HOME活動報告 > 記事

(2018年11月30日)

連合大阪堺地区協議会 第7回地区委員会
OB会第5回総会

第7回地区委員会

  • 開催日:2018年11月30日(金)16:00~17:45
  • 場所:ホテルアゴーラリージェンシー堺
  • 出席者:来賓31名,代議員63名,役員22名
  • 総会議長:日教組 堺教職員組合 中川 馨 さん
           電力総連 関西電力労組堺港支部 松下升紀 さん
片田副議長 開会挨拶

片田副議長 開会挨拶

委員会議長(左:堺教職員組合 中川さん,右:関電労組 松下さん)

委員会議長(左:堺教職員組合 中川さん,右:関電労組 松下さん)

 2018年11月30日(金) 16時より、ホテルアゴーラリージェンシー堺において、連合大阪堺地区協議会 第7回地区委員会を開催いたしました。出席者は116名と中間年でありながら、昨年を大きく上回るみなさんにご参加いただきました。

ご来賓の皆様

ご来賓の皆様

連合大阪 黒田副事務局長 挨拶

連合大阪 黒田副事務局長 挨拶

竹山堺市長 挨拶

竹山堺市長 挨拶

大毛堺市議会議員 挨拶

大毛堺市議会議員 挨拶

 地区委員会では、第29年度活動経過報告・決算報告・会計監査報告を承認いただいた後、6つの議案について審議し、全議案を満場一致で可決決定いただきました。

第1号議案 第30年度補強方針(案)
第2号議案 第30年度予算(案)
第3号議案 地区委員会決議(案)
第4号議案 特別決議(案)
第5号議案 第30年度役員選出(案)
第6号議案 表彰に関する件

 第5号議案で可決された、第30年度の役員選出では、吉田大輔新議長率いる新たな体制となり、吉田新議長からは藤原前議長をはじめ、諸先輩方からの想いをしっかりと引き継ぎ、連合堺地区協議会はこれからもますます活発な活動を続けると力強いあいさつをいただき、新たな1年がスタートしました。

補強方針(案)提議

補強方針(案)提議

委員会決議(案)提議

委員会決議(案)提議

 懇親交流会では、役員OB会員の皆さんをはじめ、各産別単組の役員、連合推薦議員団、連合推薦立候補予定者、行政関係者との盛大な合同懇親会となりました。短い時間ではありましたが、多くの皆さんと交流を深める時間となったと感じています。

 交流会の中でも退任役員からのあいさつをいただきました。昨年に引き続き藤原前議長の“不覚”となりましたが、これは藤原前議長のこれまで長きに渡る運動への熱い想い、そして現役役員からの温かい想いのこもったメッセージがあったからこそのハプニングであったと思います。また、第29年度をもって3名の方が退任となりました。

議長 藤原広行さん(南海バス労組)     
事務局次長 田中秀和さん(関西電力労組南大阪支部)
幹事 中川泰幸さん(大阪ガス労組南部支部)

 長きに渡り、連合堺地区協議会の発展にご尽力いただきありがとうございました。お疲れ様でした。

退任者挨拶:藤原さん

退任者挨拶:藤原さん

退任者挨拶:田中さん

退任者挨拶:田中さん

記念品贈呈

記念品贈呈

色紙贈呈

色紙贈呈

 第30年度は大変忙しい1年間となります。

 吉田大輔新議長の元、連合堺地区協議会のより強固な結束と、堺市を中心に「働くことを軸とする安心社会」の実現に向けてこれからもしっかりと運動を進めて行きます!

(連合大阪堺地区協議会 事務局長 山口由紀子)

