HOME主張・提言 > 記事

2019年度 政策・制度予算要請を実施

植田議長(左)から山本ダイバーシティ推進室長(右)に手交

植田議長(左)から山本ダイバーシティ推進室長(右)に手交

 2019年度「大阪市への政策・制度予算」要請は、11月20日大阪市市民局会議室において、植田議長から市民局ダイバーシティ推進室 山本功人室長に手交しました。

 本年は、連合大阪より作成された42項目と大阪市地域協議会政策委員会で議論された9項目を加え、51項目について要請を行っております。とりわけ、大阪市地域協議会での10項目は、7地区協議会の区長懇談会での討論内容や、第4回の政策委員会での議論内容を踏まえ、10月24日第13回幹事会において2019年度の要請として確認をしております。

 今年も大阪市会対策として、事前の9月19日には公明党会派、10月11日には自民党系会派に対して、要請内容を説明し連合大阪および大阪市地域協議会のスタンスを伝えております。

 連合大阪から政策担当グループの黒田副事務局長に帯同していただき、植田議長ならびに東事務局長が代表して要請をおこないました。

 新規項目をはじめ、多岐にわたる政策・予算要請になっており、2019年1月より予算市会での編成がともなうことから、回答協議は3月を目途に調整をおこなってまいります。内容については、PDFを添付しましたので、お読み取りください。

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

RSS2.0

  • 主張・提言

カウンター (2008年7月〜)