HOME活動報告 > 記事

(2020年2月1日)

連合大阪大阪南地域政策・政治フォーラム
学習会・第6回定期総会

  • 実施日:2020年2月1日(土)16:00〜19:30
  • 場 所:デリシャスダイニングサカイ
  • 参加者:79名
  • 内 容
    • ①学習会 16:00〜16:30
      • 「大阪都構想」〜法定協議会での動き〜
             講 師:黒田悦治 連合大阪副事務局長
    • ②今更聞けない座談会 16:30〜17:20
      • テーマ:大阪都構想ってどうなん?
      • 司 会:藤原一也 副幹事長
      • 座 長:黒田悦治 連合大阪副事務局長
      • 参加者:
        • 吉田大輔 副代表幹事(連合堺地区 議長)
        • 清水明治 副代表幹事(高石市議会議員)
        • 浜田千秋 和泉市議会議員
        • 河部 優 泉南市議会議員
    • ③定期総会  17:30〜18:00
    • ④懇親交流会 18:00〜19:30

 2020年2月1日(土)連合大阪大阪南地域政策・政治フォーラムの学習会・第6回定期総会が、大阪南地域・地区協議会役員、構成組織役員、推薦議員、連携候補者、大阪南OB会役員、計79名の参加者を得て、デリシャスダイニングサカイ(堺市)で開催されました。

 第1部の学習会では、連合大阪から黒田副事務局長より「大阪都構想」〜法定協議会での動き〜と題して講演をいただきました。これまで、産別や連合大阪が主催の学習会や動員で取り組まれてきた課題でありますが、大阪市以外では中々、実感が感じられなかったり、そもそも都構想が悪いことばかりなのか? 等、学習会に引き続いて「座談会」形式で、素朴な疑問から問題を掘り下げました。

学習会
学習会

学習会

 座談会では、大阪市を解体して4つの特区になって「市民サービスはどうなるのか?」「市の財政・財産はとうなるのか?」「議会はどうなるのか?」の三つテーマについて黒田副事務局長を座長に、議論を進めました。

 なかでも参加者全員から意見がでた「市民サービス」の課題は、最も疑問が多く活発にメリット・デメリットが議論されました。見かけ上、市民窓口は各区役所にあって変わりがない様にみえますが、防災の指揮拠点等の重要な部署は、現在の中之島市役所に置かれ各区独自での迅速な判断・対応に疑問がでる等、デメリットが多い内容となりました。

 大阪南地域協では、今回の、「学習会」「座談会」におきましては、参加者アンケートを実施し、寄せられた意見を研修小員会で総括し、7月に開催予定の研修会へ繋げていくこととします。

座談会

座談会

吉田副代表幹事

吉田副代表幹事

清水高石市議会議員

清水高石市議会議員

浜田和泉市議会議員

浜田和泉市議会議員

河部泉南市議会議員

河部泉南市議会議員

黒田連合大阪副事務局長

黒田連合大阪副事務局長

 続く定期総会では、冒頭、森代表幹事、木畑代表幹事の挨拶のあと、森山衆議院議員(顧問)からもご挨拶をいただきました。
続いて、小堀副代表幹事から経過報告並びに会計報告、小川会計監査から会計監査報告がなされました。

 その後、小堀副代表幹事から協議事項が提案されました。協議事項では会則の一部改定、新たな活動方針が提起され、新しい役員体制のもと、活発な活動の推進が確認されました。

 最後に、田中副代表幹事から閉会の挨拶をいただき、総会は盛会裏に終了しました。

森代表幹事

森代表幹事

木畑代表幹事

木畑代表幹事

森山衆議院議員

森山衆議院議員

小堀副代表幹事

小堀副代表幹事

 部家副代表幹事の乾杯で始まった懇親交流会では、連合推薦議員と予定候補者から、決意の挨拶をいただきながら、それぞれに議論を深めました。

 最後に、岸副代表幹事による挨拶と、乾杯で会は締めくくられました。

乾杯

乾杯

閉会挨拶

閉会挨拶

 土曜日の開催にも関わらず、多くの方々にご参加いただき、本当にありがとうございました。「働くことを軸とする安心社会」を実現するため、連携する議員・候補者との絆を深めながら、大阪南政策・政治フォーラムを更に前進させていきましょう。

(連合大阪南事務局長(大阪南政策・政治フォーラム副幹事長)
 藤原 一也)

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

カウンター (2009年3月〜)