【大阪南労福協】第12回地区協選抜対抗ボウリング大会

  • 実施日:2022年10月14日(金)18:30〜20:00
  • 場所:フタバボウル泉大津店
  • 参加者:各地区6チーム 計18チーム(72名)

 大阪南地域労福協主催「第12回地区協選抜対抗ボウリング大会」が10月14日(金)「フタバボウル泉大津店」にて開催されました。本来は堺・泉州・泉南地区で予選を行い、それぞれ選抜4チーム+役員OBチーム+現役役員チームでの対抗戦として実施されるのですが、今年はコロナウイルスの影響で堺地区が予選を行うことが出来ませんでした。また、体調を考えOBチームの参加も見送りました。

 しかしながら、昨年は中止、一昨年は人数を半減して開催した事を思えば、より通常開催に近付けたのではないでしょうか。

森会長挨拶

森会長挨拶

トロフィーと豪華賞品

トロフィーと豪華賞品

始球式
始球式

始球式

プレー風景
プレー風景

プレー風景

 大会の結果は、個人戦ではJP労組泉州南支部(泉南地区)の北戸和彦さんがトータル428点で他を引き離して優勝されました。団体戦は接戦でしたが、こちらも1,370点でJP労組泉州南支部さんの優勝となりました。おめでとうございます。

続きを読む

連合「2022平和行動 in 根室」―参加報告―

大阪南地域協議会 幹事(泉南地区教職員組合 執行委員長)荒木 寿樹

写真①

 北方領土の学習会、アイヌ民族博物館訪問、平和ノサップ集会参加と三泊四日盛りだくさんの内容だった。伊丹から羽田で乗り換え、中標津空港の降り立った。意外の暑さに服装を失敗したのではないかと不安になったが、今日が特別暑いらしく「明日はまた20℃前後になりますよ」というバスガイドさんの言葉に安心した。(といってもその日も26℃程度です)

 到着してさっそく語り部による学習会をおこなった。その方は母が国後島から強制送還され今中標津で住んでおられるという事だった。資料を追い、ネットで知らない言葉の意味をさぐりながらの聞き取りで自分の知識不足を痛感した。と同時に大阪や自分の暮らしてきた場所では、あまり報道されず、自分自身も関心を持ってこなかったのだろうと猛省した。その方の言葉で「共住」という言葉がたびたび出てきた。初めて触れる言葉だった。そんな考え方もあるんだと驚いた。今実際ロシアの方が住んでいてそこを故郷とする子どもたちもいる。お互いの思いに寄り添い、より良い解決方法を模索する様子をしり、解決の方法は一つではないと感じることができた。

写真②「宿舎から見た屈斜路湖」

宿舎から見た屈斜路湖

 僕の中でもう一つ心に残った言葉があった。「母は強制送還され、根室に住んだ時、島民というのを隠して生きていた」という話だった。自分のルーツを語れなかったらしい。戦後どの地域も苦しい生活をしている中、マイノリティを排除する傾向があったのだろう。僕の身近にも様々な人権課題がある中が、それらの課題は自分を隠したり、自分の事を語れなかったりという事に表れることが多い。いつの時代、どこの場所でも同じことがあるのだと人間の弱い部分を思い知らされた。

続きを読む

【大阪南労福協】第12回地区協選抜対抗ボウリング大会 地区予選

 一昨年は縮小(定員30人)、昨年は中止となったボウリング大会ですが、今年は泉州地区と泉南地区で通常通りの内容で募集することが出来ました。未だにコロナがまん延していることもあり、コロナ前に比べると参加者は半分程度となってしまいましたが、皆さんとても楽しそうにプレーされていました。 来年こそは元通りの人数で全地区開催できることを願っています。

泉南地区協議会

  • 実施日:2022年9月9日(金)18:30〜20:30
  • 場所:泉南市ストライクス
  • 参加者:10単組/14チーム/54名
    来賓 南野敬介 貝塚市議会議員
           河部 優 泉南市議会議員
開会挨拶

