HOME活動報告 > 記事

(2018年5月27日)

第25回共生・共走リレーマラソン

  • 日時:2018年5月27日(日)10:00~15:00
  • 場所:鶴見緑地公園
  • 参加者:12名
  氏 名 所 属 周回数
1 牟田 和広 大阪南事務局長 2周
2 山田 貴彦 三菱マテリアル堺工場労組 9周
3 片田 栄一 新関西製鐵労組堺支部 5周
4 石橋 和也 山九労連関西西労組 7周
5 吉田 大輔 関電労組堺港支部 7周
6 岡谷 梢平 関電労組堺港支部 9周
7 亀川 貴光 栗本鉄工所堺工場労組 9周
8 矢田 一平 栗本鉄工所堺工場労組 8周
9 松本 淳 関電労組堺港支部 4周
谷路 雅也 新日鐵住金和歌山労組(堺地区) (応援)
谷村 はるか 関電労組堺港支部 (応援)
大林 妙子 大阪南事務局 (応援)

 2018年5月27日(日)、鶴見緑地公園で開催された「第24回共生・共走リレーマラソン」に参加しました。3年連続、3回目の出場です。

 炎天下の鶴見緑地を5時間、たすきを繋ぎ、走り続けるリレーマラソンは、非常に過酷なスポーツです。今回は、常連の年輩組5人と、初参加の若者組4人での挑戦となりました。いつも通りのゆる~い感じでカウントダウンが始まり、いよいよスタート!

 今回は、年齢の若い人から順番に出走する事にしました。元気な若者組に驚きながら、年輩組も負けてはいません。ちょうど中間となる12時30分に、30周を走破するハイペース。昨年の大記録を上回るのでは?との期待が膨らみました。

集合写真(スタート前)

集合写真(スタート前)

10時スタート

10時スタート

最初は笑顔です

最初は笑顔です

余裕でもう一周宣言

余裕でもう一周宣言

今年の参加者は20代と40代でした

今年の参加者は20代と40代でした

帰って来たら皆でハイタッチ

帰って来たら皆でハイタッチ

 午前中の曇り空から一転、午後は好天に恵まれ、暑さがランナーを襲います。そんな状況にも負けず、複数周回をこなす強者達の激走により、残り30分を切ったところで54周を走破しました。

 ここであまり活躍していない牟田が、緊急のミーティングを召集しました。「残すところ30分となりました。60周を達成するためには、一周5分以内で走る必要があります。最後は1周交代としますので、全力で走って下さい。但し、ご安全に!」とのチームオーダーが発表されました。みんな疲れてきた最終盤で、まさかの全力疾走指示!しかし、全員が60周という目標に向かって、それぞれ精一杯の走りを見せてくれました。結果、終了7分前に60周を達成。61周目は、恒例となった全員でのウイニングラン。15時ちょうどにテープをくぐってゴール!感動の瞬間です。

緊急ミーティング(笑)

緊急ミーティング(笑)

全力疾走!

全力疾走!

最後の一周は全員で

最後の一周は全員で

集合写真(ゴール後)

集合写真(ゴール後)

 大会終了後、近くの温泉で汗を流し、場所を移動しての反省会。本当に楽しい一日でした。反省会時に、運営側から出る記録賞が発表されました。「記録55周!」あれ?毎回そうなんですが、運営側と周回数が合わない。今年は6周も違う。来年は、周回をカウントする係りの人に、猛アピールするか!って、ちょっと違う反省になりました。

 「出し物をしたい」と言っていた役員が、今回は不参加で残念でした。これからも、走るだけでなく、いろんな事に挑戦して行きたいです。新しい参加者、応援団、大歓迎です。是非、一緒に汗を流しましょう!

 役員の皆さん、参加者の皆さん、差し入れをくださった栗本鉄工堺労組の中井さん、皆さんに感謝して、リレーマラソンの参加報告とします。ありがとうございました。

(事務局長 牟田和広)

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

カウンター (2009年3月〜)