HOME大阪南地域協News

2016/12/16 金曜日

泉南地区協議会 第6回地区委員会/OB会第3回総会

Filed under: 活動報告 — 編集部 @ 14:02:44

第6回定期総会

  • 開催日:2016年12月9日(金)17:00~18:00
  • 場 所:岬町 マリンロッジ海風館
  • 出席者:来賓7名,役員21名,代議員24名
  • 委員会議長:自治労 岬町職員組合 米原孝裕さん

委員会議長(岬町職員組合 米原さん) 杉山議長 挨拶
委員会議長(岬町職員組合 米原さん)/杉山議長 挨拶

2016年12月9日(金)17時より、マリンロッジ海風館において、役員21名、代議員24名が出席し、連合大阪泉南地区協議会第6回地区委員会を開催しました。

地区委員会では、第28年度補強方針(案)、第28年度予算(案)、役員の一部交代など、3つの議案について審議し、全議案を満場一致で可決決定しました。

連合大阪 藤原副事務局長 挨拶 第27年度活動経過報告(原田事務局次長)
連合大阪 藤原副事務局長 挨拶/第27年度活動経過報告(原田事務局次長)

各種議案提議(小川事務局長) 団結がんばろう!
各種議案提議(小川事務局長)/団結がんばろう!

また、今大会で退任された以下の方々へ感謝状を贈呈いたしました。

(事務局長 小川正純)

【退任役員】

  • 会計監査    川下 員弘さん(南海電気鉄道労働組合)
  • 幹事      南  稔さん (水間鉄道労働組合)
  • 幹事      定野 豊春さん(水間鉄道労働組合)
  • 幹事      道幸 靖広さん(ジェイ-ワイテックス労働組合)
  • 幹事      寺川  淳さん(田尻町職員組合)
  • 幹事      庄司 洋平さん(熊取町職員組合)

田代岬町長 挨拶 藤原貝塚市長 挨拶
田代岬町長 挨拶/藤原貝塚市長 挨拶

竹中泉南市長 挨拶 退任・新任挨拶(ジェイ-ワイテックス労組)
竹中泉南市長 挨拶/退任・新任挨拶(ジェイ-ワイテックス労組)

 

OB第3回総会

有馬会長 挨拶 12月9日(金)午後6時から、岬町淡輪マリンロッジ海風館にて、連合大阪泉南地区協議会、役員OB会第3回総会が行われ、OB総会には、現役連合大阪泉南地区協議会総会参加者にもご参加いただき盛大に行われました。

冒頭に有馬会長より、1年間の諸活動を振り返り、会員各位のご理解とご協力に感謝と関係各位へお礼の挨拶で総会が始まりました。

つづいて、連合大阪南地域協議会役員OB会中西会長のご挨拶を戴きました。その後、田村事務局長より、活動経過報告、会計報告と活動方針・新役員選出が提案され、原案通りご承認戴き総会は無事に終了しました。

【2016年度役員紹介】
会長 有馬 政之
事務局長 田村 善行
幹事 村田  修
阪本 光司
山本 武彦
百村 正義(泉尾)
特別幹事 宮崎 孝行
津田 武彦

以上8名です。今後ともご協力をよろしくお願いいたします。

経過報告・議案提議(田村事務局長) 閉会挨拶(宮﨑特別幹事)
経過報告・議案提議(田村事務局長)/閉会挨拶(宮﨑特別幹事)

合同懇親会は、小川事務局長司会進行のもとに行われて、杉山議長の乾杯でスタート。OB会と現役の皆さん並びにご来賓、長安元国土交通副大臣、藤原貝塚市市長、松下泉佐野市副市長、竹中泉南市長、田代岬町町長・泉南市河部議員・泉佐野市野口議員・連合大阪南地域協議会・佐々木議長・牟田事務局長他多数のご参加を戴き昔話に花を咲かせながら、会員相互の親睦と会員拡大を確認しながら、近況報告を交えて楽しいひと時を過ごせました。

今回残念ながら参加出来なかったOB会会員の皆様に置かれましては、是非とも次回の参加をお待ちしています。

(事務局長 田村善行)

OB会集合写真

2016/12/13 火曜日

連合大阪泉州地区協議会 第6回地区委員会/OB会第3回総会

Filed under: 活動報告 — 編集部 @ 23:06:28

第6回地区委員会

  • 開催日:2016年12月6日(火)18:00~19:00
  • 場 所:テクスピア大阪
  • 出席者:来賓10名,役員25名,代議員48名
  • 委員会議長:UAゼンセン 大阪ガス労組泉北支部 瀧頭雅樹さん
委員会議長(大阪ガス労組瀧頭さん) 連合大阪 藤原副事務局長 挨拶
連合大阪 藤原副事務局長 挨拶

12月6日(火)18時より、泉大津テクスピア大阪において、ご来賓10名、役員25名、代議員48名が出席し、泉州地区協議会第6回地区委員会を開催しました。

委員会では、第27年度の活動経過報告等をおこなった後、第28年度補強方針(案)、第28年度予算(案)、第28年度役員体制(案)の3議案について審議を行い、全議案が満場一致で可決決定されました。

地区委員会決議(小川副議長) 代議員の皆さん
地区委員会決議(小川副議長)/代議員の皆さん

委員会後は、泉州地区協議会役員OB会の方々と一緒に懇親交流会を開催いたしました。

ここでは、今年度退任された役員の方々へ感謝状を贈呈するとともに、新役員、OB会役員から、今年度の抱負を一言ずついただきました。

(事務局長 田中政和)

【退任役員】

  • 副議長     川北 博秀さん(センシュー労組)
  • 副議長     大藪 紀洋さん(南海電気鉄道労組)
  • 事務局次長   柳  功浩さん(朝日ウッドテック労組)
  • 監査(兼)幹事  大城盛太郎さん(ダイベア労組)
  • 幹事      石川 晋一さん(泉北環境職員労組)
  • 幹事      二重 幸生さん(忠岡町職員組合)
  • 幹事      坂林 克則さん(三井化学労働組合 大阪支部)

OB第3回総会

12/6(火)連合大阪泉州地区協議会役員OB会第3回定期総会を会員13名出席の下、泉大津市のテクスピア大阪にて開催いたしました。

開会にあたり、OB会を代表して金子会長の挨拶において、綱領に相当する運営要綱に定められている目的、現役を側面から支援することを改めて認識し、活動を前進させていきたいとのメッセージが発せられました。来賓として、大阪南地域協議会役員OB会中西喜夫会長、また我ら泉州地区OB会員で現在は連合大阪で活躍されている藤原副事務局の計らいで、高石市 阪口伸六市長、高石市 清水明治議員、泉大津市 野田悦子議員、民進党大阪18区総支部田中一吉前議員にも総会にご臨席いただき、花を添えて頂きました。

