HOME活動報告 > 記事

(2021年12月10日)

連合大阪泉南地区協議会 第25回定期総会/OB会第8回総会

第25回定期総会

  • 開催日:2021年12月10日(金)17:00〜18:15
  • :スターゲイトホテル関西エアポート
  • 出席者:来賓7名,役員19名,代議員38名
  • 総会議長:電力総連 日本ネットワークサポート労組 湯川 尚美さん

 2021年12月10日(金)17時より、スターゲイトホテル関西エアポートにおいて、役員19名、代議員38名が出席し、連合大阪泉南地区協議会第25回定期総会を開催しました。

 定期総会では、冒頭に岸議長より1年間の諸活動を振り返り、コロナ禍で満足な活動を行うことができなかったお詫びと各単組のご理解とご協力と関係各位へお礼の挨拶で総会が始まりました。

受付

受付

総会議長(日本ネットワークサポート労組 湯川さん)

総会議長(日本ネットワークサポート労組 湯川さん)

代議員

代議員

主催者挨拶(岸議長)

主催者挨拶(岸議長)

 つづいて、連合大阪大阪南地域協議会 森議長、岬町 田代町長、貝塚市議会 南野議員よりご挨拶を頂きました。

 その後、澤田事務局次長より第32年度活動経過報告、北條事務局次長より第32年度会計決算報告、植野幹事兼会計監査より第32年度会計監査報告を行った後、原田事務局長より第33年度運動方針(案)、北條事務局次長より第33年度会計予算(案)、第33・34年度役員体制(案)について審議し、全議案を満場一致で可決決定し、定期総会は無事に終了しました。

来賓挨拶(大阪南 森議長)

来賓挨拶(大阪南 森議長)

来賓挨拶(田代岬町長)

来賓挨拶(田代岬町長)

ご来賓の皆様

ご来賓の皆様

活動経過報告(澤田事務局次長)

活動経過報告(澤田事務局次長)

運動方針(案)(原田事務局長)

運動方針(案)(原田事務局長)

第33年度予算(案)(北條事務局次長)

第33年度予算(案)(北條事務局次長)

 また、今大会で退任された以下の方々へ感謝状を授与いたしました。

【退任役員】
副議長 中矢 暢一さん(日本ネットワークサポート労組)
事務局次長 北條  毅さん(ジェイ-ワイテックス労組)
東 克則さん(セイサ労組)
上垣 圭一さん(熊取町職員組合)
馬野 知広さん(田尻町職員組合)
橋野 圭司さん(岬町職員組合)

(事務局長 原田善弘)

退任された皆様

退任された皆様

退任者代表挨拶

退任者代表挨拶

泉南地区協議会 第33・34年度役員

泉南地区協議会 第33・34年度役員

OB会第8回総会

  • 開催日:2021年12月10日(金)18:50〜19:15
  • 場所:スターゲイトホテル関西エアポート
  • 出席者:来賓6名,会員14名,現役代議員38名

 2021年12月10日(金)18時50分から、スターゲイトホテル関西エアポートにて、連合大阪泉南地区協議会、役員OB会第8回総会が行われ、OB総会には、現役連合大阪泉南地区協議会定期総会参加者にもご参加いただき盛大に行われました。

 冒頭に有馬会長より、1年間の諸活動を振り返り、コロナ禍での活動の難しさと会員各位のご理解とご協力に感謝と関係各位へお礼の挨拶で総会が始まりました。

OB会役員

OB会役員

主催者挨拶(有馬会長)

主催者挨拶(有馬会長)

 つづいて、現役連合大阪泉南地区協議会 岸議長、貝塚市議会 平岩議員よりご挨拶を戴きました。

 その後、田村事務局長より、活動経過報告、会計報告と活動方針(案)・役員選出(案)が提案され、原案通りご承認戴き総会は無事に終了しました。

経過報告・議案提議(田村事務局長)

経過報告・議案提議(田村事務局長)

