HOME活動報告 > 記事

(2018年6月23日-25日)

連合「2018平和行動 in 沖縄」―参加報告―

連合大阪大阪南地域協議会 幹事(泉南地区教職員組合)野口 耕平
~平和行動に参加して、感じたこと~

①1日目(23日)

 1日目は、浦添市民体育館で開催された「平和オキナワ集会」に参加した。冒頭、語り部による沖縄戦の体験を映像で聞いた。戦後すぐには語ることができなかった思い出したくもない記憶を、後世に伝え、残すために活動されている姿に心をうたれた。沖縄戦では、国が(軍が)国民を守るどころか死ぬ方へ誘導していた。「今は平和だから、災害が起きても国は人々を助けに来てくれる。しかし、戦争はそうではない。」という言葉が印象的だった。

 続いて、フリージャーナリストの屋良朝博さんによる基調講演「沖縄基地問題について」を聞いた。教鞭をとられている沖縄国際大学の学生のコメントをもとに、米軍基地問題についての誤解や認識の誤りを丁寧に批判・説明された。国土の0.6%しかない沖縄に、なぜ約70%もの米軍基地が集中しているのか。もともとは本土にも多くの基地があったのに、戦前から続く沖縄に対する日本人の差別意識を利用して、米軍は戦略的に基地を沖縄に移転させてきた。そこには、基地の存在を国民から不可視化させる狙いがあった。住んでいた土地を奪われ、様々な危険と隣り合わせで生活する沖縄の人々。基地問題は日本全体の問題であり、重大な人権侵害なのだと強く認識することができた。

連合大阪参加メンバー

連合大阪参加メンバー

フリージャーナリスト屋良朝博さん

フリージャーナリスト屋良朝博さん

②2日目(24日)

 2日目は、ピースフィールドワークに参加した。連合大阪は、基地コースに参加。連合沖縄青年委員会の方によるピースガイドと資料が大変詳しく、学びが多かった。

 名護市辺野古大浦湾では、新基地建設を進めている現場を見学した。キャンプシュワブ前には、基地建設反対派のテントが並んでいた。ジュゴンをはじめとする多様な生態系と豊かな自然環境を育むこの海を本当に埋め立ててよいのか。青く美しい海を見ながら強く感じた。

ピースフィールドワーク

ピースフィールドワーク

キャンプシュワブ

キャンプシュワブ

 「道の駅かでな」の展望台より、嘉手納飛行場を見学した。先日、F15戦闘機の墜落事故があったばかりだというのに、すぐに飛行訓練が再開された。嘉手納町の面積のうち約82%が基地で占められている。基地のすぐそばには住宅地が広がり、交通量の多い道路も見られた。また、嘉数高台の展望台からは、普天間基地を見学した。滑走路横に並ぶオスプレイが目視できた。こちらも、基地の周囲は住宅地。こんな近くに人々の暮らしがあるのか、と驚かされた。安心、安全に暮らすことができない生活環境を目の当たりにし、基地との共存はできないという思いが強くなった。

嘉手納飛行場

嘉手納飛行場

普天間基地

普天間基地

 チビチリガマでは、ガマで起こった集団死について学習し、犠牲になった方々の冥福を祈り、黙祷を捧げた。薄暗いガマの中で、砲弾の音を聞きながら身を寄せ合って隠れていることが、どれほどの恐怖だったか。捕虜になると酷いめに遭わされるという誤った情報と、極限まで追い詰められた状況が起こした悲劇は、残酷で恐ろしい戦争の実態を象徴していた。

 いずれの場所も、テレビやインターネット、書籍から得られる知識だけではわからない、戦争の悲惨さ、基地問題の理不尽さを感じ取らせてくれた。

チビチリガマ

チビチリガマ

黙祷

黙祷

③3日目(25日)

 3日目は、連合大阪の独自行動で平和学習を行った。対馬丸記念館では、九州への学童疎開船・対馬丸が米軍潜水艦に沈められた事件について学習した。子どもたちを疎開させる理由は、沖縄に戦火が迫っていて危険だからというだけでなく、沖縄を守備する日本軍の食料を確保するためだったという側面があったことに驚かされた。また、子どもを疎開させることに反対する保護者を、国民学校の教師や校長が家庭訪問して説得して回ったという。学校が戦争に協力し、多くの子どもたちを犠牲にしてしまったことは、教職員として決して忘れてはいけないと思う。「教え子を再び戦場に送らない」の日教組不滅のスローガンを、改めてかみしめた。

 佐喜間美術館では、丸木位里・俊が描いた「沖縄戦の図」を鑑賞した。また、美術館屋上からは、普天間基地を見学した。昨年、米軍ヘリの窓が落下した普天間第二小学校も見えた。基地からのあまりの近さに驚いた。轟音を立てた米軍機が頭上を飛び交う中、子どもたちは毎日学校に通い、運動場で遊んだり、体育をしたりするのだろう。沖縄にとっての戦争は、まだ終わっていないのだと感じた。

④まとめ

 大阪の公立小学校では広島を、中学校では長崎や沖縄を修学旅行で訪れ、平和学習をするところも多い。オキナワでもヒロシマでもナガサキでも、戦争体験者の話は一人ひとりちがい、一人ひとりの生活や生き方、考え方が語られている。教科書の知識だけでなく、人々の姿や顔が見える学習を、これまでも大事にしてきた。戦争を体験した方々が減少していく中、その体験や事実をどのように引き継いでいくのかが重要である。今回の平和行動での学びを、どのように教材化して教育の現場で伝えていくのか。これからの自分自身の課題として模索していきたい。

泉南地区教職員組合 志禮 義隆

 単組でも平和行動に参加はしていますが、毎回自分自身が知らないことの多さを痛感させられます。

 1日目の平和オキナワ集会での屋良朝博さんのお話では、沖縄基地問題について、現在の問題点もさることながら、なぜこのような基地問題が起こったのか、また、今でも問題が続いているのかを考えることの大切さを学ぶことができました。

平和オキナワ集会

平和オキナワ集会

平和オキナワ集会

平和オキナワ集会

 2日目の現地視察学習では、辺野古に行くことができたのが大きかったです。目の前に広がるとてもきれいな海の上に、端が見えないほど無数に浮かぶオレンジ色の浮きの多さと、その浮きが占める海の割合に驚きました。今ある「嘉手納」や「普天間」などの基地の早期返還はもちろんですが、これ以上、沖縄の土地・自然を壊すことをしてはいけない。これまで以上に声を大きくし、行動する必要を改めて感じました。

辺野古大浦湾

辺野古大浦湾

辺野古大浦湾

辺野古大浦湾

 また、懇親会では、さまざまな単組の方とお話をすることができてよかったです。「平和」1つにとっても、単組による行動の仕方、行動についての考え方、行動で学んだことの活用の仕方などの違いを知ることができ、私自身の考え方の幅を広げていただくことができました。

 最後に、日本に住んでいるのなら、平和を願うのなら知っておかなければいけないことが数々あります。まだまだ知らないことばかりで、自分のいたらなさを感じましたが、それでも、今回の平和行動によって知るきっかけを作っていただけたことに感謝します。ありがとうございました。

 辺野古での集合写真

辺野古での集合写真

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

  • 活動報告

カウンター (2009年3月〜)