続いて、事務局より2015年度活動経過および会計報告、ならびに2016年度活動方針(案)、会計予算(案)および役員体制(案)を提案し、満場一致で可決承認され、成功裡に総会を終えました。

【2016年度 役員体制】(出身労組)
会長 金子 豊光 (サンロックオーヨド労組)
副会長 坂下 善久 (オーツタイヤ労組)
副会長 和田 文秀 (三井化学労組)
事務局長 和田 泰延 (関西電力労組)
顧問 西山 弘  (栗本鉄工泉北労組)
西野 武一 (NTT労組)
相談役 富川  彰  (村田産業労組)

金子会長 挨拶 OB会集合写真
金子会長 挨拶/OB会集合写真

総会後の現役役員との合同懇親会は野内議長の挨拶、金子会長による乾杯のご発声にて始まりました。久方ぶりの同志との再会は時間が経つのも忘れるほど有意義でありました。また途中、田中事務局長の采配で出席OB全員が演壇にて自己紹介させて頂き、現役とのつながりを深めることもできました。

和田忠岡町長 挨拶 OB会員紹介
和田忠岡町長 挨拶/OB会員紹介

本日以降、新たな1年の始まりにあたり目的を共有し、培われた人脈を活かして現役役員との連携をさらに強め、OB会があってよかったとみんなが思えるよう人の幸せを大切にし続けるという大義の下、活動の活性化に向け前進していきたいと思います。

最後に、いつも役員OB会の会合案内等、活動の推進に関し、大変ご尽力を頂いております大阪南地域協議会事務局の大林さんに深く感謝申し上げます。

(事務局長 和田泰延)

2015/1/7 水曜日

連合大阪泉州地区協議会 第5回地区委員会/OB会設立総会

Filed under: 地区協議会,大阪南OB会,活動報告 — 事務局 @ 15:17:12

第5回地区委員会

私たち泉州地区協議会は12月12日(金)テクスピア大阪におきまして第5回地区委員会を開催いたしました。地区委員会は役員20名代議員36名の参加で成立し、経過・活動報告、決算・会計監査報告、第26年度運動補強方針・予算・役員体制が「異議なし」の声と満場の拍手で可決されました。

泉州地区協議会は23年度より、予算科目を上部団体の予算科目に合わせることと、労働福祉事業会計を新たに設けることとしました。この特別会計は行政からの労働者福祉事業に対する補助金の使われ方の「見える化」を図ることを目的とした会計です。各自治体において行財政改革が進む中、行政に向けて補助金の使われ方を明確にするとともに地区協議会の活発な活動の報告を行うことにより、労働者福祉に対する理解と、更なる充実を求めるためです。26年度についても引き続きこの方向性を踏襲し、予算科目の運用について更に連合大阪の運用に合わせることとしました。定期総会では、22年度より結成された行事運営実行委員会を基軸に、労働福祉事業活動の充実に引き続き取り組むことと、政治活動としては、民主党の責任ある応援団として、これまでと同様の支援を行うことが確認されました。

この定期総会におきまして、5名の方々が退任され、表彰規定によりその功労を称え表彰が行われました。

連合泉州は、愛のある‐[絆]-で繫がった地区協を目指し地道な活動を展開しています。今後ともよろしくお願いいたします!

【退任役員】

  • 副議長    丸谷 幸男さん(南海電気鉄道労組)
  • 副議長    高野 佳人さん(住友ゴム労組)
  • 副議長    石井 貴伸さん(関西電力労組)
  • 幹事     猪原 田鶴さん(関西競走労組)
  • 幹事     廉林 健吾さん(朝日加工労組)
委員会議長(JP労組泉州北支部 佐藤氏) 野内議長挨拶
委員会議長(JP労組泉州北支部 佐藤氏)/野内議長挨拶
連合大阪田中副事務局長挨拶 連合大阪南佐々木議長挨拶
連合大阪田中副事務局長挨拶/連合大阪南佐々木議長挨拶
退任表彰 石井氏(右) 代議員の皆さん
退任表彰 石井氏(右)/代議員の皆さん

第26年度 補強方針

1.はじめに

連合大阪第23回定期大会が10月24日に開催、連合大阪南地域協議会第5回地域委員会が11月7日にそれぞれ開催されました。そのなかで確認された方針に基づき連合泉州地区協議会は運動を進めていきます。連合は2010年12月目指すべき社会像として「働くことを軸とする安心社会」を広く提起し、その実現に向けた諸取り組みが全国で展開、推進されています。

大阪南地域協議会では、今年度もキーワードは引き続き‐[絆]-として、地域協・地区協組織・構成産別単組の強固な関係を維持発展させるとともに、働く仲間の皆さん全てを対象に、力強く、粘り強く、たくましい愛のある活動を強化していくとしています。

連合泉州地区協議会は26年度の運動(補強)方針について、幹事単組間や幹事単組リーダーと組合員間、組合員と組合員、相互のコミュニケーション向上を図る運動の発展を展開することを引き続き目指しています。‐[絆]-愛のある活動から生まれます、幹事会の団結を機軸に新しい世代に繋げる愛のある活動を引き続き取り組んでいきます。

政治課題について、2012総選挙、2013参院選におきまして、私たちが支援する民主党は大敗し、自公政権による新自由主義的政策への回帰、そして格差の拡大が懸念される状況となっています。しかし民主主義社会において健全な野党は不可欠であるとともに、勤労者、生活者を起点にする政治勢力として民主党の持つ意義、期待される役割は依然として大きいと考え、突然の解散となり2014年12月2日公示14日投開票となった衆議院議員選挙に取組みます。

大阪においては、経済の長期的低落傾向には一定の歯止めかかりつつあるものの、力強い足取りとまでは至っておらず、雇用、労働をめぐる環境も依然として改善していないなか、政治的には、大阪府、大阪市において、労働組合の基本的権利を蔑(ないがし)ろにし、職場における健全な労使関係構築に背く行政責任者のあり方は、法を守るべき立場にある行政の最高責任者としても依然として問題となっています。

