HOME大阪南地域協News

2018/6/6 水曜日

連合政令指定都市地域協議会 第23回連絡会議

Filed under: 活動報告 — 編集部 @ 18:04:26
  • 日時:2018年5月31日(木)~6月1日(金)
  • 場所:大阪府堺市 ホテル・アゴーラリージェンシー堺
  • 主催:連合大阪大阪南地域協議会

2018年5月31日(木)~6月1日(金)大阪府堺市のホテル・アゴーラリージェンシー堺にて、連合政令指定都市地域協議会の「第23回連絡会議」が、167名の参加を得て盛大に開催されました。

次第

  1. 開催地協挨拶  清水 俊雅 大阪南地域協議会 議長
  2. 特別講演:「自由・自治都市 堺の挑戦」
    竹山 修身 堺市 市長
  3. 行政報告:「百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録に向けて」
    勝真 雅之 堺市世界文化遺産推進室 室長
  4. 地協報告
    ①北九州地域協議会 遠藤 禎幸 事務局長
    ②相模原地域連合  幸山  隆 事務局長
  5. 地協事務局長会議(事務局長のみ参加)
    次期開催地の決定:連合相模原地域連合
全国からの参加者をお出迎え 堺市よりハニワ課長も駆けつけてくださいました!
全国からの参加者をお出迎え/堺市よりハニワ課長も駆けつけてくださいました!
会議資料と堺市観光ノベルティグッズ 司会 牟田事務局長
会議資料と堺市観光ノベルティグッズ/司会 牟田事務局長

内容

連合政令指定都市地域協議会「連絡会議」は、全国に20ある政令指定都市を所管している地域協議会が、相互に情報交換を行う場として、独自に集まっているものです。1996年の第1回横浜開催から22年、2006年に堺市が政令指定都市になってから12年、第23回にして初めて堺市での開催となりました。

堺市での開催が決まったのは2年前、岡山で開催された第21回の「運営委員会」での事でした。第22回が新潟に決まる中、「次は西日本で…」との提案もあり、手を挙げたのが始まりでした。あれから2年、岡山・新潟と経験を積みながら、実行委員会を立ち上げ、精力的に準備を進めて来ました。

さて一日目は「第23回連絡会議」の本番です。先ず、開催地協を代表して、清水議長から挨拶をいただきました。「昨年議長に就任したばかりで、この会議に出席した事もなく、どうすれば良いのか…」と不安げに入りながら、連合大阪南地域、堺地区の組織について、堺市との関係について、丁寧に話して頂きました。

開催地協挨拶 清水議長 たくさんの参加者
開催地協挨拶 清水議長/たくさんの参加者

次に、本来であれば来賓挨拶を頂戴すべき竹山市長から、「自由・自治都市 堺の挑戦」と題して特別講演を頂きました。市長自ら話される堺市への想いは、何にも代えがたい実感があり、迫力がありました。特に、連合と連携して闘ってきた「対都構想」の話では、正に連合推薦首長としての重さと、大きな共感を得る、すばらしいものでした。心から感謝申し上げます。

堺市 竹山修身市長 特別講演「自由・自治都市 堺の挑戦」
堺市 竹山修身市長/特別講演「自由・自治都市 堺の挑戦」

続いて、堺市からの行政報告として「百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録に向けて」と題し、堺市世界文化遺産推進室の勝真室長よりご講演を頂きました。様々なデータを駆使し、古墳群がいかに重要な文化遺産であるかをわかりやすく説明してくださいました。また、講演の中で、世界文化遺産への登録を後押ししてもらう為に「堺市民の会」への入会をお願いしたところ、41名の方にお申し込み頂くことが出来ました。

堺市世界文化遺産推進室 勝真雅之室長 質疑応答
堺市世界文化遺産推進室 勝真雅之室長/質疑応答

 

休憩をはさんで後半は、参加地協を代表して2地協からの活動報告です。

先ず初めに、北九州地域協議会の遠藤事務局長からの報告です。九州の玄関口である北九州市は、アジアとの交流も深く、住みよい街として高い評価を得ていること、地域の防犯にも力を入れ、風力発電にも取り組んでいること、また、地域としての特徴的な取り組みについても報告頂きました。

北九州地域協議会 遠藤禎幸事務局長 北九州地域協議会 地協報告
北九州地域協議会 遠藤禎幸事務局長/北九州地域協議会 地協報告

次に、相模原地域連合の幸山事務局長からの報告です。連合神奈川における相模原地域連合の位置付けに始まり、政策制度要求や議員懇談会、環境行動や社会貢献活動など、特徴的な取り組みが紹介されました。最後に相模原市の魅力発信として動画「さがみはらポテンシャル」が流され、是非行ってみたくなりました。

終了後、事務局長会議が開催され、次回の開催が「相模原市」で確認されました。

続きを読む

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ

You must be logged in to post a comment.