HOME活動報告 > 記事

(2018年7月21日)

第4回首長との政策懇談会

  • 日時:2018年7月21日(土)
  • 場所:ホテルアゴーラリージェンシー堺
  • 参加者
    • 自治体代表者
      • 堺市 竹山市長,高石市 阪口市長,和泉市 辻市長,泉大津市 南出市長,忠岡町 和田町長,貝塚市 藤原市長,熊取町 藤原町長,田尻町 栗山副町長,泉南市 竹中市長,阪南市 水野市長,岬町 田代町長,岸和田市 小山副市長,泉佐野市 八島副市長
    • 大阪南地域地区役員,大阪南OB役員 計104名
  • 内容
  •  第1部:政策懇談会 14:00~16:40
    • ①主催者挨拶:連合大阪大阪南地域協議会・清水議長
    • ②各首長からの自治体取り組み報告
  •  第2部:懇親会 16:50~17:55
    • ①乾杯挨拶:連合大阪大阪南地域協議会・津田議長代行
    • ②歓談
    • ③閉会挨拶:連合大阪大阪南地域協議会・谷路副議長
司会:藤原副議長

司会:藤原副議長

参加者

参加者

 本年で4回目となる「首長との政策懇談会」を開催しました。主催者を代表して清水議長から「お忙しい中ご参集いただき感謝します。大阪北部地震、西日本豪雨災害の被災者には、心からお見舞い申し上げます。連合大阪南の首長との政策懇談会も4回目となりました。泉州地域の発展は、生活者、労働者にとっても重要な課題です。連合としてもしっかりと連携するためにも、首長の皆さんの想いを聞いて下さい。」との挨拶がありました。

清水議長挨拶

清水議長挨拶

清水議長挨拶

清水議長挨拶

 今回は、「笑顔で暮らせる・働けるまちづくりに向けた施策」をテーマとして、事前アンケートを実施しました。提出いただいた3項目を、政策委員会で確認・検討し、発表いただく1点を選定しました。そして、「働きやすいまちづくり」、「安心して暮らせるまちづくり」、「魅力あるまちづくり」、「笑顔あふれるまちづくり」の4項目に分類し、グループ単位で発表していただきました。参加者にも分かり易く、他の首長にも参考にしていただけたのではないかと考えます。

 <自治体発表内容> ※発表順

 グループ1「働きやすいまちづくり」

自治体 発表内容
阪口 高石市長 安全・安心のまちづくりをめざした都市基盤整備
竹中 泉南市長 りんくう公園整備事業(PFI)
藤原 貝塚市長 地域産業の振興と雇用創出
小山 岸和田副市長 産業振興

 グループ2「安心して暮らせるまちづくり」

自治体 発表内容
田代 岬町長 地域と連携した教育
藤原 熊取町長 教育のまち・くまとり
和田 忠岡町長 忠岡町ブランド創造事業
辻  和泉市長 住みなれた場所で自分らしく療養生活が送れるまちづくり

 グループ3「魅力あるまちづくり」

自治体 発表内容
水野 阪南市長 安心・安全で生活がしやすいまちづくり
栗山 田尻町長 みどりあふれる魅力ある都市環境づくり
八島 泉佐野副市長 まちの活性化・賑わいの創出
南出 泉大津市長 あしゆびプロジェクト

 グループ4「笑顔あふれるまちづくり」

自治体 発表内容
堺市 竹山市長 笑顔あふれるまちづくり~笑門来福~

 本懇談会は、9市4町の首長に集まっていただく重要な取り組みと位置づけ、政策委員会で議論を尽くしながら、準備を進めて来ました。今回は、グループ単位での発表に取り組んだ結果、各自治体の特徴的な取り組みと、そこにある首長の想いが良く伝わったのではないかと考えます。

高石市 阪口市長

高石市 阪口市長

泉南市 竹中市長

泉南市 竹中市長

貝塚市 藤原市長

貝塚市 藤原市長

岸和田市 小山副市長

岸和田市 小山副市長

岬町 田代町長

岬町 田代町長

熊取町 藤原町長

熊取町 藤原町長

忠岡町 和田町長

忠岡町 和田町長

和泉市 辻市長

和泉市 辻市長

阪南市 水野市長

阪南市 水野市長

田尻町 栗山町長

田尻町 栗山町長

泉佐野市 八島副市長

泉佐野市 八島副市長

泉大津市 南出市長

泉大津市 南出市長

堺市 竹山市長

堺市 竹山市長

熱心に聞き入る参加者

熱心に聞き入る参加者

 第2部の懇親会にも、80名の皆さんが参加してくれました。多くの首長も、引き続き参加してくれました。連合大阪南の津田議長代行から乾杯の発声をいただき、懇親会が始まりました。

 昨年同様、1時間という短い時間設定としましたので、あっと言う間の懇親会でしたが、貴重な意見交換ができたと考えています。最後に、谷路副議長から中締めのご挨拶をいただき、閉会となりました。

津田議長代行

津田議長代行

乾杯

乾杯

谷路副議長

谷路副議長

会場では西日本豪雨カンパも実施しました(カンパ金31,481円)

会場では西日本豪雨カンパも
実施しました(カンパ金31,481円)

 多くの方にアンケートに答えていただき、様々な意見をいただいています。せっかくの機会ですので、より良くしたいと考えていますが、9市4町の首長が一同に会することの重要性は、他に代えがたいものだと考えています。本懇談会の継続を第一義としながら、工夫して行きたいと考えます。

 本懇談会にご協力いただいた全ての人に感謝申し上げると共に、今後とものご理解、ご協力をお願いします。

(事務局長 牟田和広)

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

カウンター (2009年3月〜)