このような状況のなかで、2013年9月に実施された堺市長選挙において、堺市を分割する大阪都構想に対して「NO」を突きつけ、阪南市議会議員・岬町長選挙においても、連合推薦候補が勝利し、連合泉州地区が取り組んだ岸和田市長選挙においても連合推薦候補者が「維新の会候補者」との一騎打ちに勝利し、2014年1月引き続く貝塚市長選挙においては連合推薦候補が無投票当選、更に5月に実施された泉南市長選挙においても激戦の末、連合推薦候補者が当選したことは、それぞれの地区協議会が基軸となって連合大阪南に結集し、3地区協が相互応援を完遂した成果でありました。今後の各種選挙についても、推薦候補の必勝のために地区協議会の絆を基軸に「大阪南はひとつ」の取組みを展開していく所存であります。

連合泉州地区協議会は、これまでの運動の充実を基軸に、傘下の行政との連携を深め、市民・労働者と地方行政そして政府を愛のある‐[絆]-で繋げ「労働者を中心とした福祉型社会の実現」に向け引き続き取り組んでいきます。

また、連合の運動を永遠に繋げて行くよう、各構成組織・地区協組織・単組のご協力を切にお願いします。

連合泉州 スローガン

愛と絆で温もりのある連帯を築き
働くことを軸とする安心社会を築こう!!

2.具体的な活動の総括

(1)組織運動
  1. 連合泉州地区組織に集う地域・地区組織・構成組織・各単組においてのコミュニケーション向上運動を、具体策を検討し展開致します。
  2. 「ライフサポートセンター大阪南」の広報を充実させ、地域の相談機能としてのワンストップサービス活動を充実します。また、ライフサポートセンターでの相談や地域での情報ならびに産別での取り組みなどと連携しながら、仲間の拡大にも取り組みます。
  3. 地区協・産別組織との連携で、傘下組合への訪問などにより構成組織のネットワークの強化を図るとともに「すべての職場に労働組合を」を合言葉に組織拡大、組織強化を推進します。
  4. 連合未加盟組合へ協調関係の呼びかけを、構成組織・地区協の協力を得ながら継続推進します。
  5. 役員OB会との連携をしながら地域運動の組織強化を推進します。
(2)社会運動
  1. 第86回大阪地方メーデーは例年通り5月1日(月)で開催します。
  2. 連合運動の市民への広報活動として、「連合大阪の日」に合わせ、毎月の5日前後を中心に街頭宣伝活動を行っていきます。
  3. 連合の進める環境・平和・人権・安全を中心とする社会運動に積極的に参加し、目的を同じくする諸団体と連携して社会運動を強化していきます。
  4. 地区組織として「地球温暖化」問題の意識向上活動や独自の環境活動を推進します。
    ・クリーンキャンペーンの実施、大阪南エコキャップ(ECOCAP)運動の拡大。
(3)政策・制度運動
  1. 政策提言の取り組みは地域活動の重要な課題となっていることから、連合大阪からの要請のみならず地域・地区での政策課題については、従来に増して連合推薦議員と内容を充分協議して取り組むこととします。
  2. 自治体への政策・制度要請は、可能な限り地区協代表と首長および幹部との懇談会を開催することを基本として推進します。
  3. 地区選出の民主党議員団との懇談会を開催し、労働問題に関する課題や地域自治体からの要望について意見交換し、政権政党としての回答を求めていきます。
(4)雇用・労働施策
  1. 各自治体での労働政策関係部署の設置と拡充を求めるとともに、懇談会など機会ある毎に労働施策の推進に参加します。
(5)男女平等運動
  1. 男女平等参画社会の実現に向けた取り組みに対して地区としても積極的に参加していきます。
  2. 地区組織会議への参加や各種イベント等に女性参加を求めていきます。
  3. 女性参画促進の立場から女性役員の拡充に努力します。
(6)教育・文化活動
  1. 連合大阪が進める若年者に対する労働教育についても、連合大阪講師団の活用も含め、次の時代を担う連合のリーダーを育成していくことに努めます。
  2. 連合大阪が取り組む教育活動と連携しながら、研修会をはじめ人材育成のための諸施策を検討・実施していきます。
  3. 労働運動・文化の継承の必要から、産別を越えた若手男女リーダーの組織的な活動を進めます。
(7)広報活動
  1. 大阪南地域協議会のHPを活用し、傘下組合の紹介や地域のトピックスを積極的に掲載し、社会的に認知されるよう情報発信をして行きます。
  2. 「連合大阪の日」の街頭行動を継続実施し、連合運動の社会的アピールをして行きます。
  3. 連合大阪マンスリーに地域の活動を掲載することなどを検討し、傘下組合員の末端への広報活動に努めます。
(8)政治運動
  1. 連合大阪推薦議員と地域の政策・制度について、定期的な意見交換をしていきます。また、大阪南協議会と連携し、首長との懇談会をもつなど、関係強化を図ります。
  2. 連合大阪の方針に則り、民主党候補者の必勝のために地域・地区協の役割を果たしていきます。
  3. 各種選挙の取り組みについては、連合大阪の方針を基準としながらも、地区協での検証・確認を充分行った上、推進します。推薦に当たっては、民主党を中心とした候補者の推薦基準を重視し、従来に増して活動実績の検証及び政策協定の意義を充分確認し、決定いたします。
  4. 首長・市町議会議員選挙の取り組みについては、支援候補者の必勝に向けて地域・地区協一丸となった取り組みを進めて行きます。
<首長> 2015年 4月 高石市
2015年 8月 熊取町
<市町議会> 2015年 4月 堺市 高石市 泉大津市
岸和田市 貝塚市 忠岡町
熊取町 田尻町 岬町
(9)周年記念行事
  1. 泉州地区協議会発足から数えて10周年を迎え、記念事業を開催します。
  2. 記念事業の開催にあたっては、幹事会にて10周年を祝える事業を検討します。

OB会設立総会

12月12日(金)テクスピア大阪にて16名参加のもと、泉州地区役員OB会設立総会が開催されました。次第は以下の通りです。

<次第>

○解散総会 18:00~18:10
2008年11月発足の泉州地区OB会(泉州地区役員経験者のみが対象)を発展的に解散。

○設立総会 18:30~18:50
旧泉北・岸貝地区役員経験者を含む新たなOB会を設立。

1.開会挨拶(司会進行) 和田 泰延

2.泉州地区協議会役員OB会運営要綱(案)

3.役員選出

会 長  金子 豊光(泉北地区協議会3代目議長,泉州地区協議会初代議長)

副会長 和田 文秀(前泉州地区OB会会長)

坂下 善久(泉北地区副議長)

事務局長 和田 泰延(岸貝地区事務局次長,泉州地区初代事務局長)

顧 問   西山  弘(泉北地区初代議長)

