HOME活動報告 > 記事

(2019年3月20日)

第5回ベルマーク寄贈訪問

  • 日時:2019年3月19日(火)10:00〜10:30
  • 場所:大阪府立堺聴覚支援学校
  • 参加者:社会貢献委員会:津田委員長、永田委員、松長委員、
        山田委員、和田委員
        大阪南地域協議会:牟田事務局長

 連合大阪南社会貢献委員会を中心に取り組んできた「ベルマーク運動」について、5回目となる寄贈に行ってきましたので報告します。

大阪府立堺聴覚支援学校

大阪府立堺聴覚支援学校

 連合大阪大阪南地域協議会、大阪南地域労働者福祉協議会、近畿ろうきん、全労済の4団体の協同事業である「ベルマーク運動」ですが、2018年の集計結果として9063.7 点となりました。皆さんのご協力に、改めて感謝申し上げます。

 2019年3月19日、社会貢献委員会として、寄贈先である「大阪府立堺聴覚支援学校」に伺いました。学校側は、校長先生の綿谷様、教頭先生の永田様、PTA会長の藤原様、PTA担当の河合様が対応してくれました。

 早速、津田委員長から藤原会長に、集計されたベルマークの寄贈です。綿谷校長先生も入って頂き、全員で記念写真を撮りました。

左から:永田委員・和田委員・津田委員長・綿谷様・藤原様・永田様・河合様・山田委員・松長委員

左から:永田委員・和田委員・津田委員長・綿谷様・藤原様・永田様・河合様・山田委員・松長委員

 昨年は、学校内を案内して頂きましたが、今年はゆっくりお話を聞きました。全校生徒が66名と少数で、PTAと生徒会でベルマーク運動をしているが、なかなか点数が増えないそうです。綿谷校長先生から、「そんな中、昨年1万点もの点数をいただき、これまでの蓄積と合わせて『ビデオカメラ』を買うことができました。財政が厳しい中、本当に助かりました。」と、感謝の言葉が述べられました。

 プリンターのインクカートリッジも、ベルマークに換算できる物がありますが、手続きが難しく収集をあきらめてきました。ところが、堺聴覚支援学校では普通のベルマークと合わせてインクカートリッジも取り組んでいるとの事。こちらとしても、今後は収集の対象としていきます。

 もっと活動の輪を広げ、より多くのベルマークを寄贈できるよう、取り組みを強化していきます。

 今後とも、よろしくお願いします。

(事務局長 牟田和広)

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

カウンター (2009年3月〜)