HOME活動報告 > 記事

(2018年7月29日)

【大阪南労福協】設立20周年記念事業『映画鑑賞会』

Ⅰ.ジュラシック・ワールド 炎の王国

  • 日時:2018年7月28日(土)9:15~
  • 場所:TOHOシネマズ鳳 スクリーン7
  • 参加者:307人

Ⅱ.劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-

  • 日時:2018年7月29日(日)9:00~
  • 場所:イオンシネマりんくう泉南 スクリーン3
  • 参加者:225人

Ⅲ.未来のミライ

  • 日時:2018年7月29日(日)13:15~
  • 場所:ユナイテッド・シネマ岸和田 スクリーン1
  • 参加者:211人

 本年、設立20周年を迎える大阪南労福協の記念事業として、映画鑑賞会を開催しました。

 より多くの皆さんに楽しんでもらえるよう、堺地区、泉州地区、泉南地区の3カ所で開催し、映画の内容も、ご家族で楽しんでもらえるように配慮しました。

 募集を始めたところ、予想に反して「劇場版コード・ブルー」への応募が多く、真っ先に定員をオーバーしてしまいました。「いやいや、それはないやろ~」と言っていた私を含む役員も、発案者である泉南地区の原田事務局長にお詫びしました。

 最終的には、800人を超える皆さんから応募をいただき、嬉しい悲鳴となりました。厳正な抽選の結果、743人がご当選され、それぞれに代表者名と座席番号の入ったチケットを展開しました。

 映画鑑賞会の初日は、堺地区のTOHOシネマズ鳳で、世界的な人気映画の続編「ジュラシック・ワールド」です。心配された台風の影響も少なく、役員一同準備に入りしました。ところが映画館との連携が不十分で、上映前の挨拶ができませんでした。また、「記念事業」と掲示する準備も怠り、参加者の皆さんに対して充分にアピールできなかったと反省しています。その一方で、8,039円もの西日本豪雨災害支援カンパをいただきました。参加された皆さんの善意に、心から感謝申し上げます。

TOHOシネマズ鳳

TOHOシネマズ鳳

TOHOシネマズ鳳

TOHOシネマズ鳳

 映画鑑賞会の2日目第1部は、泉南地区のイオンシネマりんくう泉南で、テレビドラマの映画化「劇場版コード・ブルー」です。前日からの台風も過ぎ、むしろ青空が顔を出すような天候の下、役員一同準備に入りました。前日の反省もあり、参加者の皆さんにしっかりとアピールできるよう、資料の配布とカンパ活動に努力しました。上映前には、清水議長から丁寧なあいさつと主旨説明があり、会場から拍手をいただくなど、労福協への理解を広げることができたのではないかと思っています。7,771円ものカンパ金をいただき、無事終了しました。

イオンシネマりんくう泉南

イオンシネマりんくう泉南

イオンシネマりんくう泉南

イオンシネマりんくう泉南

 映画鑑賞会の最後は、泉州地区のユナイテッド・シネマ岸和田で、細田守監督のアニメ「未来のミライ」です。台風一過、猛暑が戻るなか、役員一同準備に入りました。三回目となると「大阪南労福協 設立20周年 記念事業 映画鑑賞会」とのカンバンも設置し、アピールは万全です。上映前の清水議長のあいさつも、簡潔で分かり易く、会場から拍手をいただきました。多くの皆さんに、労福協の活動を理解いただいたのではないでしょうか。3,409円ものカンパ金をいただき、無事終了しました。

ユナイテッド・シネマ岸和田

ユナイテッド・シネマ岸和田

ユナイテッド・シネマ岸和田

ユナイテッド・シネマ岸和田

 最後に、チケットの配布、台風への対応など、参加者の皆さんと我々をつないでいただいた単組役員や書記さんに、心から感謝申し上げます。

(事務局長 牟田和広)

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

  • 活動報告

カウンター (2009年3月〜)