HOME主張・提言 > 記事

堺市からの要請を受け堺雇用推進会議へ参加しました

 米国に端を発した金融危機は世界的な景気悪化を引き起こし、わが国の雇用・経済情勢にも大変厳しい影響を与えました。全国各地で非正規労働者の大量の契約打ち切りや雇い止めなど、深刻な事態が起こっています。

 地域として雇用問題に対処する為、産業界・労働界・行政等が活発に意見交換を行いました。堺市における雇用推進・中小企業支援施策に、連合大阪南としても積極的に提言しました。

日 時

1.2009年1月22日(木) 午後3〜5時 場所:堺市役所
2.2009年2月17日(火)午後1〜3時 場所:堺商工会議所

参加者

大阪南地域協議会 事務局長 平田茂徳

活発な意見交換を行った堺雇用推進会議

活発な意見交換を行った堺雇用推進会議

堺市報道提供資料

雇用の安定に取り組むことで一致

 堺雇用推進会議では、このほど「雇用の安定なくして市民生活の安心はなく、産業界、労働界、行政等が一体となりネットワークを形成し、それぞれの役割を果たし、連携して雇用の安定に取り組む」ことで意見が一致し、今後、各団体が一致協力して、合同企業面接会や雇用対策セミナーなどの雇用対策に取り組むこととし、3月19日、前田会長が木原市長へ報告しました。

 なお、今後は、事業の企画や運営にあたる実務者レベルでの情報交換や連携に引き継いでいきます。

(これまでの経過)
 厳しい雇用環境の中、堺市域の雇用問題に対応するため、本年1月、産業界、労働界、行政等からなる、本会議を立ち上げ、情報交換や対策協議などを行ってきました。
本会議では、先般、堺市に対し「1.中小企業支援による雇用の維持確保、2.就職支援による雇用機会の拡大・雇用の安定化、3.新たな雇用創出」の3点について提案を行いました。それを受けて、堺市では、『堺・雇用創出10,000人作戦-堺市緊急雇用・金融対策-』をとりまとめ、平成21年度予算案として市議会へ上程されています。

  1. 堺雇用推進会議の構成団体が連携協力して取り組む事業
  2. 堺雇用推進会議構成団体(参加メンバー)

  

会長 堺商工会議所 副会頭 前田 寬司
堺経営者協会 専務理事 岡田 芳明
堺市美原商工会 事務局長 奥井 晃明
堺地区勤労者福祉協議会 事務局長 田中 宏和
連合大阪大阪南地域協議会 事務局長 平田 茂徳
堺公共職業安定所 業務部長 古川 芳則
大阪府総合労働事務所 南大阪センター長 岩﨑  剛
財団法人堺市就労支援協会 専務理事 泉谷 賢次
堺市 産業振興局長 太田 慶一



堺雇用推進会議 共同アピール

 米国に端を発した金融危機は、世界的な景気悪化を引き起こし、わが国の雇用・経済情勢にも厳しい影響を与え、全国各地で大量の非正規労働者の契約打ち切りや雇い止め、さらに正規労働者の人員整理などが行われている。
堺市においても、企業の経営環境の悪化が急速に進んでおり、雇用情勢も厳しさを増している。

 このような状況の中、木原堺市長の呼びかけに応え、堺市域の雇用労働問題にかかわる産業界、労働界、行政等からなる「堺雇用推進会議」を立ち上げ、

  1. 中小企業支援による雇用の維持確保、
  2. 就職支援による雇用機会の拡大・雇用の安定化、
  3. 新たな雇用創出

について、堺市に対し提案を行ったところである。この提案を受けて、堺市において「堺・雇用創出10,000人作戦-堺市緊急雇用・金融対策-」がとりまとめられた。

 我々は、「雇用の安定なくして市民生活の安心はなく、産業界、労働界、行政等が一体となりネットワークを形成し、それぞれの役割を果たし、連携して雇用の安定に取り組む」ことで意見が一致した。


堺雇用推進会議の構成団体が連携協力して取り組む事業

求職者向け事業

  • ◎さかいJOBステーション事業の実施(新規)

 「ヤングJOBステーション」の機能を拡充し、非正規雇用から正規雇用をめざす若者を重点的にサポートする「正規就労支援ナビゲーター」や地元企業と求職者の橋渡しをする「人材マッチングコーディネーター」を新設。さらに女性の再就職支援センターを新設し、「さかいJOBステーション」としてリニューアルするとともに、南区にサテライト施設を新設。
<堺市>
 ※5月1日 さかいJOBステーション リニューアルオープン

◇インターンシップ受入れの拡大

 大学生の受け入れ企業での職業体験を通じて、学生の職業意識の醸成や企業とのマッチングを促進する。
<堺経営者協会>

  • ◎新たな雇用創出

 次世代への投資として環境、子育て、安全・安心、都市活力、市政改革の5分野でリーディング事業を、国の「ふるさと雇用再生特別交付金」、「緊急雇用創出事業」制度の活用を図りながら展開することで、新たな雇用を創出します。
<堺市>

  • ◎就職困難者に対する教育・研修の場、働く場の提供

 さまざまな理由で就職が困難な方たちに対して、就労相談や職業訓練を行うとともに、受託業務を活用して働く機会と場を提供します。
<財団法人堺市就労支援協会>

求職者・事業主向け事業

  • ◇合同企業面接会の開催

新規学卒者及び中途採用者を対象に、市内企業等との合同企業面接会を開催
<堺商工会議所、堺経営者協会、堺市美原商工会、堺公共職業安定所、大阪府総合労働事務所、堺市>
※3月19日 緊急雇用対策 さかい合同企業面接会の開催

  • ◇労働相談の実施

 労働者、事業主を対象に労働条件、労働福祉等にかかるさまざまな問題、疑問に対し、助言、情報提供を行う。
<連合大阪大阪南地域協議会、大阪府総合労働事務所、堺市>

  • ◇国の緊急雇用対策の実施

《求職者》
職業相談、職業紹介、職業訓練、住宅確保相談などの就職支援を実施
《事業主》
・「若年者等正規雇用化特別奨励金」等による年長フリーターなどの雇用促進の支援。
・「雇用調整助成金」等による雇用の維持を支援。
<堺公共職業安定所>

事業主向け事業

  • ◎融資制度の創設

 経済情勢の悪化により、資金調達が困難になっている事業者を対象に「資金調達円滑化資金融資」を創設。市内に工場立地や環境負荷低減設備の投資を行う製造業を営む事業者を対象に「ものづくり投資促進資金融資」を創設
   <堺市>
   ※4月1日 制度創設・運用開始

  • ◇雇用対策セミナーの実施

 中小企業緊急雇用安定助成金など国制度に関するセミナーや、労務管理等にかかる雇用管理セミナー・個別相談会の開催
<堺商工会議所、堺経営者協会、堺市美原商工会、大阪府総合労働事務所、堺市>
※3月25日 堺市域労働なんでもセミナーの開催 サンスクエア堺

注1: 構成団体が連携協力して取り組む雇用関連施策のうち、実施時期等が確定しているもののみ、※印を付して記載しています。
注2: 堺雇用推進会議からの提案を受け、堺市の予算案へ新規・拡充事業として盛り込まれたものについては、◎を付しています。

堺市報道提供資料全文(PDF)