 第30年度役員

第30年度役員

OB会第5回総会

  • 開催日:2018年11月30日(金)17:00~17:45
  • 場所:ホテルアゴーラリージェンシー堺
  • 出席者:来賓10名,会員15名

 11月30日(金)午後5時よりホテルアゴーラリージェンシー堺「蘭の間」にて、連合大阪堺地区協議会役員OB会第5回総会が開催されました。

 一瀬会長より開会の挨拶で総会が始まり、続いて来賓の皆様方よりご挨拶をいただきました。

<一瀬会長あいさつ>

昨年、髙橋前会長からバトンを受けて早くも一年を経過しました。皆様のご協力に感謝申し上げます。事務局のご支援で何とか活動できておりますが連合のOB会活動というのは難しいものだと考えるこの頃です。                         一方で、私は会社のOB会の役員もやっていますが案外活発に活動していると感じている、会員1000人で会報の発行、バス旅行等非常に活発である。その理由は何だろうと考える。企業のOB会は長い間働いてきた会社に愛着がある、共通した拠り所となる絆があるからではないかと思う。                            それでは連合OB会の共通の課題とか絆は何であろうか?・・・・私は考えるのに、それは選挙ではないかと考えます。かつて民主党が政権奪取したような政治活動、連合の現役、OBが一致団結して、総力を結集して頑張れる目標が過去にあった。連合OB会の共通の大きな目標の一つは選挙ではないでしょうか?その点を考えると丁度、今年は選挙の年です、統一地選挙や参議院選挙があります。現 在、国民民主党、立憲民主党と別れておりますが政権奪取を再びめざし、堺地区役員OB会の目標として共に頑張りましょう。当面、統一地方選挙での連合推薦の7名の全員当選に向け、現役の支援しながら共に頑張りましょう。

司会:池口事務局長

司会:池口事務局長

一瀬会長 挨拶

一瀬会長 挨拶

<来賓あいさつ>

大阪南地域協議会役員OB会 中西 喜夫 会長

 堺地区OB会の第5回総会おめでとうございます。堺を皮切りに各地区のOB会の総会が開催されます。堺地区はまさに選挙活動の発祥の地ともいうべきであります。堺市長選挙では歴代の市長を誕生させております。昨年は堺市長選挙を全面的に取り組まれ竹山市長の三選を勝ち取られました。まさに堺地区の底力であります。来年はまさに選挙の年、労働者の生活向上や豊な生活の為に、連合が推薦する候補者の全員勝利めざし、堺地区役員OB会が引っ張っていただくことをお願い申し上げ挨拶とさせていただきます。

森山浩行衆議院議員代理 森山百恵夫人

 総選挙のご支援ありがとうございました。森山につきましては、現在は国会中で日々奮闘しているところです。

 特に入管法については十分な案が示されないまま、議案成立を目論んでおり何としても徹底抗戦で阻止しなければと頑張っていいます。水道事業の民営化法は森山のテーマであり積極的に取り組んでおります。

 昨年は混乱の衆議院選挙、民主党分裂後の選挙ということで大変な選挙でした。温かいご支援ありがとうございました。わたくしたちも大変つらい1年でありました。何のために政治があるのか安心して暮らせる社会の実現ではないでしょうか。この実現の為、森山頑張って参りますのでよろしくお願いします。来年は統一地方選挙、候補者が決まりましたのでOB皆様のお力添えお願いします。

大阪南役員OB会 中西会長 挨拶

大阪南役員OB会 中西会長 挨拶

森山浩行衆議院議員代理 森山百恵夫人 挨拶

森山浩行衆議院議員代理
森山百恵夫人 挨拶

大阪南地域協議会 清水 俊雅 議長

 総会おめでとうございます。

 平素のご協力ありがとうございます。私たち現役の足りないところを力強くバックアップいただき活動につなげております。今後ともよろしくお願いします。

 来年は統一地方選挙です、現在、6名の連合推薦候補がおりますが、加えて東区で推薦の要請を受けており、12月中に連合大阪南として推薦決定をする予定です。支援体制を調整しながら候補者全員の当選をめざして頑張って参ります。先輩OBの皆様の力強いサポートを頂きますようお願い致します。

大毛 十一郎 堺市議会議員 

 第5回総会のお祝い申し上げます。先輩諸氏のお顔を拝見するといつも、身の引き締まる思いであります。OB会の絆を高めるには選挙しかないとのこと、来年はその意味でも力強いご支援お願いします。わたくしは引退をさせて頂きますが大所高所から全力で活動してまいります。連合推薦の堺市議会候補は7名と聞いています。今回は少数激戦の様相ですが、全員当選を目標に頑張ります。OB会の皆さんのお力添えなくして勝てません、どうかよろしくお願いします。

連合大阪大阪南地域協議会 清水議長 挨拶

連合大阪大阪南地域協議会
清水議長 挨拶

大毛堺市議会議員 挨拶

大毛堺市議会議員 挨拶

 経過報告では、池口事務局長より2017年度活動報告と会計報告についての説明があり了承されました。続いて、2018年度の活動方針(案)、会計予算(案)、役員体制(案)会長 一瀬 幹雄・副会長 清水 謙一・副会長 川井 俊治・事務局長 池口 敏雄・顧問 戸田 啓義・髙橋 宣久・藤原広行について、それぞれが審議され満場一致で承認されました。