開会挨拶

役員チーム

役員チーム

団体優勝

団体優勝

個人優勝

個人優勝

泉州地区協議会

  • 実施日:2022年9月14日(水)18:30〜20:00
  • 場所:フタバボウル泉大津店
  • 参加者:12単組/13チーム/52名
開会挨拶

開会挨拶

プレー風景

プレー風景

団体優勝

団体優勝

個人優勝

個人優勝

堺地区協議会

 ※地区判断により中止

続きを読む

第4回女性交流会

  • 日 時:2022年9月3日(土)11:00〜14:00
  • 場 所:サロン・ド・リアン絆+オンライン(Zoom)
  • 参加者:32人(直接参加24人、オンライン参加8人)
  • 内 容:
    • ①ヨガ・リンパマッサージ講座 講師:武田明子 様
    • ②意見交換会・発表

 第4回となる「女性交流会」を、オンライン併用で開催しました。

 今回、未だコロナウイルスの蔓延が治まらない中、政府・行政から行動制限もなく、開催にあたり大変難しい判断となりましたが、参加者全員に抗原検査キットをお配りし、会場での感染対策を徹底して、会場とオンラインの併用開催といたしました。

 交流会は、実行委員会でありますUAゼンセン川本産業労組 都丸実行委員の司会で始まり、冒頭、主催者を代表して組織強化小委員会の山下委員長から「組織強化委員会の主催する女性交流会に、オンラインも含めて32名もの皆さんに集まって頂き感謝申し上げます。この交流会開催にむけて実行委員会を結成し準備を進めてまいりました。女性の活躍の推進にむけた取り組みとして、参加者皆様のご協力をお願いします。」とのご挨拶を頂き、交流会がスタートしました。

 第1部は、ヨガ・ウェルネスコーチ武田明子さんから「ヨガ・リンパマッサージ講座」を受けました。講演内容の選定にあたり、前回の女性交流会参加者アンケートで受けてみたい研修・講演の上位に、ヨガとリンパマッサージがありました。実行委員会でも両方体験できる企画ができないか考慮していたところ、以前労組事務担当者交流会で「仕事着そのままヨガ」を講演いただいた武田先生が両方対応いただけるとのことで、講師をお願いいたしました。上半身を中心としたヨガですが、正しい姿勢の取り方や、呼吸法を学び、解した身体でリンパマッサージを行う手法を学びました。仕事のストレスや身体の疲れを、ちょっとした休憩時間で癒す手法として、取り入れていただければと思います。

講師 武田明子 様

講師 武田明子 様

まずはヨガから

まずはヨガから

男性役員も一緒に

男性役員も一緒に

最後にリンパマッサージ

最後にリンパマッサージ

続きを読む

第33年度ユニオンセミナー

  • 日 時:2022年8月21日(日)10:30〜17:00
  • 場 所:大阪府羽衣青少年センター
  • 参加者:受講者22人,スタッフ18人,合計40人
  • 主 催:連合大阪大阪南地域協議会(研修小委員会)
  • 共 催:大阪南地域労働者福祉協議会
  • 協 賛: 一般社団法人 大阪労働者福祉協議会

 研修小委員会が主催する第33年度のユニオンセミナーを、22名の参加者を得て、大阪府羽衣青少年センターで開催しました。

 古川委員の司会で始まり、冒頭、森議長より主催者を代表しての挨拶がありました。

 セミナー開始にあたり、蛯原研修委員と久利実行委員が「アイスブレーキング」で、参加者の緊張をほぐしていただきました。自己紹介を名前のしりとりで紹介するのですが、これが意外とゲーム感覚で面白く、参加者も盛り上がっていました。

森議長挨拶

森議長挨拶

アイスブレーキング

アイスブレーキング

 緊張が解けたところで最初の講義、大阪労福協の高﨑事務局長による、「労働組合の自主福祉活動の歴史と役割」を行いました。ご家族が高熱を出されたとのことで、大事を取って急遽オンラインでの講演となりました。共済事業の原点として、社会運動の先駆者である賀川豊彦など歴史上の人物から”助け合い・支え合い“の精神を紐解き、むしろ現代に必要不可欠なものであり、その中で生まれた労働金庫やこくみん共済 coop <全労済>などの福祉事業団体との共同関係が重要だと再確認いたしました。

