広
議員団 堺市議会議員 大毛 十一郎
木畑 匡
西  哲史
渕上 猛志
元衆議院議員 森山 浩行

民進党国会議員(当日お会いした順番に並べました)

衆議員議員

平野 博文

衆議院議員

山井 和則

衆議院議員

泉  健太

衆議院議員

野田 佳彦(民進党幹事長)

参議院議員

羽田 雄一郎

衆議院議員

枝野 幸男

衆議院議員

山尾 志桜里

衆議院議員

細野 豪志

衆議院議員

前原 誠司

参議院議員

浜野 喜史

参議院議員

蓮   舫(民進党代表)

衆議院議員

玉木 雄一郎

参議院議員

川合 孝典

 2012年に新しくなった衆議院第一議員会館で、11時30分に議員団と合流し、先ずは国会議事堂内の議員食堂で、昼食を頂きました。途中、山井和則民進党国会対策委員長の訪問を受けました。その後、平野博文衆議院議員の秘書である瀧澤様のご案内で、国会議事堂を見学しました。

議員食堂

議員食堂

本会議場

本会議場

 当日は、衆議院の予算委員会が開催されており、「天下りの問題」や「共謀罪」について議論されており、独特の緊張感に包まれていました。泉健太議院運営委員会理事のご厚意で、予算委員会の傍聴券がいただけたので、直接国会の論戦が見られるとドキドキしました。しかし、議場に入る前に検査等あり、時間がかかるとのことで、実際には傍聴できませんでした。本当に残念でした。

国会見学

国会見学

国会見学

国会見学

 その後、民進党の幹事長室に伺い、野田幹事長にお会いしました。冒頭、藤原議長から、本日のご対応へのお礼と、堺地区協議会の取り組みについての説明がありました。野田幹事長からは、民進党に対する支援へのお礼と、現在の取り組み状況、森山氏を議員に復活させるべくご尽力いただきたいとのお話がありました。

 私からは、現政権の中小企業に対する支援のあり方が現状にマッチしていないとの意見を申し上げました。野田幹事長からは、「民主党政権時には、中小企業に対する支援を手厚く行ってきた。現状での支援としては、社会保険料の軽減が適切だと考えている。そうすることで、中小企業でも正社員を増やすことができると思っている。民進党としての重要な方針なので、展開をお願いします。」との説明をいただきました。

野田幹事長との懇談

野田幹事長との懇談

野田幹事長との懇談

野田幹事長との懇談

 その後、第一議員会館に戻り、第五会議室をお借りし、連合堺地区の政策予算要請に対する堺市からの回答について、評価を議論・検討しながら、民進党国会議員の皆さんの訪問を待ちました。

 順番に、平野博文衆議院議員、羽田雄一郎参議院議員、枝野幸男衆議院議員、山尾志桜里衆議院議員、細野豪志衆議院議員、前原誠司衆議院議員、浜野喜史参議院議員、民進党代表 蓮舫参議院議員、玉木雄一郎衆議院議員、川合孝典参議院議員と、錚々たるメンバーのご訪問を受けました。それぞれにご挨拶をいただきながら、蓮舫代表からは「少しずつでも信頼を取り戻せるよう努力し、政権交代可能な二大政党の一翼を、民進党が担えるようにしたい。その為にも、森山さんは不可欠な存在であり、衆議院議員として返していただきたい。」との熱い想いが語られました。藤原議長からは「連合としてしっかりと連携、支援し、森山氏の再選を果たすためにも、先ず民進党がぶれずにいていただきたい。」との申し入れがありました。また吉田事務局長からは「エネルギー政策について、2030年代に原発ゼロを方針としているが、簡単に達成できることではない。そこに至る行程を明確にした上で、しっかりとした議論をさせていただきたい。」との申し入れがありました。蓮舫代表からは「現在、行程表を策定中です。できるだけ早期に行程表を明確にしますので、是非議論をお願います。ご意見いただけたことに、感謝します。」との回答がありました。

 記念撮影

記念撮影

 記念撮影

記念撮影

 民進党の皆さんが退席された後、改めて政策予算要請の回答に関する議論をし、第一議員会館を後にしました。

 お忙しい中、本当に多くの民進党国会議員の皆さんと懇談でき、とても有意義な一日となりました。ご尽力いただいた森山元衆議院議員に、改めて感謝申し上げます。

 二日目は、早朝から帰阪する組と、国会の各委員会を見学して帰阪する組に分かれ、一泊研修会を終了しました。

 早朝の出発、国会見学を含めて一万歩以上の移動、国会議員との懇談、都内の満員電車、そして早朝の帰阪と、非常にタフな行程でしたが、とても有意義だったと思います。幹事を担当頂いた吉田事務局長に感謝です。

参加者所感

堺地区協議会 議長 藤原広行

 2017年2月6日(月)、連合堺地区役員・連合堺推薦議員団と民進党国会議員との懇談会に出席してきましたので、報告いたします。 

 まず、平野博文衆議院議員の瀧澤秘書の案内で国会議事堂内を見学しました。当日は、予算委員会が開催されていたこともあり、随所で大臣クラスの議員と遭遇しましたが、あまりオーラは感じられませんでした。個人的に普段は建造物に興味がありませんが、ここで様々な政治の歴史が重ねられたのかと思うと感慨深くなりました。