<清水 副会長 閉会挨拶>

 今総会の最大のテーマは統一地方選挙の必勝です。連合推薦候補者の7人、全員の当選をめざして頑張ろう。とはいえ、我々OB年代は健康が重要であります。体調に留意してこの一年ご活躍されますようお願いして、閉会の挨拶といたします。

 堺地区協議会地区委員会メンバーとの合同懇親交流会は、吉田新議長の開会あいさつと来賓の竹山修身市長挨拶の後、一瀬OB会長の乾杯で始まりました。現役とOBそれぞれのメンバーが一緒になった各テーブルでは、和やかな雰囲気の中で交流会が終了しました。今回は、都合が悪く参加できなかった会員の皆様におかれましては、次回の参加をお待ちしています。

(連合大阪堺地区協議会役員OB会 事務局長 池口 敏雄)

 集合写真

集合写真

連合大阪堺地区協議 第30年度補強方針

[1]はじめに

 連合堺地区協議会は、第23回定期総会(2017年11月24日)で第29・30年度運動方針を確立した。

 労働運動において連合の果たすべき役割は大きく、私たち堺地区協議会は、連合大阪の地域・地区運動のリーダー組織として、地域社会に根ざした運動を進めてきた。連合大阪や大阪南地域協議会と連携し、堺地区における「働くことを軸とする安心社会」の実現を目指し、「笑顔」を合言葉に各種活動を展開してきた。

 労働運動の原点は職場であり、職場組合員から信頼される活動の見える化が大きな課題となっている。そうした中、2018春季生活闘争においては、すべての働く者の処遇改善をテーマに「底上げ」「格差是正」で経済の好循環を目指す闘争であった。多くの産別・単組が5年連続の賃金引上げを実現し、中小組合の奮闘が目立ち、賃上げ率は大手を上回る結果となった。一方で、第196回通常国会では、「働き方改革関連法」が可決・成立した。「時間外労働の上限規制」など私たちが求めてきた内容が盛り込まれたが、長時間労働を助長しかねない「高度プロフェッショナル制度」が創設され、今後とも真に働く者の視点に立った議論を深めていかなければならない。

 私たちが掲げる「働くことを軸とする安心社会」実現に向けては、健全な労使関係の構築と雇用、労働政策の拡充をはかり、これまで以上に働く者、生活者の視点に立った政策発信を強化していくことが不可欠である。そうした運動の積み重ねがより多くの働く仲間の結集つながるものと考える。

 こうした観点から、運動方針を補強し、堺地区において「働くことを軸とする安心社会」の実現に向けた取り組みをさらに強化していくこととする。

[2]具体的な取り組み

1.組織運動

(1)堺地区に集う産別組織や各単組へ三役が中心となって積極的に出向き、意思疎通をはかり、認識統一された活動を機敏かつ活発的に推進します。

【補強方針】

堺地区の組織力強化に向けては、連合活動への理解浸透が不可欠であり、各構成組織・単組の巡回を強化する。

(2)将来の組織発展や男女共同参画社会の実現に向けては、若手および女性役員の育成が急務であり、若手・女性を中心とした交流会や研修会を大阪南地域協議会と連携の下開催し、人材育成に努めるとともに、役員登用に向け積極的に取組んでいきます。

(3)大阪南地域協議会と連携を取りながら連合未加盟労組および未組織労働者への連帯活動を強め、組織拡大に努めます。

(4)地区活動を展開する協議機関として、幹事会を毎月定例開催し、上位方針や取組みを構成組織に展開します。

(5)三役会議では、重要案件について事前に意見交換・調整の場として、運営します。

【補強方針】

(6)堺地区OB会とは、本年度も引き続き、連絡会議の開催や各種イベントへの参加要請ならびに統一地方選挙・参議院議員選挙への支援協力など連携を深める活動を展開し組織全体としての強化を図る。

