HOME加盟組合のご紹介 > 南海バス労働組合

南海バス労働組合

(2009年2月17日現在)
単組・支部名 南海バス労働組合
代表者 井上 之裕
住 所 〒586-0031
河内長野市錦町25-10
組合員数 約520名
藤原書記長・井上委員長・塚本副委員長(南海バスの前で)

藤原書記長・井上委員長・塚本副委員長
南海バスの前で

 2001年10月1日、南海電鉄(株)のバス部門の『分社』『転籍』に伴い、組合組織も南海電鉄労組から分離独立しました。

 分離当初は700名ほど在籍していた組合員も、南海ウイングバス各社(グループ会社)への路線管理委託などに伴い、現在では520名の組合員で構成し、組織体制は、執行部3名、組合委員5名、代議員15名、6職場5分区体制となっています。

 事業の特性上、現場で働く組合員は、365日24時間体制で勤務していますが、規制緩和の名のもとに公共交通が聖域でなくなった現在は、競争原理により『安全』が脅かされる状況下にあります。労働条件を改善し、安全で安心される公共交通としての社会的位置付けを確立するため、常に前向きに活動していくことを心がけています。

 今後も、産別運動に邁進するとともに、連合各地区協議会における活動に積極的に参加し、活動領域を広げていきたいと思います。

(藤原 広行)

南海バス労働組合 組合役員集合写真

組合役員集合写真(分区役員・本部職員)

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

[ 最近紹介した加盟組合 ]

カウンター (2009年3月〜)