HOME > 地域協議会とは

ごあいさつ

大阪市地域協議会議長 大阪市地域協議会第8回定期総会で議長に選出されました、NTT労組出身の木戸 茂です。日頃は連合大阪ならびに地域・地区協議会諸活動へのご支援、ご協力をいただき改めて感謝を申し上げます。

 地域・地区協議会の活動は、連合大阪が先の大会で確認した「まもる・つなぐ・創り出す」としたスローガンに代表される運動方針を実現するために、極めて重要な役割を担っています。そうした役割を果たすためにも、地域・地区協議会は、地域に根ざした「顔の見える運動」を積極的に推進し、大衆行動の最前線として、力強く地域活動に取り組まなければなりません。

 一方、大阪においては、格差の広がりや子どもの貧困など様々な社会問題が深まる中で、大阪市の廃止・分割をめぐる議論が進められており、2020年秋には再び住民投票が行われる見通しとなっています。2025年の大阪万博開催、カジノを含む総合型リゾート誘致なども含め、大阪の未来に影響を及ぼす動向に対しては、誠実かつ丁寧な議論による課題の解明と、幅広い民意を踏まえた慎重な判断が求められているのではないでしょうか。

 また、近年、自然災害が頻発していることから、安心して暮らせる社会の実現に向けた、防災・減災の取り組みが大きな課題となっています。地域・地区の活動を通じて、それぞれの行政区で活動している多様な団体や市民と連携し、安心して暮らせる環境を求めて取り組んで行きたいと考えています。

 連合大阪ならびに地域・地区協議会の運動は、諸先輩の方々が労苦の末、築き上げられてきました。これまでの地域・地区協議会活動を継承し、より深化できる組織となるよう取り組みを進めます。

 まだまだ勉強不足な点はありますが、大阪市地域協議会の幹事会役員をはじめ各地区協議会の皆さまと意思疎通を十分に図りつつ、皆様とともに連合大阪の運動を推し進めてまいります。今後においても、ご支援とご鞭撻をよろしくお願いします。

 皆さまの更なるご結集とご支援をお願いします。

連合大阪大阪市地域協議会
議  長  木 戸   茂