西野 武一(岸貝地区初代議長)

相談役  富川   彰(岸貝地区2代目議長)

4.役員代表挨拶 会長 金子 豊光

5.活動方針(案)

①OB会役員の相互の親睦と交流を図り豊かな生活を創造する。

②連合大阪泉州地区協議会の発展と諸活動の協力を推進する。

・メーデーの参加・各級選挙協力と政治活動の支援

・クリーンキャンペーン等の参加協力等

③その他、連合大阪南地域協の役員OB会との連携協力

6.閉会挨拶 顧問 西野 武一

司会進行(和田事務局長) 参加頂いた皆さん
司会進行(和田事務局長)/参加頂いた皆さん
金子会長挨拶 閉会挨拶(西野顧問)
金子会長挨拶/閉会挨拶(西野顧問)

連合大阪泉南地区協議会 第5回地区委員会/OB会設立総会

Filed under: 地区協議会,大阪南OB会,活動報告 — 事務局 @ 14:39:29

第5回地区委員会

委員会議長(泉南地区教職員組合 荒木氏) 泉南地区協議会は12月12日貝塚市市民福祉センターにおきまして第5回地区委員会を開催いたしました。

総会は役員16名代議員24名の参加で成立し、第25年度活動経過報告、決算・会計監査報告、第26年度補強方針(案)、第26年度予算(案)、役員の一部交代について、第5回地区委員会決議(案)が満場一致で可決されました。

また、今大会で退任された以下の方々へ感謝状を贈呈いたしました。

【退任役員】

  • 監査(兼)幹事 村上 常治さん(南海電気鉄道労組)
  • 幹事 甲斐 裕二さん(貝塚市労連)
  • 幹事 向井 大輔さん(水間鉄道労組)
  • 幹事 蔵野 和広さん(田尻町職員組合)
  • 幹事 奥村 光男さん(熊取町職員組合)
宮﨑議長挨拶 代議員の皆さん
宮﨑議長挨拶/代議員の皆さん
連合大阪佐伯副事務局長挨拶 第26年度補強方針提案(小川事務局長)
連合大阪佐伯副事務局長挨拶/第26年度補強方針提案(小川事務局長)
第5回地区委員会決議提案(杉村副議長) 退任表彰 甲斐氏(右)
第5回地区委員会決議提案(杉村副議長)/退任表彰 甲斐氏(右)
 

第26年度補強方針(案)

Ⅰ.はじめに

第25年度の活動は、連合大阪が目指す社会像である「働くことを軸とする安心社会」を視点に置きながら、連合大阪・大阪南地域協議会の運動方針に基づき、堺・泉州地区協議会と連携を図りながら、泉南地区エリアにおける働く者の代表者として、働きやすい・暮らしやすい街づくりを目指し、顔の見える連合活動に取り組んできました。

昨年も政治活動を中心とした取り組みの中で、各市町における政策課題を推薦議員との間で議論を深められたことについては、大きな成果が得られました。

しかしながら、非正規労働者や未組織労働者を視野に入れた取り組みに対しては、労働者の生活の安全安心を守るために、より一層連携した運動の強化が必要であります。

こうした状況から、向こう1年間の運動方針を補強し、「絆」を基軸として「働くことを軸とする安心社会」の実現に向けた取り組みをさらに強化していきます。

Ⅱ.具体的な補強(案)について

1)組織運動について
  1. これまで進めてきた上部団体未加盟組織に対する連合との共同活動(仲間づくり)への呼びかけを推進します。
  2. 泉南地区OB会と連携し、現役との交流を活発に実施して組織活動の強化を図ります。
  3. 泉南地区協議会幹事・役員単組間で、若手や女性が中心となった交流の場を積極的につくります。
2)政治活動

第18回統一地方選挙では「働くことを軸とする安心社会」の実現のために連合推薦議員の議席確保に向けた取り組みを強化する必要があります。各地区協議会は連合推薦候補者との連携を深めることが大切であり、全ての推薦候補者の必勝に向けて地域・地区協議会が一丸となって取り組みます。

第18回統一地方選挙

貝塚市議会議員 候補者  平岩  征樹

岬町議会議員   候補者  田島  乾正

Ⅲ.組織運営

1)組織体制の強化について
  1. 5役会議は、重要案件についての事前の意見交換・調整の場として運営します。
  2. 幹事会は、泉南地区協議会の最も重要な機関決定会議であることから、毎月1回の定例開催とし、今後も高い参加率を維持するため議事運営に努めます。

OB会設立総会

12月12日(金)18時より貝塚市市民福祉センターにてOB11名参加のもと、泉南地区役員OB会設立総会が開催されました。次第は以下の通りです。

<次第>

1.開会挨拶(司会進行)連合大阪泉南地区協議会 事務局長 小川正純

2.発起人挨拶

連合大阪泉南地区協議会 議長 宮﨑 孝行

3.来賓挨拶

連合大阪大阪南地域協議会役員OB会  会長 中西 喜夫

4.泉南地区協議会役員OB会運営要綱(案)

5.役員選出(案)

会  長  有馬 政之(前議長・JAM)

事務局長 田村 善行(元議長代行・JAM)

幹  事  村田  修(元副議長・電力総連)

阪本 光司(元事務局次長・日教組)

山本 武彦(元幹事・私鉄総連)

泉尾 正義(元事務局長・自治労)

6.役員代表挨拶 会長 有馬 政之

7.堺地区協議会役員OB会運営要綱の確認

8.活動方針(案)

①OB会役員の相互の親睦と交流を図り豊かな生活を創造する。

②連合大阪泉南地区協議会の発展と諸活動の協力を推進する。

  • ・メーデーの参加・各級選挙協力と政治活動の支援
  • ・クリーンキャンペーン等の参加協力等

③その他、連合大阪南地域協の役員OB会との連携協力

9.閉会挨拶 幹事 泉尾 正義

来賓挨拶(大阪南OB会中西会長) 有馬会長挨拶
来賓挨拶(大阪南OB会中西会長)/有馬会長挨拶
泉尾幹事による閉会挨拶
泉尾幹事による閉会挨拶

2014/12/13 土曜日

連合大阪堺地区協議会 第5回地区委員会/OB会設立総会

Filed under: 活動報告 — 編集部 @ 2:16:12

第5回地区委員会

11月28日(金)16時より、ホテル第一堺において、役員20名、代議員65名が出席し、連合大阪堺地区協議会第5回地区委員会を開催しました。

地区委員会では、第26年度補強方針(案)、第26年度予算(案)、第5回地区委員会決議(案)、第18回統一地方選挙勝利に向けた特別決議(案)など、5つの議案について審議し、全議案を満場一致で可決決定しました。

