HOME加盟組合のご紹介 > 南海電気鉄道労組 南海線駅務分会

南海電気鉄道労組 南海線駅務分会

(2009年10月20日現在)
単組・支部名 南海電気鉄道労組 南海線駅務分会
代表者 池田 篤彦(分会長)
住 所 〒556-0004
大阪市浪速区日本橋西1丁目2-14
組合員数 約380名
09春闘職場集会で挨拶する丸谷副分会長

09春闘職場集会で挨拶する
丸谷副分会長

 南海線駅務分会は、南海労組7分会あるうちの1つで約380名の組合員から構成する分会です。名前のとおり難波駅~和歌山市駅・関西空港駅の南海線・空港線で勤務する駅掌および助役等で組織しており、組合員4名、代議員17名で活動しています。

 主な活動内容としては、主要闘争である春闘時における各種集会参加、また、ダイヤ改正など職場の労働条件にかかわる際における業務部会等があります。

 多くの組合員が隔日交代制勤務(9時~翌9時)であり、労働条件および労働環境には厳しいものがありますが、今後も、労働条件の維持、向上のため、組合員一丸となって活動していきます。

(丸谷 幸男)

09春闘分会ボーリング大会

09春闘分会ボーリング大会

09春闘分会ボーリング大会で挨拶する池田分会長

09春闘分会ボーリング大会で
挨拶する池田分会長

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

[ 最近紹介した加盟組合 ]

カウンター (2009年3月〜)