HOME活動報告 > 記事

(2019年2月14日)

【大阪南労福協】第10回労組事務担当者交流会

  • 実施日:2020年2月14日(金)
       講座 16:00〜17:00/懇親会 17:30〜19:30
  • 場 所:ユニオンセンター堺/ピッコロカプリーチョ
  • 参加者:26名(講座26名,懇親会23名)

 2020年2月14日(金)、大阪南地域労働者福祉協議会の「労組事務担当者交流会」を開催しました。大阪南地域における連合加盟単組で、組合事務を担当いただいている方々を対象とした本交流会は、節目の10回目となりました。本年は、労働組合が社会に果たした役割を事務担当者の皆さんに再確認をいただく講座を企画しましたところ大阪労福協、近畿労働金庫、こくみん共済coopを含め26名の方々にご参加をいただきました。

開会

開会

大阪南 森会長挨拶

大阪南 森会長挨拶

 第1部の講座は「労働者自主福祉運動における労働組合の役割」として、こくみん共済coop前和歌山県本部事業推進部長 高西正和様から講演いただきました。講座では、阪神・淡路大震災の被災から、被災者の生活再建をはかる為、労働組合の署名活動をはじめとした取り組みにより、被災者生活再建支援法が法令化された経緯が説明されました。

 また、DVD「南海トラフ巨大地震そのとき何が起こるのか」が放映され、「地震列島日本ポスター」を使用して、被災時の留意点や、日頃の備えについて熱く語られました。説明では、ライフサポートセンター相談員でありこくみん共済coop協力員の有馬さんから液状化現象の実演が行われました。

左:有馬協力員 右:高西講師

左:有馬協力員 右:高西講師

南海トラフDVD

南海トラフDVD

液状化現象の実演
液状化現象の実演

液状化現象の実演

 講演会後半では、被災時に役立つ防災器材の紹介と防災にかかるクイズが行われ、賞品としてこくみん共済coop提供の防災グッズが提供されました。

 今回の講演会では、労働組合を通じて、組合員の命を守る啓発を行う必要性が改めて確認されました。

防災クイズで楽しく学習

防災クイズで楽しく学習

集合写真

集合写真

 第2部は事務所の1階にある「ピッコロカプリーチョ」に会場を移し、懇親交流会です。大阪労福協の三田事務局長から、挨拶と乾杯をいただき、恒例の女子会がスタートしました。この会場での懇親交流会は3連続で4度目。流石に参加者からのリクエストが多ことが頷ける、美味しくてボリュームもある料理に、会話も弾んでいました。

  最後は、こくみん共済coop事業推進部大阪南推進課新人の西川さんよりそつのない将来を有望される素晴らしいご挨拶をいただき、交流会を終了しました。

三田事務局長による乾杯

三田事務局長による乾杯

前菜

前菜

メイン

メイン

中締め挨拶

中締め挨拶

 これまで実施してきた交流会でのアンケートで「労働組合に関係する学習会」を求めるご意見を頂戴していました。今回は節目の10回目ということもあり、「労働者自主福祉運動における労働組合の役割」として、労働組合の存在意義を再認識出来る講座といたしました。今後も、参加者アンケートを基に、参加された皆さんが、楽しく、美味しい一時を過ごす事、同じ悩みを抱える皆さんと共有する事により、今後の活力につなげられるよう企画できれば幸いです。

 参加者の皆さんと当該単組のご理解、ご協力に感謝を申し上げ、報告とさせていただきます。

(事務局長 藤原一也)

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

(2009年3月〜)