 ここでお昼休憩。昼食は、バイキング形式です。班単位で昼食を取ってもらいましたが、食堂に向かう時間を班ごとにずらしたり黙食をお願いすることなど、新型コロナウイルス感染対策をとったため、他のメンバーとの交流を深める機会とならなかったのが残念でなりません。

 休憩後、2つ目の講義として、岸研修委員長による「労働組合の役割と職場の活動」です。労組の委員長として、経験してきた内容でしたが、産別が変わっていく中での苦労話は中々聞けない貴重なお話だったのではないでしょうか。質疑のなかでもかなり詳しく掘り下げて聞かせていただきました。

講義①労働組合の自主福祉活動の歴史と役割

講義①
労働組合の自主福祉活動の歴史と役割

講義②労働組合の役割と職場の活動

講義②
労働組合の役割と職場の活動

続きを読む

連合「2022平和行動 in 長崎」―参加報告―

大阪南地域協議会副議長(JP労組泉州南支部)山下 一房

 8月8日から3日間、被爆77年を迎えた長崎へ8名の参加者とともに平和行動に参加してきました。

1日目

・長崎歴史文化博物館の見学

 長崎開港によって花開いた南蛮文化やキリスト教の普及、出島の造成、美術工芸品(ガラス・べっ甲細工等)など今日の長崎における歴史、文化を学び、感じました。

 また、幕末から明治にかけて日本文化の先駆けとなった長崎。坂本龍馬、勝海舟など数々の幕末武士に影響を与えたそうです。

・連合2022平和ナガサキ集会

 「〜語り継ぐ戦争の実相と運動の継続で核兵器廃絶と恒久平和を実現しよう〜」をスローガンに、1,115名の全国の仲間が集まりました。

 国際労働組合総連合(ITUC)シャラン・バロウさんからは、「私たちの連帯と平和への想いは日本の皆さんとともにある」との力強いビデオメッセージ。

 長崎平和推進協会、三瀬誠一郎さんからは「平和は人類共有の世界遺産、一人ひとりがしっかりと平和の尊さを噛みしめる必要があると信じてやまない」と、当時10歳の生々しい体験を交えながらの被爆者の訴え。空襲警報時では、「親指を耳の中、中指などで目を塞ぐように」と日頃から学校で教えられていたそうで、当時の緊迫した状況を知り改めて戦争の怖さを感じました。

 長崎大学核兵器廃絶研究センター長教授、吉田文彦さんからは、ウクライナ危機後の核軍縮について、「核軍縮の批准、長崎を最後の被爆地にする必要がある」と講演を受けました。

 最後に、「世界で唯一の被爆国である日本の役割と責任を果たし、恒久平和の実現を目指す」との平和アピール宣言を全員で確認し集会を終えました。

平和ナガサキ集会
平和ナガサキ集会

平和ナガサキ集会

続きを読む

第8回首長との政策懇談会

  • 日 時:2022年7月30日(土)13:00〜16:30
  • 場 所:ホテルアゴーラリージェンシー大阪堺
  • 参加者:115人
    • <自治体代表者>
      高石市 阪口伸六 市長/和泉市 辻宏康 市長
      泉大津市 南出賢一 市長/忠岡町 杉原健士 町長
      貝塚市 酒井了 市長/泉南市 山本優真 市長
      阪南市 水野謙二 市長/熊取町 藤原敏司 町長
      岬町 田代堯 町長
      堺市 山岡由佳 副市長/岸和田市 戎井靖貴 副市長
      泉佐野市 八島弘之 副市長/田尻町 山本一男 副町長
    • <連合大阪>
      黒田悦治 副事務局長
    • <大阪南>
      地域・地区役員/単組役員/大阪南OB役員
  • 内 容
    • ①主催者挨拶 連合大阪南 森 義仁 議長
    • ②連合大阪代表挨拶・取り組み報告 連合大阪 黒田悦治 副事務局長
    • ③シンポジウム「アフターコロナを見据えた行政の活性化について」
      コーディネーター 連合大阪南 佐野建也 副議長
    • ④閉会挨拶 連合大阪南 藤原 事務局長

