HOME加盟組合のご紹介 > 関西電力労働組合 堺港支部

関西電力労働組合 堺港支部

(2020年1月14日現在)
単組・支部名 関西電力労働組合 堺港支部
代表者 執行委員長 吉田 大輔
住 所 〒592-8331 堺市西区築港新町1-2
組合員数 132名(2020年1月現在)+出向者47名

 10年の時を経て、加盟組合紹介を更新することになりました!

 関西電力労働組合堺港支部は、堺港発電所を拠点に関西国際空港エネルギーセンター、岬町にある多奈川第二発電所の組合員、関係会社である堺LNG㈱の出向組合員を管轄し、10年前と比べると、組合員数も1/3程度まで減少する中で、日々の活動を展開しています。

 拠点である堺港発電所は、天然ガスを使用した火力発電所で200万KWの発電能力を有し、大阪・奈良・臨海工業地帯へ電力を供給しています。また、ガス小売自由化に伴い、ガス製造設備を設置しガス供給の拠点にもなっています。

 そうした、総合エネルギー事業を担う私たちは、地域の皆さんに安定して、電力・ガス供給の使命を全うするために、何よりも「安全」を最優先した事業運営となるよう労働組合としての役割を果たすべく取り組んでいます。

 支部の活動は、7名の執行委員をはじめ、各職場の代表者である職場委員、30歳以下の組合員で構成する青年層を束ねる支部リーダを中心にさまざまな活動を行っています。

執行部

執行部

 今回はその中で、「ふれあい行事」と「政治研修会」を紹介します。

 「ふれあい行事」は、組合員と家族の皆さんの交流を目的に、4月ごろを中心に実施しています。毎年、趣向を凝らし多くの組合員の皆さんに参加できるようこれからも取り組んでいきます。

ふれあい行事

ふれあい行事

 また、「政治」の必要性・重要性を再認識するとともに、より身近に政治を感じ取ってもらえるよう「政治研修会」を開催しています。連携する議員の皆さん方を講師に招き、その時々の課題等について、研修しています。今年度は、「都構想」について、理解を深める目的で、堺市議会議員の渕上先生を講師に研修会を行いました。

政治研修会
政治研修会

政治研修会

最後に、
 堺港支部は、連合大阪田中会長の出身支部としてこれからもしっかり支えながら取り組んでいきます。

(執行委員長 吉田 大輔)

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

[ 最近紹介した加盟組合 ]

カウンター (2009年3月〜)