HOME大阪南地域協News

2014/2/14 Friday

2014(平成26)年度 自治体政策・予算に対する要請

Filed under: 主張・提言 — 編集部 @ 14:13:58

大阪南各自治体へ、「2014(平成26)年度 自治体政策・予算に対する要請」と「子ども・子育て会議 労働者代表の参画要請」を行いました。

地区 要請日 自治体名 要請方法
2013年11月7日 堺市 市長及び担当者との懇談
泉州 2013年10月30日 高石市 市長及び担当者との懇談
2013年12月20日 泉大津市 市長及び担当者との懇談
2013年12月19日 和泉市 市長及び担当者との懇談
2013年12月4日 忠岡町 町長及び担当者との懇談
2013年10月30日 岸和田市 市長及び担当者との懇談
泉南 2013年12月24日 貝塚市 市長及び担当者との懇談
泉佐野市 担当者との懇談
泉南市 担当者との懇談
阪南市 担当者との懇談
熊取町 担当者との懇談
田尻町 担当者との懇談
岬町 担当者との懇談

.

堺市 左:堺地区藤原議長 右:堺市竹山市長 高石市左:泉州地区野内議長 右:高石市阪口市長
(左)堺市/(右)高石市
忠岡町左:泉州地区野内議長 右:忠岡町和田町長 貝塚市 左:泉南地区宮﨑議長 右:貝塚市藤原市長
(左)忠岡町/(右)貝塚市

2013/10/15 Tuesday

第2回OB会こころ合わせイベント 阪南観光ハイキング

Filed under: 活動報告 — 編集部 @ 15:11:25
  • 日時:2013年10月5日(土) 10時〜13時30分
  • 場所:阪南市内
  • 参加者:17名
集合場所 尾崎駅
集合場所 尾崎駅

昨年の「岸和田市 カーネーション散策」に次いで、今年は「阪南市 歴史散策」を開催。17人のOB(現役4人含む)の方に集まって頂き、「はんなんマップ悠歩みち」の浜街道コースその1をボランティアの方の案内で散策しました。尾崎駅から鳥取の荘へ海岸に沿うコースで別名孝子越街道ともいわれ、全体として昔を偲ばせる古いおもむきのある街並みでありました。

旧尾崎村役場は昭和3年に建築された当時近隣では類を見ない豪華な鉄筋コンクリート3階建ての建物で、今も堂々とその雄姿をみせてくれています。その隣には作りの違う社が2つ隣り合わせに建つ日本でも珍しい「尾崎神社」もありました。

旧尾崎村役場 尾崎神社
(左)旧尾崎村役場/(右)尾崎神社

その他にも、秋祭りの時に波太神社から神輿が運ばれ海の中に入るという「えびの浜」、ひときわ目立つ大きな塀に囲まれた「西本願寺尾崎別院」などなど、隣町に住みながらも知らないことが多いなあと感じつつ、阪南市の良さを再発見できた散策になりました。

御輿台 えびの浜
(左)御輿台/(右)えびの浜
西本願寺尾崎別院
西本願寺尾崎別院

そして忘れてはならないのが、日本酒「浪速正宗」を一心に作り続けて300年、浪速酒造の存在であります。全国新酒鑑評会で金賞を9回も受賞されている由緒ある酒造メーカーです。優しい人柄がにじみ出ている十代目、成子社長自ら酒蔵を案内して頂きました。

残念ながらこの時期は酒造りのOFFシーズンで、静寂を保った現場を見ながら口頭での説明ではありましたが、酒を造る人の働く情景が目に浮かぶようでありました。成子社長は、「美味しい酒の秘密はその技術もさることながら、300年間こんこんと湧き出る美しい水の力が全てです。」と力説されておりました。

浪速酒造 醸造タンク
(左)浪速酒造/(右)醸造タンク

昼食時にここで造られる数々のお酒を試飲させて頂きましたが、普段は焼酎党で日本酒をあまり飲まない方々もこの日は浪速正宗に酔いしれ、そして阪南市の歴史に酔って頂いた素晴らしい企画ではなかったかなと思っております。

昼食を頂いた成子家住宅(登録有形文化財) 集合写真
(左)昼食を頂いた成子家住宅(登録有形文化財)/(右)集合写真

このコースの他にも信長街道コースや熊野(紀州)街道コース、井関越街道コース等があるそうですので、これを機に身近に沢山埋もれたまだ知らない歴史や人物などを探しに行ってみてはいかがでしょうか。御参加頂きました皆さん、本当にありがとうございました。

(事務局長 宮田 浩二)

2010/10/1 Friday

連合「2010平和行動 in 根室」―参加報告―

Filed under: 活動報告 — 事務局 @ 21:17:16

連合大阪大阪南地域協議会幹事 畑中 修二

連合大阪参加者 日ロ平和条約を結ぼう! 四島交流を促進しよう!をスローガンに9月11日、「北方四島学習会」、12日「2010平和ノサップ集会」が、北海道、根室市で開催され、連合大阪をはじめ近畿地方28人で参加をしました。

 北方領土問題とはいうまでもなく、日本固有の領土である択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島に、先の大戦で、日本が降伏の意図を明確にした後に、ソ連軍が侵攻し、それ以降現在まで65年間不法占拠が続けられています。

今、日ロ間では平和条約が締結されておらず、我が国固有の北方四島の返還を早期に実現し、平和に向けた解決が望まれており、連合は、沖縄・広島・長崎と同じ一連の平和運動と位置づけ取り組んでいます。

 北方四島学習会は、北海道立北方四島交流センター「ニ・ホ・ロ」(日本・北海道・ロシア)で開催され、「北方四島を知ろう」「北方四島の自然と将来の共生策」「ロシア風水餃子の作り方」「ふるさと北方四島への思い」「つながる海、めぐるゴミ」の5つのセミナーに分かれ、北方四島の歴史や現在、文化について学習しました。 (more…)