 昨年はコロナ禍でフルオンラインでの開催とし、全体で130名というこれまでにない規模の参加(ご視聴)をいただきました。

 第33年度の「首長との政策懇談会」は、ウイズコロナに対応した取り組みとして、連合大阪・行政の対応方針を鑑みながら、感染症対策を徹底し、ようやくリアル開催が実現いたしました。

 新型コロナウイルス感染症と共存した対応を求められる新たなステージに突入したと考えています。

参加者

参加者

主催者挨拶 森議長

主催者挨拶 森議長

 冒頭、主催者を代表して森議長から、日頃のご支援・ご協力と、本日ご参加いただいたことへの感謝が述べられました。

 次に、連合大阪を代表して黒田副事務局長から、ご挨拶と連合大阪の政策・制度予算要請に関する取り組みについてご報告いただきました。

司会 永田政策委員

司会 永田政策委員

連合大阪 黒田副事務局長

連合大阪 黒田副事務局長

続きを読む

連合「2022平和行動 in 広島」―参加報告―

関西電力労働組合 岸和田支部 古谷 大輔

 今回、連合大阪2022平和行動 in 広島に参加させていただき、戦後生まれの私たちにとって、戦争を経験した方・被爆体験の話は非常に貴重であり、二度と戦争を起こしてはいけないと強く思いました。

 しかし、ロシアによるウクライナ進行や日本周辺においても、北朝鮮によるミサイル発射、中国による台湾への軍事的、政治的圧力の強化や尖閣諸島周辺の領海侵犯、さらには中国・ロシアによる接続水域侵入など、軍事衝突が起きかねない危険な状況となっていることに憤りを感じます。

 世界には1万発以上の核弾頭があり、今もなお人類は核兵器の脅威にさらされています。日本は世界唯一の被爆国であり、資料や体験談をより多くの世界の人々向け理解活動をしていかなければいけないと感じました。

集合写真

集合写真

平和ヒロシマ集会

平和ヒロシマ集会

続きを読む

連合「2022平和行動 in 沖縄」―参加報告―

堺地区協議会副議長(シャープ労組堺支部)満重 成祥

 沖縄での3日間の平和行動に参加させていただきました。

【1日目】
対馬丸記念館の見学

 昭和19年、沖縄から九州へ大勢の女性や子供を乗せて疎開させようとした対馬丸が米軍の潜水艦の攻撃を受け沈没する事件がありました。対馬丸記念館には当時の撃沈直後の悲惨な状況が克明に記されており、沈没までの11分間の船内で逃げ惑う様子や、乗船していた女性や子供たちの顔写真の展示を見ると、戦争に巻き込まれてしまうことの憤りや無念さが伝わってきました。

乗船していた子供たちの写真

乗船していた子供たちの写真

当時の様子を解説する展示物

当時の様子を解説する展示物

平和オキナワ集会への参加

 法政大学教授の明田川融さんによる「沖縄の施政権返還50年と日米地位協定」についての講演を聞き、現在の日米地位協定が成り立った経緯や不公平な協定(よく言われる刑事裁判権が日本にないことや、米軍関係者は入出国時の検疫が不要であること、航空法は米軍には適用されないなど)であることを学びました。地位協定は多少の運用改善はされているものの、あくまでも努力義務であり強制力がない為、抜本的な見直しが必要であるとも説明されました。また、玉城デニー県知事からは、日本の0.6%の面積である沖縄に、米軍基地の70.3%が集中していると述べ、基地負担と日米地位協定の見直しを求める訴えがありました。

働く仲間が一堂に会しました

働く仲間が一堂に会しました

熱く訴える玉城県知事

熱く訴える玉城県知事

続きを読む

時節講演会

  • 日 時:2022年6月17日(金)16:00〜17:30
  • 場 所:DDS+オンライン(Zoom)
  • 参加者:74人(現地:45人,オンライン29人)
  • テーマ:「報道現場からみた、この10年の大阪の行政」
    講師 毎日放送 西 靖 チーフアナウンサー

