HOME加盟組合のご紹介 > 三洋エナジー貝塚労働組合

三洋エナジー貝塚労働組合

(2010年1月28日現在)
単組・支部名 三洋エナジー貝塚労働組合
代表者 下雅意 桂三(組合長)
住 所 〒597-0081
貝塚市麻生中174
組合員数 約330名

 三洋エナジー貝塚労働組合は、昭和55年(1980年)7月に紡績工場の跡地に設立されたビデオテープレコーダー生産工場の労働組合として結成しました。当時の組合名称は、「貝塚三洋工業労働組合」であり、その15年後に生産品目が二次電池に変わるとともに、現在の「三洋エナジー貝塚労働組合」となりました。

 労働組合の目標の一つである「安心できる職場の確保」を最大の目的としながら、連合・UIゼンセン同盟・地域労連などの上部団体と連携し、住み良い社会の実現を目指し活動しています。

年間行事

 ボーリング大会、各種旅行など実施していますが、全組合員が参加できるメーデーを最大のイベントとし、全員参加を目標として取り組んでいます。2009年度のメーデーには、約250名の参加となりました。

(桝谷 信二)

連合泉南メーデー(2009年5月1日)

連合泉南メーデー(2009年5月1日)

メーデー後の昼食会場 新入組合員の自己紹介

メーデー後の昼食会場
新入組合員の自己紹介

蟹ツアーへ(2009年12月)

蟹ツアーへ(2009年12月)

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

[ 最近紹介した加盟組合 ]

カウンター (2009年3月〜)