2.社会運動

(1)働く仲間の祭典「メーデー」に組合員と家族がそろって参加できるように様々な企画を織り交ぜ、堺地区で開催します。

(2)連合の運動が市民にも見え、広く伝わる活動として、「連合大阪の日」にあわせ、街頭宣伝活動を行います。

(3)社会貢献活動として、堺地域労使会議で取組んでいる清掃活動「クリーンキャンペーン堺」を引き続き開催するとともに、ベルマーク運動にも積極的に取組みます。

(4)自然災害などで、被災された方への支援が必要であれば、支援の輪を広げる運動を積極的に取組みます。

(5)過去の戦争を風化させず、世界平和を実現に向けて取組まれている「連合平和行動」に積極的に参加していきます。

(6)人権・平和活動の推進組織として部落解放同盟堺支部と連合大阪堺地区協議会で2010年5月に設立した「ふれあい人権フォーラム堺」の活動については、人権を尊重し差別のない社会を目指す趣旨を理解しつつ、組織の連携について対応していきます。

3.政策・制度運動

(1)「働くことを軸とする安心社会の実現」のために堺地区での政策課題について、連合推薦議員と連携を取り、堺市に対して、政策・制度要請を行います。

(2)堺市の審議会や外郭団体にも積極的に参画し、勤労者の立場だけでなく、市民としての視点も持ち、福祉の増進や市民生活の向上などの提言をしていきます。

(3)私たちの政策・制度の実現に向けて、行政の取組み状況や課題について意見交換する場として、連合推薦議員と政策懇談会を開催し、堺市に対し政策・予算要請を行います。

【補強方針】

 20189月に来襲した台風21号は、私たちが働き、暮らすまち「堺」にも大きな被害をもたらした。また、6月には大阪北部地震も発生し、自然災害への対応をどう強化していくのか大きな課題である。堺市において安心して生活ができる環境整備にむけ政策・予算要請行動を強化するとともに、各審議会にも積極的に参画し、意見反映できる取り組みを強化する。

 そのために、堺市議会議員との政策懇談会の充実や行政の取り組みに対する理解を深める活動に取り組む。

4.雇用・労働施策

(1)堺経営者協会と大阪南地域協議会で組織する堺地域労使会議において、堺地域における労使それぞれの情報を交換し、堺市の発展に向けて、労使共通の政策・制度を堺市に要請します。

(2)堺市域の雇用・労働問題への対処するために産業界・行政・労働界等で組織する堺雇用推進会議(堺市域労働ネットワーク)に参画し、雇用推進や労働、働き方改革に関わる課題解決に向けて取組みます。

5.教育・文化体育活動

(1)スポーツ活動を通じて働く仲間の交流の場として、堺地区でソフトボールやボウリング大会を開催するとともに、大阪南地域労働者福祉協議会の活動にも積極的に取組みます。

(2)人材育成は、今後の連合運動を強化していくためにも重要性が高まるとの認識の下、連合大阪が取組む教育活動や労働教育などへ積極的に参画します。また、次世代育成にも積極的に取組んでいきます。

6.政治運動

(1)物価、税金、社会保障、教育、経済政策等の諸問題は、企業内における労使の努力だけでは解決できないため私たちの政策・制度の実現に向けて政治運動を推進します。

(2)2019年4月に予定される第19回統一地方選挙では、連合大阪の方針に則り大阪南地域協議会と連携し、推薦候補者の必勝に向け取組みます。また、同年7月には、第25回参議院議員通常選挙も施行されることから、大阪選挙区における連合推薦候補者ならびに全国区(比例代表)における各産別推薦候補者の当選に向け、組織を挙げて取組みを展開します。

【補強方針】

 2019年の第19回統一地方選挙・第25回参議院議員選挙・大阪府知事選挙は、大阪における健全な議会制民主主義を取り戻し、各議会でいまだ強い影響力を持っている維新政治に歯止めをかけ、反転攻勢への足がかりとするべく、堺地区協議会推薦候補者の必勝にむけ組織一丸となって取り組む。

(3)各級選挙の候補者推薦については、活動実績の検証・評価を行い、連合大阪の政策を誠実に履行することを確認し政策協定を締結した上で地区として手続きを進めます。

7.堺地区協議会30周年記念行事

(1)堺高地区協議会から数えて結成30周年目を迎え、記念事業を開催します。

(2)記念事業の開催にあたっては、実行委員会を立ち上げ、多くの方と30周年を祝える事業を検討します。また、2018年8月には大阪南労働者福祉協議会の結成20周年記念事業も計画されており、堺地区協議会としても積極的に参画していきます。

【補強方針】

 結成30周年記念事業実行委員会を立ち上げ、堺地区協議会に集う組合員をはじめ、これまで堺地区協議会の発展に尽力いただいた諸先輩方にも多く参加いただけるような事業内容の検討を進める。

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

カウンター (2009年3月〜)