 2022年6月17日(金)、連合大阪大阪南地域協議会「時節講演会」が、大阪南地域・地区協議会役員、単組役員、労組事務担当者、その他関係者74人の参加者を得て、オンラインを併用して開催されました。

司会(藤原事務局長)

司会(藤原事務局長)

主催者挨拶(森議長)

主催者挨拶(森議長)

 本講演会は、報道の立場から見たこの10年の大阪の行政を語って頂こうという思いで企画されました。毎日放送に要請をいたしましたところ快諾頂き講演会が実施できる事となりました。

 当初は、2月5日(土)開催で準備を進めてきましたが、講演を行っていただく西靖チーフアナウンサーが新型コロナウイルス感染症に罹患され、急遽延期となっていました。

 その後、府内の感染状況も落ち着きを見せ、4月には放送局の番組改編もあり6月の開催となりました。

 講演では、情報番組と報道番組の違い「情報番組は二次情報がメインであるが、報道番組は、独自の取材による発信が基本」の説明に始まって、放送局の原稿システムを活用してキーワード検索で「この10年間」を振り返りました。

続きを読む

【大阪南労福協】第12回労組事務担当者交流会

  • 実施日:2022年6月17日(金)学習会16:00〜17:30/懇親会18:00〜19:30
  • 場 所:(学習会)DDS/(懇親交流会)咲蔵
  • 主 催:大阪南地域労働者福祉協議会
  • 参加者:25名

 大阪南地域で組合事務を担当いただいている方々を対象とした「労組事務担当者交流会」を開催しました。12回目となる今回も、近畿労働金庫・こくみん共済coopを含め25名の方々にご参加をいただきました。

集合写真

集合写真

 今年は、連合大阪南主催「時節講演会」を第1部の学習会と位置づけ、事務担当者交流会参加者にも聴講頂きました。講師に毎日放送西靖チーフアナウンサーをお迎えし、「放送が伝えた大阪の行政」と題したご講演を頂いたのですが、事務担当者の皆さまは何よりも西アナウンサーとお会い出来た事に喜びを感じておられる様子でした。

 *時節講演会の詳細についてはそちらの報告をご参照下さい。

学習会
学習会

学習会

 講演会終了後、会場を同ビル6階の「咲蔵」に移して懇親交流会を開催しました。昨年はコロナの為交流会を断念しましたが、今年は無事に開催することが出来て本当に良かったです。

続きを読む

【大阪南労福協】第12回健康づくりイベント
大阪のハワイへようこそ!! 泉南市ウォーキング&BBQ

  • 日時:2022年6月11日(土)10:00〜14:00
  • 場所:SENNAN LONG PARK
  • 参加者:80人

 2022年6月11日(土)、第12回目となる大阪南労福協主催「健康づくりイベント」を、SENNAN LONG PARKで開催しました。

マーブルビーチ

マーブルビーチ

チケット

チケット

 新型コロナウイルスが猛威を振るう前は例年、ウォーキングをしたあとにBBQをして親睦を深めてまいりましたが、昨年は中止を余儀なくされ、前回開催の2020年はコロナウイルスの為BBQを断念・・・。今年ようやくウォーキング&BBQが復活いたしました。

 SENNAN LONG PARKの南端、スターバックス前に10時に集合し、参加者全員でウォーキングをスタートしました。今回はSENNAN LONG PARKに2箇所のチェックポイントを設けて北端の田尻漁港までの往復のウォーキングとしました。

 チェックポイントでは、ご褒美としてお菓子(大人には酒の肴)が配られました。ウォーキングは概ね1時間(BBQ会場が11時開場であったため)の行程を楽しんでいただきました。