また、長きにわたって堺地区協議会にご尽力いただき、今期で退任された4名の役員の方に対し、その功績を称え表彰を行ないました。

【退任役員】

  • 副議長 越智  要さん(ステラケミファユニオン)
  • 副議長 尾崎 拓司さん(新日鐵住金和歌山労組)
  • 幹事  狼谷 將之さん(シャープ労組堺支部)
  • 幹事  林   正さん(西日本旅客鉄道労組)
藤原議長挨拶 委員会議長(左:大阪ガス労組阿部氏,右:コニカミノルタ労組地大氏)
藤原議長挨拶/委員会議長(左:大阪ガス労組阿部氏,右:コニカミノルタ労組地大氏)
第5回地区委員会決議 第18回統一地方選挙勝利に向けた特別決議
第5回地区委員会決議/第18回統一地方選挙勝利に向けた特別決議
退任役員表彰 退任挨拶(越智氏)
退任役員表彰/退任挨拶(越智氏)

第26年度補強方針

I.はじめに

連合堺地区協議会は、第21回定期総会(2013年11月29日)で第25・26年度運動方針を確立した。

労働運動において、連合の果たすべき役割は大きく、連合大阪の地域・地区運動組織のリーダとして、堺地区協議会は「働くことを軸とする安心社会」の実現を視点におきながら、「愛・笑顔・幸せ!!希望ある明日に向けて」を合言葉に各種活動を展開してきた。

労働運動の原点は職場であり、職場組合員から信頼される活動を多種多様化するこの時代の中でどう展開するかが大きな課題となっている。そうした中で、2014春季生活闘争においては、多くの産別・単組が賃金改善の結論をみた。しかし一方で、私たち労働者を取り巻く環境は、労働者保護ルールの改悪が進められようとするなど、予断を許さない状況である。

「働くことを軸とする安心社会」とは、「働くことにもっとも重要な価値を置き、誰もが公正な労働条件のもとに多様な働き方を通じて社会に参加でき、社会的・経済的に自立することを軸とし、それを相互に支え合い、自己実現に挑戦できるセーフティネットが組み込まれている活力あふれる参加型の社会」であり、何より働くものが安心安定して生活できる環境をつくることが必要である。

こうした状況認識から、運動方針を補強し、堺地区において「働くことを軸とする安心社会」の実現に向けた取り組みをさらに強化していくこととする。

Ⅱ.具体的な取り組み

1.   組織運動

(1) 堺地区の組織力強化に向けては、連合活動への理解浸透が不可欠であり、各構成組織・単組の巡回を実施し、理解活動を強化する。

(2) 発足する堺地区OB会と現役役員との連携を活発に行い、組織強化を図る。

2.   政治運動

(1)次期第18回統一地方選挙では「働くことを軸とする安心社会」の実現に向け連合推薦議員をはじめ推薦した予定候補者の議席獲得に向けた取り組みを強化する必要がある。堺地区のみならず、泉州・泉南地区をはじめ、各構成組織・単組との連携を深め必勝に向けて一丸となって取り組む。

(2)第47回衆議院議員選挙では、「働くことを軸とする安心社会」の実現に向け、連合推薦候補者の当選を目指し堺地区の総力を挙げて全力で取り組む。

(3)連合推薦議員との連携強化を目的とした、「政策・政治フォーラム」が設立されることなった。連合大阪・大阪南地域と連携し本フォーラムの主旨に沿った形での運営に参画し推薦議員との連携を強化する。

3.私たちのまち「堺市のあり方」

私たちが働き、暮らすまち「堺」がどうあるべきかについて、堺市に対し政策・予算要求を行うとともに、各審議会にも積極的に参画し、意見反映できる取り組みを強化する。

そのために、堺市議会議員との政策懇談会の充実や行政の取り組みに対する理解を深める活動に取り組む。

OB会設立総会

11月28日(金)17時よりホテル第一堺にて25名参加のもと、堺地区役員OB会設立総会が開催されました。次第は以下の通りです。

<次第>

1.開会挨拶(司会進行) 池口敏雄

2.連合大阪堺地区協議会OB会設立発起人紹介

【藤原 広行/高橋 宣久/清水 謙一/一瀬 幹雄/池口 敏雄】

3.発起人代表挨拶 一瀬幹雄

4.来賓挨拶

連合大阪大阪南地域協議会役員OB会  会長 中西 喜夫

5.役員選出

会長   高橋 宣久

副会長  清水 謙一

副会長  一瀬 幹雄

事務局長 池口 敏雄

顧問   戸田 啓義

6.役員代表挨拶 会長 高橋宣久

7.堺地区協議会役員OB会運営要綱の確認

8.活動方針(案)

①OB会役員の相互の親睦と交流を図り豊かな生活を創造する。

②連合大阪堺地区協議会の発展と諸活動の協力を推進する。
・メーデーの参加・各級選挙協力と政治活動の支援
・クリーンキャンペーン等の参加協力等

③その他、連合大阪南地域協の役員OB会との連携協力

9.閉会

発起人挨拶(一瀬氏) 来賓挨拶(大阪南OB会中西会長)
発起人挨拶(一瀬氏)/来賓挨拶(大阪南OB会中西会長)
参加頂いた皆さん 参加頂いた皆さん
参加頂いた皆さん
参加頂いた皆さん 高橋会長挨拶
参加頂いた皆さん/高橋会長挨拶

2013/1/11 金曜日

連合大阪泉南地区協議会 第4回地区委員会

Filed under: 活動報告 — 編集部 @ 16:54:21
宮﨑議長 泉南地区協議会は12月14日ベルビューガーデンホテル関西空港におきまして第4回地区委員会を開催いたしました。

総会は役員17名代議員24名の参加で成立し、第23年度活動経過報告、決算・会計監査報告、第24年度補強方針(案)、第24年度予算(案)が満場一致で可決されました。

この定期総会におきまして、4名の方が退任されました。総会ではその功労を称え、連合大阪からの感謝状と泉南地区協議会からの記念品贈呈が行われました。

また、懇親会ではご来賓として連合大阪佐伯副事務局長,藤原貝塚市長,向井泉南市長,福山阪南市長,田代岬町長,有馬泉南地区相談役にもご参加頂きました。

【退任役員】

  • 副議長 前田  奨さん(Kグランドサービス労組)
  • 事務局次長 藤井 吉隆さん(阪南市職員組合)
  • 監査(兼)幹事 片岡 正規さん(新日本工機岬工場労組)
  • 幹事 清原 洋人さん(熊取町職員組合)
委員会議長(岬町職員組合 中筋さん) 連合大阪 佐伯副事務局長
写真左:委員会議長(岬町職員組合 中筋さん)/
写真右:連合大阪 佐伯副事務局長
連合大阪大阪南地域協議会 鎌倉議長 議員代表 木下泉南市議会議員
写真左:連合大阪大阪南地域協議会 鎌倉議長/
写真右:議員代表 木下泉南市議会議員