閉会挨拶(宮﨑新会長)

閉会挨拶(宮﨑新会長)

【2021年度 役員体制】
会長 宮﨑 孝行
事務局長 小川 正純
幹事 阪本 光司  杉村 和治  杉山 忠宏  
百村 正義  松尾 滋行  村田  修
顧問(新) 有馬 政之  田村 善行

 また、今総会で退任された以下の方々へ現役役員からは記念品と大阪南地域協議会からは花束が贈られました。

【退任役員】
会長 有馬 政之さん
事務局長 田村 善行さん
花束贈呈

花束贈呈

花束贈呈

花束贈呈

 以上10名です。今後ともご協力をよろしくお願いいたします。

 今回残念ながら参加出来なかったOB会会員の皆様に置かれましては、是非とも次回の参加をお待ちしています。

(事務局長 小川正純)

OB会集合写真

OB会集合写真

第33・34年度運動方針

絆

[Ⅰ]はじめに

 第31・32年度は、連合大阪・大阪南地域協議会の運動方針に基づき、「働くことを軸とする安心社会」の実現に向け地域に密着した連合運動を進めてきた。

 しかし、2020年初頭に突如として現れた新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活様式を一変させるとともに、地区運動に大きな影響を及ぼした。

 これまで泉南地区協議会では、人と人との繋がり(face to face)を重視するとともに横断的な組織の繋がりを重視し、運動を展開してきたが、第32年度は様々な取り組みについて、中止または延期を余儀なくされたが、上部団体(大阪南地域協議会)のオンライン設備を活用することにより幹事会等の機関会議についても遅滞なく開催し、顔の見える地区運動を展開することができた。

 また、直前まで開催が危ぶまれた地区メーデーについても堺地区協議会・泉州地区協議会との合同(オンライン配信)により開催することかできた。

 今期は、本年9月19日に執行された、岬町長選挙においては、連合推薦候補者「田代 堯」氏の再選を勝ち取ることができました。各構成単組の懸命な取り組みと産別・単組のご支援、ご協力に心から感謝申し上げます。

 しかし、本年10月31日に執行された、第49回衆議院議員選挙においては、この間のコロナ対策の不手際や不祥事の連続で政府与党への強い批判と反発があったのにもかかわらず、私たちが支持する立憲民主党は、その受け皿になれず、結果的に与党ならびに日本維新の会の伸長を許すこととなり、公示前勢力をおおきく下回る議席しか獲得できなかった。

 また、大阪においては立憲民主党が擁立した多くの選挙区において、「野党共闘」が機能せず、掲げる政策が違う日本共産党との「野合」への批判を払拭することができず、大阪における貴重な議席をも失うこととなり、比例近畿ブロックにおいても公示前勢力からおおきく議席を失う結果となった。

 私たちは連合運動の原点に立ち返り、今後も推薦首長・推薦議員・推薦候補者との日常的な連携を強化し、管内のすべての行政区に推薦議員・候補者を擁立することにより地域地区に根ざした「働く者の立場に立った」まっとうな社会の構築を目指し運動を展開しなければならない。

 迎える第33・34年度においては、連合が目指す「働くことを軸とする安心社会」の実現に向け、地区として具体的な目標を定めながら、連合大阪・大阪南地域協議会の運動方針に基づき運動を充実して参ります。

 また、「-絆-」で地域のあらゆる人々がつながる、幅広く顔の見える労働運動を、働くすべての仲間とともに目指していきます。

 今後とも諸先輩から引き継いできた連合運動に学び、活発な活動を展開して参ります。

 