受付

受付

チェックポイント①

チェックポイント①

恋人の聖地

恋人の聖地

関空連絡橋を見ながらウォーキング

関空連絡橋を見ながらウォーキング

チェックポイント②

チェックポイント②

最後少しだけ雨が降りました

最後少しだけ雨が降りました

続きを読む

連合政令指定都市地域協議会 第25回連絡会議

  • 日時:2022年5月19日(木)
  • 場所:北九州市 リーガロイヤルホテル小倉
  • 主催:連合福岡 北九州地域協議会
  • 参加者:大阪南 森議長,藤原事務局長
    堺地区 平間議長,永田副議長

 2022年5月19日(木)〜5月20日(金)北九州市「リーガロイヤルホテル小倉」にて、連合政令指定都市地域協議会の「第25回連絡会議」が、幹事地方連合会を含め160名の参加を得て開催されました。本会議は、2020年に開催の予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で延期となっていました。本年、「まん延防止措置」等、規制が解除されるなか、福岡県の感染防止対策基準を徹底し、開催することができました。

小倉駅新幹線口
小倉駅新幹線口

小倉駅新幹線口

次 第
司会進行 遠藤 禎幸 連合福岡・北九州地域協議会 事務局長
1. 開催地協挨拶 清田 博己 連合福岡・北九州地域協議会 議長
2. 来賓挨拶 藤田 佳三 連合福岡 会長
3.特別講演/講演
<特別講演>
「SDGsを原動力に日本一住みよいまちへ」
北橋 健治 北九州市長
<講 演>
「SDGs未来都市のトップランナーを目指して」
上田 ゆかり 北九州市企画調整局・SDGsプロジェクト担当部長
4. 地協報告 ①さいたま市地域協議会 内田 均 議長
②大阪市地域協議会   徳野 尚 事務局長
5. 地協事務局長会議
(事務局長のみ参加)
次期開催地の決定:横浜地域連合
6.夕食懇親会  

内容

 第25回となる「政令指定都市地域協議会 連絡会議」が、福岡県北九州市で開催されました。この会議体は、全国に20ある政令指定都市を所管している地域協議会が、相互に情報交換を行う場として、独自に集まっているものです。前回は大阪南3名、堺地区3名で参加してきましたが、コロナ禍のなか、最小限の参加人数とさせていただき大阪南2名、堺地区2名での参加といたしました。

北九州地域協議会 清田議長

北九州地域協議会 清田議長

連合福岡 藤田会長

連合福岡 藤田会長

 今回の開催地である北九州市は、関門海峡に面した九州地方最北端の都市。九州地方の玄関口として栄えた歴史を持ち、北九州工業地帯の中核を担っています。変遷としては、1963年2月10日に門司市、小倉市 、若松市、八幡市、戸畑市の五市の合併を経て誕生し、4月1日に三大都市圏を除く地域では初の政令指定都市に移行しました(都道府県庁所在地以外及び本州以外の都市としても初)。県庁所在地の福岡市に1979年に抜かれるまでは、九州地方最大の人口を誇る都市でありました。

続きを読む

役員研修会

  • 実施日:2022年5月27日(金)18:30〜19:30
  • 場 所:堺東東洋ビル+オンライン(Zoom)
  • 参加者:51人(現地:18人,オンライン33人)
  • 内 容:第1部「選挙制度について」
    講師:連合大阪南 藤原 事務局長
    第2部「参議院選挙の対応について」
    講師:連合大阪 黒田 副事務局長

 2022年5月27日(金)連合大阪大阪南地域協議会の第33年度役員研修会が、大阪南地域・地区協議会役員、構成組織役員・組合員の参加者を得て、オンラインを併用して開催されました。当日は配信会場の役員を含め51人が視聴しました。

司会(蛯原事務局次長)

司会(蛯原事務局次長)

主催者挨拶(岸研修委員会委員長)

主催者挨拶(岸研修委員会委員長)

 この研修会は、連合大阪南研修小委員会が主体となり、本年予定されている「第26回参議院議員選挙」に向けて、「選挙制度について」確認するため企画されました。また、連合大阪の参議院選挙の対応について、対応方針が示されましたので合わせてオンライン併用で開催いたしました。

