HOME活動報告 > 記事

(2019年6月3日)

【大阪南労福協】大阪労福協・5地域労福協 合同研修会

 6月3日(月)2019年度の大阪労福協・5地域労福協合同研修会が、大阪南地域で開催されました。晴天に恵まれ、初夏と言うには暑すぎる中、山﨑会長をはじめ21名の参加者が、岸和田競輪場に集まりました。

 本当に残念ですが、急な出張により関西競走労働組合(岸和田競輪場に勤務する従事員で組織されている組合)の表委員長が欠席となったため、山本副委員長からご挨拶を頂きました。その後、西又副書記長から、関西競走労働組合の組合員が置かれてきた立場や、今まさに抱えている問題点を説明いただきました。参加者は、「競輪場に遊びに来た」雰囲気が一変、働く仲間が大きな問題を抱えている事に驚き、共に闘う想いを新たにしました。

岸和田競輪場

岸和田競輪場

左から西又副書記長,下尾書記長,山本副委員長

左から西又副書記長,下尾書記長,山本副委員長

 その後、大阪南地協の清水会長から、主催者を代表して受け入れて頂いたお礼の挨拶をしました。岸和田市の小山副市長と西川主幹も出席され、岸和田市の重要な施設である競輪場視察への感謝が述べられました。

岸和田市 小山副市長

岸和田市 小山副市長

西川主幹

西川主幹

 挨拶が終了すると、昼食を頂きながら、車券の購入です。半分以上の参加者が、初めて競輪場に来るという状況でしたが、それぞれに予想しながら、楽しく参加できたのではないでしょうか。これも、競輪場で働く仲間のためです。

 その後、施設見学をしました。主に「販売員」である組合員が、どういった環境で仕事をされているのか、見て回りました。また、隣接するBMXのコースや、組合事務所などを拝見しました。

 最後に山﨑会長から、本日の視察対応への感謝と、連合の仲間として共に闘う決意が述べられ、岸和田競輪場「ブッキースタジアム岸和田」を後にしました。

車券売り場

車券売り場

ゴール前

ゴール前

BMXコース

BMXコース

正門前にて集合写真

正門前にて集合写真

 バスで移動する事約10分、(株)北海鉄工所に到着しました。会議室に入ると、金物谷委員長をはじめ組合三役と、林社長をはじめ会社役員の皆さんが迎えてくれました。植田書記長の司会で始まり、先ず林社長から“社員も経営者も一体となって お互いに助け合い 協力し合って 会社も栄え みんなでしあわせになろう”という社是が紹介されました。正に労福協の目指す社会のあり方と同じであり共感を覚える、本日は忌憚の無い意見を頂きたい。とのご挨拶を頂きました。続いて金物谷委員長からは、当社の製品を知って頂き、地域でアピールして欲しい。とのご挨拶を頂きました。参加者を代表して清水会長から、視察を受け入れて頂いたお礼の挨拶をしました。

最林社長

林社長

金物谷委員長

金物谷委員長

 続いて、企業紹介のDVDを拝見しました。15分程度にまとめられた内容は、非常に分かり易く、北海鉄工所の製品である「鏡板」と、その製造方法について、良く理解できました。その後、2班に分かれて工場見学です。材料の搬入から、寸法精度の確認、加工、整形から仕上げへと続く行程を、それぞれに説明頂きました。非常に大きなプレス機や、熱処理設備がある工場でしたが、思った以上にきれいで、日常の整理・整頓が行き届いているんだなと感じました。会議室に戻り、いくつかの質疑応答を経て、視察見学会を終了しました。山﨑会長から、岸和田で技術の灯を守ってこられた事への尊敬の念と、企業の永続的な発展を祈念するとともに、厳しい職場環境の更なる改善をお願いし、労使揃っての企業見学受け入れへの感謝が述べられました。

 最後に、北海鉄工所が作ったオブジェの前で記念撮影し、終了となりました。

質疑応答

質疑応答

質疑応答

質疑応答

質疑応答

質疑応答

オブジェ前で集合写真

オブジェ前で集合写真

 一同はバスで移動し、岸和田城へ。残念ながら月曜日はだんじり会館がお休みで、岸和田城も入れず、周囲を歩いて見学し、懇親会場へ移動しました。

五風荘

五風荘

岸和田城場

岸和田城

 とても暑い中の研修会となりましたが、大勢の参加者を受け入れてくれた関西競走労働組合の皆さん、北海鉄工所の皆さんに、心から感謝申し上げます。また、遠く岸和田の地にご参集頂いた参加者の皆さんにも、心から感謝を申し上げ、報告とします。

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

カウンター (2009年3月〜)