HOME最新情報 > 記事

檄 「働く仲間の勝利に向け、全力を挙げよう!」
~第24回参議院議員選挙

 6月22日公示、7月10日投票で第24回参議院議員選挙が実施される。今回の選挙は、格差と貧困の拡大、そして戦争への道を開く政治を選ぶのか? 働く者、生活者の視点に立った政治を選ぶのか? 今後の日本の行く末を決める重大な国政選挙となる。

 安倍首相は、6月1日、消費税率の引き上げを2年半先送りすることを表明した。その理由として、「世界経済が直面するリスク」という「約束とは異なる新たな判断」をことさら強調したが、自らの経済政策、いわゆるアベノミクスの失敗を糊塗するものであると言わざるを得ない。

 アベノミクスにより、不安定雇用が増大し実質賃金は下がり続け、経済成長の核となる個人消費は増えていない。また、子供の貧困、保育、介護、老後の生活など、働くもの・生活者を取り巻く環境は悪化の一途をたどっている。アベノミクスが失敗に終わったことは明らかであり、トリクルダウン型の発想による経済政策をこれ以上継続させれば、格差、貧困のさらなる拡大や、消費低迷の深刻化などをまねくことは必至である。

 今、求められていることは、働くもの・生活者の現状を直視し、国民生活全体の底上げ・底支え、格差是正につながる政策を実行することである。また、将来不安の払拭に向けて、社会保障と税の一体改革の原点に立ち戻り、社会保障の充実・安定化を早急に図らなければならない。

 選挙戦は極めて厳しいものになるだろう。しかし、厳しいからこそ結束しなければならない。まさに連合運動の力量と真価が問われる選挙である。すべての人が社会の中で自分の居場所と出番を見出すことができる社会づくりに向けて、大阪府選挙区ではおだち源幸さん、比例代表選挙では 12名の組織内候補を勝利させよう。そのために渾身の運動を展開しようではないか。

 7月10日の投票日まで、総力を挙げて組合員に訴え、家族や親戚、知人や友人の共感を得よう。持てる力を結集して、ともに、がんばり合おう!

2016年6月22日
日本労働組合総連合会大阪府連合会
会 長 山﨑 弦一

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

RSS2.0

  • 最新情報
  • 市地域協News (Blog)

カウンター(2008年7月〜)