 第1部は「選挙制度について」をテーマに、連合大阪大阪南地域協議会藤原事務局長から、参議院議員選挙にかかわる部分を中心に解説されました。また、来年の統一自治体選挙に向け、役員交代により、新しい役員が増える中、あらためて「選挙制度について」理解を深める必要性が提起されました。

第1部 講師:連合大阪南藤原事務局長

第1部 講師:連合大阪南藤原事務局長

会場風景

会場風景

続きを読む

第93回連合堺・泉州・泉南地区合同メーデー

  • 実施日:2022年5月1日(日)10:00〜10:30
  • 場 所:Zoomウェビナー(配信場所:フェニーチェ堺大スタジオ)
  • 参加者:3,129人(アクセス数1,000)
第92回連合堺・泉州・泉南地区合同メーデー

3地区合同メーデーチラシ(PDF)

 5月1日(日)、堺・泉州・泉南地区【合同】での地区メーデーをオンラインで開催いたしました。

 2019年まで、三つの地区は堺市から岬町までの地域において各地区メーデーを開催してきましたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、2020年は中止、昨年もこれまでのような多くの仲間が同じ場所に結集することが叶わない状況のなか、労働の尊厳を確立し称えるメーデーの意義は不変であり、地域から声を上げていくことを第一義に考え、「堺・泉州・泉南地区合同メーデー」としてオンラインで開催しました。

 本年も、まん延防止等重点措置が3月21日に解除されたものの集会・イベントについては制限が継続される状況です。

 このようななか、連合堺・泉州・泉南地区は各地区でのメーデー開催にむけて実行委員会を立ち上げリアル開催を目標に取り組みを進めてきました。しかしながら、各メーデー会場での参加者制限のなかオンライン配信との併用も模索しましたが各地区単独での開催は断念し、三地区合同でのオンライン開催としました。

 三地区合同でのオンライン開催にあたり三地区のメーデー実行委員会を結集した合同実行委員会を結成し、昨年よりも充実したオンラインメーデーを目指し、実施しました。

 配信方法については、働く仲間と時間や場所の制約を超えて思いを結集するため、Zoomウェビナーを活用することとし、リアルタイムでご視聴いただきました。事前の接続等ご準備いただかなければならないなか、抽選会参加者を含めて3,129人という大勢の皆さんに視聴参加いただけたことに、心より感謝申し上げます。

配信風景
配信風景

配信風景

続きを読む

2022(令和4)年度 自治体政策・制度予算に対する要請

 大阪南各自治体へ、「2022(令和4)年度 自治体政策・制度予算に対する要請」を行いました。

<要請日>

地区 自治体名 要請日 要請方法
堺地区 堺市 2021年10月29日(金) 市長及び担当者との懇談
泉州地区 高石市 2021年10月29日(金) 市長との懇談
和泉市 2021年10月29日(金) 市長との懇談
泉大津市 2021年10月26日(火) 担当者との懇談
岸和田市 2021年10月29日(金) 副市長との懇談
忠岡町 2021年10月26日(火) 町長との懇談
泉南地区 貝塚市 2021年11月18日(木) 市長との懇談
泉佐野市 2021年11月18日(木) 副市長との懇談
泉南市 2021年11月18日(木) 市長との懇談
阪南市 2021年11月18日(木) 市長との懇談
田尻町 2021年11月18日(木) 副町長との懇談
熊取町 2021年11月18日(木) 町長との懇談
岬町 2021年11月18日(木) 副町長との懇談

<要請と回答(全体)>

堺市

堺市

堺市

堺市

高石市

高石市

和泉市

和泉市

泉大津市

泉大津市

岸和田市

岸和田市

忠岡町

忠岡町

貝塚市

貝塚市

泉佐野市

泉佐野市

泉南市

泉南市

阪南市

阪南市

田尻町

田尻町

熊取町

熊取町

岬町

岬町

続きを読む

連合大阪南役員OB会
第4回連合推薦議員・候補者との懇談会

  • 日時:2022年4月16日(土)13:30〜15:30
  • 場所:ホテルアゴーラリージェンシー大阪堺3F 春慶
  • 参加:34人
    連合推薦議員12人、予定候補1人、OB会12人、
    現役連合大阪南役職員9人
  • 司会:OB会事務局長 南出正昭
ウクライナ人道支援カンパ