第24年度補強方針(案)

1.はじめに

第23年度の活動は、連合が目指す社会像である「働くことを軸とする安心社会」を視点に置きながら、連合大阪・大阪南地域協議会の運動方針に基づき、大阪南地域協議会及び堺・泉州地区協議会と連携を図りながら、泉南地区エリアにおける働く者の代表として、働きやすい・暮らしやすい街づくりを目指し、地域に密着した顔の見える連合運動を展開してきました。

昨年度も政治活動を中心とした取り組みがその多くを占める中で、各市町における政策課題を推薦議員との間で議論が深められたことについては、一定の成果が上げられた。しかしながら、非正規労働者や未組織労働者を視野に入れた取り組みに対しては、労働者の生活の安心安全を守るために、地域で根ざした取り組みを一層強化する必要があります。

第24年度においては、連合大阪・大阪南地域協議会で示された補強方針を加えながら、泉南地区協議会の独自性を持った取り組みとするため、構成する組織組合員の思いや要望を加えて地区の「絆」を軸とし進めていきます。

2.具体的な補強(案)について

1)組織運動について
  • ・これまで進めてきた上部団体未加盟組織に対する連合との共同活動(仲間づくり)への呼びかけを推進します。
  • ・地区協議会幹事役員・単組間で、若手や女性が中心になった交流の場を積極的に作っていきます。
2)政治活動

民主党政権において子ども・子育て施策の拡充や雇用・労働に関連した法改正など連合の政策要求が実現したが、政権運営の未熟さにより支持率が急速に低下し、その結果、地方選挙においては非常に厳しい結果となりました。

各種選挙の取り組みについては、連合大阪の方針を基準とし、次期第46回衆議院選挙ならびに第23回参議院選挙での必勝に向け取り組みます。また、地方議会の基盤づくりのためにも、首長・市町議会議員選挙では支援候補者の必勝に向け地域・地区・構成組織が一丸となって取り組みます。

〈首長〉  2013年 岬町

〈市町議会〉2013年 阪南市

3)組織運営
  • ・5役会議は、重要案件についての事前の意見交換・調整の場として運営します。
  • ・幹事会は、泉南地区協議会の最も重要な機関決定会議であることから、毎月1回の定例開催とし、今後も高い参加率を維持するため議事運営に努めます。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このNewsは、以下のページの一部または全部を再掲したものです。
連合大阪泉南地区協議会 第4回地区委員会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2012/12/21 金曜日

連合大阪泉州地区協議会 第4回地区委員会

Filed under: 活動報告 — 編集部 @ 17:48:22

私たち泉州地区協議会は12月14日(金)テクスピア大阪におきまして第4回地区委員会を開催いたしました。地区委員会は役員25名代議員48名の参加で成立し、経過・活動報告、決算・会計監査報告、第24年度運動補強方針・予算・役員体制が「異議なし」の声と満場の拍手で可決されました。

泉州地区協議会は23年度より、予算科目を上部団体の予算科目に合わせることと、労働福祉事業会計を新たに設けることとしました。この特別会計は行政からの労働者福祉事業に対する補助金の使われ方の「見える化」を図ることを目的とした会計です。各自治体において行財政改革が進む中、行政に向けて補助金の使われ方を明確にするとともに地区協議会の活発な活動の報告を行うことにより、労働者福祉に対する理解と、更なる充実を求めるためです。

24年度についても引き続きこの方向性を踏襲し、予算科目の運用について更に連合大阪の運用に合わせることとしました。定期総会では、22年度より結成された行事運営実行委員会を基軸に、労働福祉事業活動の充実に引き続き取り組むことと、政治活動としては、民主党の責任ある応援団として、これまでと同様の支援を行うことが確認されました。

この定期総会におきまして、4名の方々が退任され、表彰規定によりその功労を称え表彰が行われました。

定期総会後の懇親交流会は、連合大阪南地域協議会鎌倉議長の挨拶と乾杯の発声で始まりました。来賓の阪口高石市長と和田忠岡町長も懇親会にご参加頂き、連合大阪推薦首長である阪口市長から連帯のご挨拶を頂戴しました。

終盤では、恒例となっている役員挨拶を兼ねた企業の営業広報活動が展開され、最後は反保副議長の閉会の挨拶、高橋副議長の「団結がんばろう!」で締めくくられました。

連合泉州は、愛のある‐[絆]-で繫がった地区協を目指し地道な活動を展開しています。今後ともよろしくお願いいたします!

(泉州地区協議会事務局長 藤原一也)

【退任役員】

  • 副議長 山下 敏さん(三井化学労組)
  • 事務局次長 山野 英次さん(センシュー労組)
  • 事務局次長 谷内 直輝さん(日鐵住金建材労組大阪支部)
  • 幹事 浜崎 和明さん(松浪硝子工業労組)

.

野内議長挨拶 連合大阪井尻副事務局長挨拶
退任者表彰(山野英次さん) 退任者表彰(谷内直輝さん)
阪口高石市長挨拶 第24年度役員挨拶
第24年度役員挨拶 団結がんばろう!