[Ⅱ]具体的な重点課題

1.組織運動

(1)これまで進めてきた上部団体未加盟組織に対する連合との共同活動(仲間づくり) への呼びかけを推進します。

(2)各幹事単組・構成組織においてコミュニケーションの向上に向けた運動を重点項目として具体策を検討し、展開します。

(3)泉南地区協議会幹事役員単組間で、若年層および女性組合員を中心に交流を深めます。

(4)泉南地区OB会と現役との交流を継続実施します。

2.社会運動

(1)第92回地区メーデーは大阪南地域協議会と連携することによって堺地区・泉州地区との合同開催(オンライン)することができた。今年度は、早期に実行委員会を立ち上げ、コロナウイルス感染症対策を十分講じた上で、連合大阪・大阪南地域協議会の方針に基づき、開催日の検討を行うとともに地区メーデーを継続実施します。

(2)連合の進める環境・平和・人権・安全を中心とする社会運動に積極的に参加するとともに、連合大阪結成30周年記念事業「府域一斉クリーンアップ運動『ピリカ』」を活用した環境美化活動を通年的に推進するとともに秋季のクリーンキャンペーンを継続実施し、大阪南地域協議会が取り組んでいる「ベルマーク運動・使用済み切手運動」にも積極的に参画します。

3.政策・制度予算要請行動

(1)泉南地区内自治体での政策課題については、従来に増して連合推薦議員と内容を充分協議し、地区内のすべての自治体に独自要望を加え取り組むこととします。

(2)自治体への政策・制度要請は、可能な限り泉南地区協代表と連合推薦議員とともに、首長および幹部との懇談会を開催することを基本として推進します。

(3)要請する各項目について連合推薦議員と連携し、各議会での一般質問につなげるよう取組んでいきます。

4.男女平等運動・広報活動等

 連合大阪・大阪南地域協議会の運動方針に基づき、泉南地区として女性参画を推進します。

5.教育・文化活動

 次世代の役員を育成する目的として各種研修会をはじめ人材育成のための諸施策を検討・実施する。さらに、連合大阪・大阪南地域協議会の実施する研修会等へ積極的に参加します。

6.政治運動

 地域における政治活動については、連合大阪および大阪南地域協議会の方針を基本として取り組みます。

(1)政治活動の強化に向けた「政策・政治フォーラム」の機能強化
連合大阪の「政策・政治フォーラムの機能強化」に準じて、地区としても政治活動を強化すべく、「大阪南政策・政治フォーラム」の機能強化に取り組みます。

(2)連合大阪推薦議員との連携強化
日常的な相互関係の確認を図ることを目的として実施している幹事会での議員活動報告を継続して行います。また、大阪南地域協議会が行う首長との懇談会についても積極的に参画し、良好な関係を構築します。

(3)各種選挙の取り組み
連合大阪の方針を基準としながらも、泉南地区協議会での検証・確認を充分行った上、推進します。推薦にあたっては、従来に増して活動実績の検証及び地区独自の政策協定書の意義を充分確認し、決定します。

≪管内の選挙予定≫
◎首  長…貝塚市 (2022年1月30日 投票日)
◎首  長…泉南市 (2022年4月24日 投票日)
◎市町議会…泉佐野市(2022年5月23日 任期満了)

 

[Ⅲ]組織運営

1.機関会議

(1)五役(四役)会議

 重要案件について、事前の意見交換・調整の場として運営します。また、「機関会議のオンライン参加に関する内規」を設け定め、今回のような感染症の拡大が起こった際にも柔軟に対応します。

(2)幹事会

 泉南地区協議会の最も重要な機関会議であることから、毎月1回の定例開催とし、基本的に連合大阪南地域協議会幹事会後の第1火曜日に設定し、方針や取り組みを遅滞なく展開する。また、諸活動の参加率を高めるため年間スケジュールを作成します。

(3)連絡会・事務局会議

 地域地区活動を充実させるため、活動の平準化・相互協力の面から運営する。

2.任務分担

(1)役員の任務分担を明確にし、連帯感のある活動とスムーズな活動ができる運営体制を構築します。

(2)連絡網について、各幹事役員相互の連絡体制の構築を図ります。また、SNSを活用した連絡網を構築し、迅速な情報共有を図ります。

文字サイズ:文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大

大阪南地域協News

RSS2.0

(2009年3月〜)