HOME加盟組合のご紹介 > 新日本製鉄堺労働組合

新日本製鉄堺労働組合

(2011年2月15日現在)
単組・支部名 新日本製鉄堺労働組合
代表者 尾崎 拓司(組合長)
住 所 〒590-8540
大阪府堺市築港八幡町1番地
組合員数 約350名
ふれあいバスツアー(キリンビール工場)

ふれあいバスツアー(キリンビール工場)

 新日鐵堺製鐵所は、昭和36年に開所し、昭和40年の第1高炉火入れにより銑鋼一貫体制を確立しました。その後、数回の設備合理化を経て、平成2年より、現在のコンパクトな大形工場1工場となりました。労働組合は、昭和36年11月に八幡製鉄労働組合堺支部として発足し、今年で50年を迎えます。当所は、新日鐵唯一の大形形鋼生産拠点として、建築構造材であるH形鋼とハイパービームに加え、土木・港湾工事用鋼材である鋼矢板および造船用鋼材であるインバート等を生産しています。

 労働組合としては、様々な課題に対して、ふれあい対話を重視した「職場が原点」という基本を忠実に守りながら、組合員の雇用と生活の安心・安定を目指し、日々の業務に取り組んでいます。

行事

 組合として、夏期の安全活動として「安全決起焼肉大会」を開催しています。組織活動としては、毎年5月~8月をふれあい強調期間と位置付け、プロ野球観戦やバスツアーを実施しています。また、青年女性委員会が中心となった、スポーツレクやスキー・スノーボードツアーを開催するなど組合員間の家族を含めた交流についても積極的に開催しています。

(宇都宮 正和)

青年女性委員会主催スポーツレクにて

青年女性委員会主催スポーツレクにて

ふれあい野球観戦(京セラドーム大阪)

ふれあい野球観戦(京セラドーム大阪)

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

[ 最近紹介した加盟組合 ]

カウンター (2009年3月〜)