 懇談会で感じたことは、連合組織内議員の減少の影響もあり、かつてのように労働者目線で捉えていく姿勢が薄れている印象を受けました。また、中央(東京)と地方(大阪)との温度差があることも再認識しました。

 私たち労働組合は、これからも働く者の立場で、地域からしっかりと発信していかなければなりません。

 今回の行動は、連合という組織体でこそ成し得たものでありますが、この経験を単組でしっかりと活かしていくことを誓い、報告といたします。

堺地区協議会 議長代行 川井勇二

 今回は、連合堺役員と堺市議団合同で国会議員の職場である国会議事堂で、多くの国会議員との交流ができ、意見交換もさせていただきました。

 日頃から政治を身近に感じることを広めていくことが課題となっていますが、議員に直接会い、直に思いを述べ伝えることで、身近になっていくことを再確認できました。

 2日目は、靖国神社にも参拝をしてきました。少しの時間しかなかったので、資料館を視察することはできなかったですが、改めて平和の大切さも感じることができました。

 その後、国会に戻り、予算員会を傍聴させてもらえました。「天下り問題」で質疑をしていましたが、すごく緊張感が漂っていました。

 参議院は、国会見学ツアーもしていますので、個人でも参加できます。ぜひ、東京に行くことがあれば、皆さんも国会議事堂を訪ねてみて下さい。

堺地区協議会 副議長 浪瀬敏文

 民進党の蓮舫代表、野田幹事長をはじめ多くの中心的な位置付けで活躍されている議員の皆さん方にお話しをしていただき、森山さんをはじめ日程調整いただいた方々の人脈に感謝申し上げます。

 また、予算委員会の最中でしたが、議場外でもマスコミや関係者がバタバタとしていて緊迫感が伝わり日本の政治の中枢だなと感じ、私たちの代表を一人でも多く送り込んでいかなければと再認識しました。

堺地区協議会 事務局長 吉田大輔

 2月6日(月)に連合堺地区役員と連合推薦議員団による、1泊研修会を開催しました。

 今回の研修では、民進党の関係者の方々を中心に親切な対応をいただき本当に充実した研修であったと感じています。連合の活動の中でも、政治活動は私たちの生活に直結する重要な活動でありながら、組合員の政治離れや政党に対する批判など組合役員として苦慮する中で、今回の国会視察は、国会という独特な雰囲気を肌で体感でき改めて、政治の重要性を感じました。

 また、今回は民進党の最高幹部の皆さん方と懇談する時間も設けていただき、直接、第一線職場の組合員の思いを伝えることができたことは、私自身にとっても貴重な経験をさせていただきました。こういった機会を設けていただいた、森山さんに改めて感謝いたします。

 今回のような研修を更に広げていきながら、政治活動への理解を深めていければと思います。

堺地区協議会事務局次長 田中秀和

 私自身、単組で組合役員を務めて10年目を迎えますが、国会議事堂に行ったことは無く初めての経験でした。丁寧に見学案内をしてくださり、非常によかったです。

 また、蓮舫代表や組織内議員をはじめ、豪華な顔ぶれとなる多くの国会議員の皆様ともお会いすることができました。森山さんの人柄とご活躍ぶりの賜物と改めて感じました。貴重な経験を本当にありがとうございました。

堺地区協議会幹事 向井貴昭

■国会議事堂視察

 人生初の国会議事堂見学に参加し、今までメディアを通して観ていた感覚とはまるで別物でした。やはり実際に見て聞いて感じる、所謂体感する事で今まで吸収できなかった事が形ある物として吸収できた気がします。これから政治に対する自分自身の姿勢や考え方がより一層強くなりました。

 先ずもって、このような貴重な体験に参加出来た事に感謝申し上げます。

 国会は国の法律を決める中心の場所であって独特の雰囲気がありました。物々しささえも感じ一言でいえば「圧倒」されていました。外観より内部構造はゆったりで広く、まるで迷路のような感じで案内されるがままに付いて行き、野田幹事長室や副議長室、そして天皇控え室等を拝見しテンションはMAXになりました。残念だったのは予算委員会が傍聴できると聞いてその場所に向かうと結局入室できなかった事です。あれは残念でした。

 次回同じような企画があれば、ぜひ予算委員会の傍聴も実現できるようよろしくお願いします。

■国会議員団との意見交換会

 議員会館で民進党のそうそうたる幹部の登場に驚きの連発でした。今までこれだけ間近に意見交換会や写真撮影を行う機会などなく、ましてや違う産別の議員団の皆さまとの交流はまさに刺激的でした。

 あらためて森山浩行さんの人望には感心した次第です。

 僕は緊張して何も発言できなかったのですが、連合を代表して藤原議長が臆することなく幾度も堂々と発言している様は流石でしたね。

 民進党の議員団の皆さまは、我々の意見を真摯に受け止め色々と意見を述べられていました。このような機会がもっと増えれば、連合と民進党とのパイプもより強固なものとなり、今後様々な選挙戦の際にはお互い力を発揮できるのではないかと感じました。

 最後に、懇親会で平野博文議員にも参加頂きフランクな会話をする事が出来ました。今まで距離感が遠い存在でしたが、今回の国会見学会を通じ身近な存在として感じる事が出来るようになりました。

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

カウンター (2009年3月〜)