HOME加盟組合のご紹介 > 水間鉄道労働組合

水間鉄道労働組合

(2011年3月12日現在)
単組・支部名 水間鉄道労働組合
代表者 向井 大輔(執行委員)
住 所 〒597-0104
大阪府貝塚市水間260番地
組合員数 約30名
執行部撮影(水間観音駅にて)。左から、南書記長、向井執行委員長、阪口副執行委員長、豊浦執行委員

執行部撮影(水間観音駅にて)
左から、南書記長、向井執行委員長、
阪口副執行委員長、豊浦執行委員

 水間鉄道株式会社は、大正13年(1924年)に創業し、大正15年1月には、貝塚~水間間の鉄軌道が全線開通、現在では鉄道部、自動車部、貸切自動車部があります。

 2005年、会社更生法の申請を行い、2006年に会社更生計画が集結し、株式会社グルメ杵屋の完全子会社として新たなスタートを切りました。

 水間鉄道労働組合は、1948年2月に結成し、今年で64年目を迎えます。30年前は100名を超える組合員が在籍していましたが、会社更生法申請にともない、多くの組合員が退職を余儀なくされたため、現在は30名ほどの少ない組合員で活動しています。

 執行部は、執行委員長、副執行委員長、書記長、執行委員の4名で構成され、支部は、鉄道支部と自動車支部で、各支部から、支部長、委員を1名ずつ選出しています。

 以前は、レクリエーションとして、支部対抗ソフトボール大会、1泊旅行、水間公園でのバーベキュー大会などを実施していましたが、近年は、組合員も少なくなってきたこともあり、2年毎ではありますが親睦ボウリング大会を開催しています。

 今年で88年目を迎える水間鉄道の長い歴史の中で、私達は会社更生法申請という、最も過酷な出来事を経験し、多くの仲間を失い、辛い思いもあじわいました。しかし、残された組合員たちは、少数ではありますが、かつて100人を擁した時代の組合にも負けないパワーを持っています。苦難を乗り越えてきた1人1人の情熱と行動力で、新生水間鉄道を盛り上げていきたいと思います。

(豊浦 佳祐)

定期大会で、就任のあいさつをする向井執行委員長

定期大会で、就任のあいさつをする
向井執行委員長

親睦ボウリング大会

親睦ボウリング大会

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

[ 最近紹介した加盟組合 ]

カウンター (2009年3月〜)