HOME加盟組合のご紹介 > 宮﨑機械システム労働組合

宮﨑機械システム労働組合

(2011年1月24日現在)
単組・支部名 宮﨑機械システム労働組合
代表者 塩谷 晃一(組合長)
住 所 〒597-0022
大阪府貝塚市新井1
組合員数 約125名
組合定期大会

組合定期大会

 会社は、大正11年に創業し、現在89年目となり、労働組合は、昭和21年に結成し、今年で65年目となります。

 会社創業当初は、ワイヤロープ生産機械を技術ベースとして1990年までは、 ワイヤ全般にわたる産業機械専門メーカーとして発展を続けてきました。 現在では、ワイヤフォーミングマシンの我国唯一の総合メーカーであり、 トップメーカーとして伸線機・抽伸機(国内シェア90%)・撚線機及びそれに係わる付帯設備(部品等)に加え、 液晶・プラズマ用ガラス生産設備の製造・各種搬送装置さらにはセラミックス加工等幅広く 産業機械並びに特殊部品加工の分野で実績を積んでいます。

 当社は、技術の宮﨑として現時点での権利ある特許取得は31件あり、 技術面におきましてもユーザーから高い評価を頂いております。

 労働組合の執行部体制は、組合長、副組合長、会計、書記長、執行委員4名、評議員9名、会計監査2名の19名で、組合運営を行なっています。

 労働組合の活動としましては、組合員の生活向上を目指し、年間で一時金2回、春闘1回の闘争に重点をおきまして活動を行なっています。

 社内行事としまして、家族も参加可能な、ハイキング、バーベキュー大会、ボウリング大会、釣り大会、スキーツアーなどがあります。従業員の交流としまして年末餅つき大会なども行なっています。

(乙津)

社内餅つき大会

社内餅つき大会

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

[ 最近紹介した加盟組合 ]

カウンター (2009年3月〜)