HOMEコラム〜KIZUNA > 記事

宝者

 

泉州地区 野内議長 4月も中旬を過ぎようとする中、朝夕の冷え込みが未だ続いていますが、一杯飲み屋などで出てくる食材を見ると確実に夏に向けて季節が変わっていると実感しています。しかし、私達を取り巻く環境は依然厳しく変わる気配すら見えず、私達は希望を捨てずに日々の活動や新しい取組みを模索し、環境が好転する様に願っているのが現状です。

 そんな寒い環境が生んだのではないと思っていますが、幼児の事件・事故が新聞等で目に付きます。もう少し廻りの人が見ていれば、もう少し注意を払っていれば、防げた事件・事故であると考えています。私達に起こり得る労働災害も、気配り・注意が最重要であると考えています。勿論、前述の事件・事故と一緒にするつもりはありませんが・・・。

 人に対する気配り・注意は、その人との繋がりや信頼関係がないと中々出来るものではありませんが、一緒に行動して共感した人と人・仲間と仲間は必ず宝者になると考えています。私は、愛のある行動とそこから生まれた絆を大事にして、今後も宝者を増やしていきたいと思っています。ともにガンバロー!

(2010年4月18日、泉州地区協議会 議長 野内 克則)