HOME地域協議会とは活動紹介 > 記事

第5回「みらい塾」を開催!!

  • 開催日:2018年3月10日(土)10:20~13:30
  • 場所:大阪ガスhugMUSEUM(大阪市西区)
  • 主催:大阪市地域労働者福祉協議会・連合大阪大阪市地域協議会

 今年度初めてとなる、第5回「みらい塾」を開催しました。2017年1月と3月に開催し大変好評でありました、大阪ガスhugMUSEUMの4Fキッチンスタジオを利用してセミナーとお料理教室を兼ねての「みらい塾」です。

 大阪市地域労福協を代表して杉本会長よりあいさつの後、連合大阪に集う仲間48人(男性20人、女性28人)が受講しています。

 第1講座は、「コクヨ社員が伝授する文具の活用術!」と題して、ますます用途が広がる「測量野帳」を自分なりにカスタマイズ。講師を務めていただいた、コクヨ労組青年委員会副委員長 小谷美瑚さん、幹事 竹本裕実子さんからは、少し緊張気味でありましたが丁寧に手ほどきを受け、受講生各自はオリジナリティ豊かな「測量野帳」を制作しています。若干、道具の準備不足もありましたが和気あいあいとした雰囲気の中、グループ毎の助け合い、譲り合いで見事に完成に至っています。これからもスキルをあげて様々な用途に活用できる「測量野帳」を作成してください。

杉本会長 あいさつ

杉本会長 あいさつ

小谷さん(左)竹本さん(右)

小谷さん(左)竹本さん(右)

カスタマイズのようす

カスタマイズのようす

防災セミナー 船渓さん

防災セミナー 船渓さん

 第2講座では、お料理教室です。・・といっても、今回は「防災備蓄食品を活用した簡単お料理」です。折しも3.11は、東日本大震災の発生から7年が経過します。そんな感慨深い日に改めて自然災害の対応を考えてメニューを設定しました。サバ缶と春雨を使った「お鍋」、切り干し大根とツナ缶を使った無水あえ物、野菜チップスを使った炊き込みご飯の3点です。どの料理も工夫次第で絶品なお味に変化します。備えあれば患いなし、南海トラフ地震が高い確率で発生をすることを想定し、受講生たちは体験した料理法をきっと役立てくれるに間違いありません。

 参加者の皆さまから頂きましたアンケートを基に、より良い「みらい塾」を開催していきます。とりわけ今年度は、「みらい塾実行委員会」を立ち上げ構成組織からの若手メンバーで一新します。新たな発想で未来を築く、そんな「みらい塾」にご期待ください。

インストラクター 中野さん

インストラクター 中野さん

調理器具説明のようす

調理器具説明のようす

調理のようす
調理のようす
調理のようす
調理のようす

調理のようす

お料理の完成!!

お料理の完成!!

試食のようす

試食のようす

参加者のみなさん
参加者のみなさん
参加者のみなさん
参加者のみなさん
参加者のみなさん
参加者のみなさん
参加者のみなさん
参加者のみなさん

参加者のみなさん