ウクライナ人道支援カンパ

会場風景

会場風景

  1. 主催者代表挨拶 会長 森本實
  2. 連合大阪南地域協議会代表挨拶 議長 森義仁
  3. 報告「第26回参議院議員選挙に向けた連合大阪の対応について」
    「第20回統一地方選挙における推薦の進め方について」
    連合大阪南地域協議会 事務局長 藤原一也
  4. 推薦議員・候補者による選挙・議会へ向けた抱負
  5. 意見交換
  6. 総括・閉会挨拶 副会長 山脇和夫
司会 南出事務局長

司会 南出事務局長

主催者挨拶 森本会長

主催者挨拶 森本会長

現役代表挨拶 森議長

現役代表挨拶 森議長

OB会参加者

OB会参加者

続きを読む

第8回ベルマーク寄贈訪問

  • 日時:2022年3月31日(木)9:00〜9:30
  • 場所:大阪府立堺聴覚支援学校
  • 参加者:社会貢献委員会 中井 委員長
    大阪南地域協議会 森 議長
    藤原 事務局長
    大林 職員

 連合大阪南社会貢献委員会を中心に取り組んでいる「ベルマーク運動」について、8回目となる寄贈に行ってきましたので報告します。

  連合大阪大阪南地域協議会・大阪南地域労働者福祉協議会・近畿労働金庫・こくみん共済coop4団体の協同事業として2015年より取り組んでいる「ベルマーク運動」ですが、2021年の集計結果は、昨年を上回る12839.3点となりました。今年は収集いただいたベルマークを単組の皆さんで予め切り揃えていただきましたので集計作業がスムーズに進みました。「ベルマーク運動」が更に浸透したことを委員会として実感し、心より感謝申し上げます。

寄贈実績
回数 収集期間 寄贈先 点数
第1回 2015年9月~2015年12月 堺市立上神谷支援学校 3058.3点
第2回 2016年1月~2016年6月 堺市立上神谷支援学校 3045.7点
第3回 2016年7月~2016年12月 堺市立上神谷支援学校 4209.3点
第4回 2017年1月~2017年12月 大阪府立堺聴覚支援学校 11435.4点
第5回 2018年1月~2018年12月 大阪府立堺聴覚支援学校 9063.7点
第6回 2019年1月~2019年12月 大阪府立堺聴覚支援学校 18738.8点
第7回 2020年1月~2020年12月 大阪府立堺聴覚支援学校 10306.8点
第8回 2021年1月~2021年12月 大阪府立堺聴覚支援学校 12839.3点
集計作業
集計作業

集計作業

続きを読む

連合大阪大阪南地域政策・政治フォーラム 第8回定期総会

  • 実施日:2022年2月5日(土)16:00〜16:30
  • 場 所:オンライン(Zoom)
  • 参加者:70名

 2022年2月5日(土)連合大阪大阪南地域政策・政治フォーラム第8回定期総会を、大阪南地域・地区協議会役員、推薦議員、連携候補予定者、大阪南OB会役員、計70名の参加者を得て開催しました。

参加者

参加者

 今回は新型コロナウイルス(オミクロン株)の甚大な影響により、事前に予定していた「時節講演会」も延期せざるを得なくなり、定期総会のみフルオンラインでの開催となりました。

 定期総会では、冒頭、森代表幹事、木畑代表幹事、森山顧問よりご挨拶を頂きました。

司会(藤原副幹事長)

司会(藤原副幹事長)

挨拶(森代表幹事)

挨拶(森代表幹事)

挨拶(木畑代表幹事)

挨拶(木畑代表幹事)

挨拶(森山顧問)

挨拶(森山顧問)

続きを読む

大阪南地域協議会について

大阪南地域協議会マップ

 発足当初4つの地区協議会が誕生しましたが、2005年12月に現在の3つの地区協議会に再編されました。

 また、同時に連合大阪関西国際空港関連労組連絡会も大阪南地域協議会の組織下になりました。