HOME加盟組合のご紹介 > JAM トキワ工業労働組合

JAM トキワ工業労働組合

(2017年11月21日現在)
単組・支部名 JAM トキワ工業労働組合
代表者 今西 誠 (執行委員長)
住 所 〒593-8316
堺市西区山田2丁190番地9
組合員数 53名

行事

 大阪に11名と東京に2名の執行部体制で取り組んでいます。

 春闘を最大の運動(行事)として取り組んでおり、企業の業績に左右されず、生活の維持と向上を基本に要求しています。

 回答提出以降は、団交の度に集会を開催し、回答報告や交渉内容の説明に対して、組合員の意見を聞き、それを軸に交渉を進めています。17春闘(少し難航しました)では、団交16回・執行委員会35回・集会14回を重ね集約しました。

 執行部主導というより、組合員と意思の疎通を図りながらの活動を行っています。

企業PR

 トキワ工業は「ほうそう機」を製造している会社です。

 「放送」「梱包」などと勘違いされるのですが、「包装機」という機械を設計・製造・販売をしているメーカーです。

 聞き慣れない「包装機」ですが、皆さんが包装機で包装した商品を目にすることは多々あります。例えば、袋麺・カップ麺・酒パック・エアゾール缶・缶詰・乾電池・納豆・プリン・ヨーグルトなどなど、スーパーやコンビニで目にする商品の包装(外側の薄いフィルム)は、ほとんどがトキワ工業製の包装機で包装されています。

 1957年に創業(組合は1963年に結成)、1959年に日清食品様からラーメンの包装機の開発依頼を頂いたのが原点となり、包装機のパイオニアとして61年目を迎えました。

17春闘の集会風景

17春闘の集会風景

日本初のラーメン用包装機

日本初のラーメン用包装機

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

[ 最近紹介した加盟組合 ]

カウンター (2009年3月〜)