第1号議案 第24年度 補強方針(案)

1.はじめに

連合大阪第22回地方委員会が10月26日に開催、連合大阪南地域協議会第4回地域委員会が11月9日にそれぞれ開催されました。そのなかで確認された方針に基づき連合泉州地区協議会は運動を進めていきます。連合大阪では「働くことを軸とする安心社会を築こう!!」を合言葉に運動を展開していくことが確認され、大阪南地域協議会では、今年度もキーワードは引き続き‐[絆]-として、地域協・地区協組織・構成産別単組の強固な関係を維持発展させるとともに、働く仲間の皆さん全てを対象に、愛のある活動を強化していくとしています。

連合泉州地区協議会は23・24年度の運動方針について、幹事単組間や幹事単組リーダーと組合員間、組合員と組合員、相互のコミュニケーション向上を図る運動の発展を展開することを目指しています。‐[絆]-愛のある活動から生まれます、幹事会の団結を機軸に新しい世代に繋げる愛のある活動を取り組んできました。

国難とされる東日本大震災への対応等、民主党への期待の裏返しや既成政党への不信感が、地域政党の躍進となるなか、突然の衆議院解散総選挙となった現在、連合運動の最前線に位置する地区協議会は、市民・労働者の立場に立った取り組みを実行していかなければなりません。政権交代による民主党の実績をしっかりと総括し、責任ある応援団として労働者・市民の立場から、政治活動への取り組みを実施していきます。

連合泉州地区協議会は、これまでの運動の充実を基軸に、傘下の行政との連携を深め、市民・労働者と地方行政そして政府を愛のある‐[絆]-で繋げ「労働者を中心とした福祉型社会の実現」に向け引き続き取り組んでいきます。

また、連合の運動を永遠に繋げて行くよう、各構成組織・地区協組織・単組のご協力を切にお願いします。

連合泉州 スローガン

愛と絆で温もりのある連帯を築き
働くことを軸とする安心社会を築こう!!

2.具体的な活動の総括

(1)組織運動
  1. 連合泉州地区組織に集う地域・地区組織・構成組織・各単組においてのコミュニケーション向上運動を、具体策を検討し展開致します。
  2. 「ライフサポートセンター大阪南」の広報を充実させ、地域の相談機能としてのワンストップサービス活動を充実します。また、ライフサポートセンターでの相談や地域での情報ならびに産別での取り組みなどと連携しながら、仲間の拡大にも取り組みます。
  3. 地区協・産別組織との連携で、傘下組合への訪問などにより構成組織のネットワークの強化を図るとともに「すべての職場に労働組合を」を合言葉に組織拡大、組織強化を推進します。
  4. 連合未加盟組合へ協調関係の呼びかけを、構成組織・地区協の協力を得ながら継続推進します。
  5. 役員OB会との連携をしながら地域運動の組織強化を推進します。
(2)社会運動
  1. 連合泉州地区組織に集う地域・地区組織・構成組織・各単組においてのコミュニケーション向上運動を、具体策を検討し展開致します。
  2. 「ライフサポートセンター大阪南」の広報を充実させ、地域の相談機能としてのワンストップサービス活動を充実します。また、ライフサポートセンターでの相談や地域での情報ならびに産別での取り組みなどと連携しながら、仲間の拡大にも取り組みます。
  3. 地区協・産別組織との連携で、傘下組合への訪問などにより構成組織のネットワークの強化を図るとともに「すべての職場に労働組合を」を合言葉に組織拡大、組織強化を推進します。
  4. 連合未加盟組合へ協調関係の呼びかけを、構成組織・地区協の協力を得ながら継続推進します。
  5. 役員OB会との連携をしながら地域運動の組織強化を推進します。
(3)政策・制度運動
  1. 政策提言の取り組みは地域活動の重要な課題となっていることから、連合大阪からの要請のみならず地域・地区での政策課題については、従来に増して連合推薦議員と内容を充分協議して取り組むこととします。
  2. 自治体への政策・制度要請は、可能な限り地区協代表と首長および幹部との懇談会を開催することを基本として推進します。
  3. 地区選出の民主党議員団との懇談会を開催し、労働問題に関する課題や地域自治体からの要望について意見交換し、政権政党としての回答を求めていきます。
(4)雇用・労働施策
  1. 各自治体での労働政策関係部署の設置と拡充を求めるとともに、懇談会など機会ある毎に労働施策の推進に参加します。
(5)男女平等運動
  1. 男女平等参画社会の実現に向けた取り組みに対して地区としても積極的に参加していきます。
  2. 地区組織会議への参加や各種イベント等に女性参加を求めていきます。
  3. 女性役員の拡充に努力します。
(6)教育・文化活動
  1. 連合大阪が進める若年者に対する労働教育についても、連合大阪講師団の活用も含め、次の時代を担う連合のリーダーを育成していくことに努めます。
  2. 連合大阪が取り組む教育活動と連携しながら、研修会をはじめ人材育成のための諸施策を検討・実施していきます。
  3. 労働運動・文化の継承の必要から、産別を越えた若手男女リーダーの組織的な活動を進めます。
(7)広報活動
  1. 大阪南地域協議会のHPを活用し、傘下組合の紹介や地域のトピックスを積極的に掲載し、社会的に認知されるよう情報発信をして行きます。
  2. 「連合大阪の日」の街頭行動を継続実施し、連合運動の社会的アピールをして行きます。
  3. 連合大阪マンスリーに地域の活動を掲載することなどを検討し、傘下組合員の末端への広報活動に努めます。
(8)政治運動
  1. 連合大阪推薦議員と地域の政策・制度について幹事会で議会報告をしてもらうなど、定期的な意見交換をしていきます。また、大阪南協議会と連携し、首長との懇談会をもつなど、関係強化を図ります。
  2. 12月16日に実施される衆議院議員選挙及び2013年に施行される参議院選挙においては、連合大阪の方針に則り、民主党候補者の必勝のために地域・地区協の役割を果たしていきます。
  3. 各種選挙の取り組みについては、連合大阪の方針を基準としながらも、地区協での検証・確認を充分行った上、推進します。推薦に当たっては、民主党を中心とした候補者の推薦基準を重視し、従来に増して活動実績の検証及び政策協定の意義を充分確認し、決定いたします。
  4. 首長・市町議会議員選挙の取り組みについては、支援候補者の必勝に向けて地域・地区協一丸となった取り組みを進めて行きます。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このNewsは、以下のページの一部または全部を再掲したものです。
連合大阪泉州地区協議会 第4回地区委員会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2012/12/6 木曜日

連合大阪堺地区協議会 第4回地区委員会

Filed under: 活動報告 — 編集部 @ 18:17:04

11月30日(金)16時より、ホテル第一堺において、役員23名、代議員62名が出席し、連合大阪堺地区協議会 第4回地区委員会を開催しました。

地区委員会では、第24年度重点活動(案)、第24年度予算(案)、地区委員会決議など、4つの議案について審議し、全議案を満場一致で可決決定しました。

堺地区協議会の合言葉である「愛・笑顔・幸せ!!希望ある明日に向けて」の通り、「愛があふれ、笑顔いっぱいに、幸せを実感できる」社会をめざし、「働くことを軸とする安心社会」の実現に向けた取り組みをさらに強化させていきます。

また、長きにわたって堺地区協議会にご尽力いただき、今期で退任された4名の役員の方に対し、その功績を称え表彰を行ないました。

  • 事務局次長:桐野  誠さん(関西電力労組南大阪支部)
  • 幹事:渡邉 泰彦さん(シャープ労組堺支部)
  • 幹事:熊野 昌也さん(南海電鉄労組)
  • オブ幹事:森  義仁さん(三宝伸銅労組)

(堺地区協議会事務局長 川井勇二)

藤原議長挨拶 委員会議長(左:大交労組辻本氏,右:南海バス労組中井氏)
退任挨拶(関電労組:桐野氏) 退任挨拶(シャープ労組:渡邉氏)
退任挨拶(南海電鉄労組:熊野氏) ガンバロー三唱
===========================

第24年度重点活動

はじめに

連合大阪堺地区協議会は、第20回定期総会(2011年12月2日)で第23・24年度の運動方針を確立した。

労働運動において、連合の果たすべき役割は大きく、連合大阪の地域・地区運動組織のリーダーとして、堺地区協議会は、「働くことを軸とする安心社会」の実現を視点におきながら、合言葉である「愛・笑顔・幸せ!!希望ある明日に向けて」の通り、「愛があふれ、笑顔いっぱいに、幸せを実感できる」社会を目指して各種の取り組みを積み重ねてきた。

しかし大阪においては、高止まりしたままの失業率、全国に比して高い非正規労働者比率、逆に全国と比して低い女性労働力率、さらには低迷する労働組合組織率など、私たち労働者、労働組合を取り巻く環境は依然として厳しい状況にある。

また、労働組合の権利や既存の価値観を客観的な検証もないままに否定しようとする手法は許されるものではない。

そして、大阪の大都市制度のあり方が議論され、それに堺市も巻き込まれる動きが出ている。

こうした状況認識から、運動方針を補強し、堺において「働くことを軸とする安心社会」の実現に向けた取り組みをさらに強化していくこととする。

1.組織力強化

「働くことを軸とする安心社会」の実現に向けては、堺地区協議会の伝統である組織力をさらに高め、今日の厳しい環境下だからこそ、より組織力に重点を置き、「メーデー」をはじめ、働く仲間が集うさまざまな機会を通じ、若手や女性も含んだ堺地区が一体となった取り組みをより強化する必要がある。

また、連合は2020年を見据え「1000万連合実現プラン」を策定した。この壮大なプランに基づき、堺地区協議会としても各級組織との連携を強め、組織拡大の取り組みを強化していくこととする。

2.政治活動

2009年8月の総選挙で、連合結成以来の悲願であった政権交代が実現し、国民の高い期待を受けてスタートした民主党政権であったが、当初、期待していた成果が上げられず、民主党への支持率は急速に低下している。

一方で、政権交代が実現して以降、連合と政府との対話の機会も増え、子ども・子育て施策の拡充、雇用のセーフティネットの拡大、労働法制の規制強化、最低賃金の大幅な引き上げなど、労働者の視点に立った政策が少なからず実現したことも事実である。

連合がめざす「新21世紀社会保障ビジョン」、「第3次税制改革基本大綱」の実現に向けて、与党である民主党と連合は引き続き連携をはかっていく必要がある。

そのため、次期の第23回参議院選挙および第46回衆議院選挙では、低迷している民主党への国民の信頼を再び取り戻し、民主党が引き続き政権を担い、「働くことを軸とする安心社会」の実現に向けて、民主党政権を維持するための議席確保に向けたと取り組みを強化していくこととする。

3.私たちの街「堺市のあり方」

大都市制度・地方行政のあり方について、堺市がどうあるべきかについて、堺市で働く者、堺市に暮らす者の立場として、堺市に政策・予算要求を行うとともに審議会にも積極的に参画し、意見反映できる取り組みを強化する必要がある。

また、堺市において、「働くことを軸とする安心社会」の実現に向けて、連合推薦市議会議員との政策懇談会の充実や来年の堺市長選挙では、政策の基調を共有し、協働できる候補者の必勝に向けた取り組みを強化していくこととする。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※このNewsは、以下のページの一部または全部を再掲したものです。
連合大阪堺地区協議会 第4回地区委員会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010/12/17 金曜日

連合大阪泉州地区協議会 第3回地区委員会

Filed under: 活動報告 — 事務局 @ 12:21:53
代議員の皆さん 私たち泉州地区協議会は12月10日テクスピア大阪におきまして第3回地区委員会を開催いたしました。地区委員会は役員26名代議員51名の参加で成立し、経過・活動報告、決算・会計監査報告、22年度補強方針、22年度予算、役員体制が「異議なし」の声と満場の拍手で可決されました。

 この地区委員会におきまして、佐藤前幹事が退任され、表彰規定によりその功労を称え表彰が行われました。地区再編から泉州地区協の礎を築いて頂いた佐藤前幹事への感謝の拍手はとても大きく感じられました。

 来年度は第17回統一地方選挙が実施されます。泉州地区協議会としても連合推薦候補者の必勝を果たすため地区委員会において第3号議案として「第17回統一地方選挙の必勝決議」が決議され、地区委員会終了後「第17回統一地方選挙勝利に向けた決起集会」を開催いたしました。

 地区委員会・決起集会終了後に、懇親交流会が来賓の方々・幹事・代議員含め88名の参加で開催されました。

懇親会 野内議長挨拶 懇親交流会は、野内議長の挨拶のあと、懇親会場である泉大津市を代表し、泉州地区唯一の連合推薦首長である神谷泉大津市長から感謝と連帯の力強い挨拶を頂き、吉村副議長の乾杯の発声で始まりました。

 懇親交流会では、役員挨拶を口実に企業のPRと営業広報活動が展開され、最後に反保副議長の気合の入った「団結がんばろう!」で締めくくりました。

 連合泉州は昨年度、金子議長から野内議長へバトンが渡され、これまでの伝統の継承と絆づくりを大切にする取組みに努めて参りました。幹事役員から単組役員そして組合員への仲間づくり、「まず顔見知りになる」ことが、単組・産別を超えた運動体である連合の運動の礎であると考え、民主党18区総支部とともに市民を巻き込んだ地区メーデーの実施から秋の泉州・泉南地区合同ファミリーイベントまで少しずつ仲間の輪を広げる運動を進められたと感じています。

 連合泉州は、今地区委員会で確認された補強方針に基づき、野内議長を中心に愛のある‐[]-で繫がった地区協を目指し取り組みをスタートします。今後ともよろしくお願いいたします。良いお年を!

(泉州地区協議会事務局長 藤原一也)

総会議長(JAM JFE継手労組:露口さん) 特別決議案
退任表彰 総会後のガンバロウ!
役員挨拶

(more…)